CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「翼をください」原田マハ
原田 マハ
毎日新聞社
(2009-09-16)

JUGEMテーマ:読書


新聞記者の翔子が見つけた一枚の謎の写真。1939年、初めて世界一周をした純国産飛行機「ニッポン」号に秘められた真実。アメリカ・カンザス州アチソン―この辺鄙な町で生まれ、世界へとはばたいていった有翼の女神。より高く、もっと早く、ずっと遠くへ。

あぁ、面白かった。読み終わって暫く「うわ〜すごい。おもしろかったよ〜」って独り言いっちゃうくらいに。分厚い本だったけど、そんなのぜんぜん気にならないくらいひき込まれました。3人の視点で語られる物語のそれぞれにどっぷりと入り込みました。

始まりは2007年、新聞記者の青山翔子はカンザス州アチソンまで元新聞社カメラマンの山田順平を探しに行った。時は戻り1927年のカンザス州アチソンから始まる、女性飛行家エイミー・イーグルウィングの物語。21歳で女性初の大西洋横断に成功したエイミー。彼女が世界単独飛行を計画。そして1937年、東京銀座。新聞社写真部に所属する山田順平はライバル社が東京ーロンドン間の渡欧飛行に成功したニュースに悔しさを感じていた。その山田が航空部専用カメラマン配属となり、世界初の世界一周をするまで。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 21:54 | comments(6) | trackbacks(2) |
「ギフト」原田マハ
原田 マハ
イーストプレス
(2009-07)

JUGEMテーマ:読書


なんでもない日々の中、「ギフト」はいつも私たちのかたわらにある−。「この風がやんだら」「雨上がりの花」「夏の灯」など、忙しさの中で見落としている「贈り物」をテーマにした、珠玉のショートストーリー集。

初出の多くが丸井関係、それ以外も「ゼクシイ」が2つと若者向け、恋愛結婚に関わる話が多かったです。

ちょっとグズグズした気持ちでいても、ふとした何かがきっかけで心が晴れ晴れしたり、気持ちが前向きになったり、幸せな気持ちになったり。そんな物語がたくさんあって幸せな気持ちになれました。

「コスモス畑を横切って」から3つ連続の、結婚式に招待された人たちの物語が好きでした。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
「花々」原田マハ
花々
花々
原田 マハ
JUGEMテーマ:読書


島を愛する旅人でフリーターの純子と、故郷の島を捨て、東京のキャリアウーマンとして生きる成子。ひょんなことから、この対照的な二人が出会い、ある目的のために奄美諸島の神秘の島々を旅することに……。

原田さんの本、どれもこれも好きです。毎回、あぁよかったって思う。私のツボにはまるんです。「カフーを待ちわびて」と同じ時間に起こっている物語。「カフー」のリゾートホテル建設だとか、おばあが倒れただとか、明青と幸もチラリと出てきます。

今回の主人公は二人の女性。そしてタイトルにもなっている花。故郷を捨て安住の地を求め旅人となった純子は沖縄の与那喜島のサーフショップでアルバイトをしている。与那喜島にもうすぐリゾートホテルが建設されるために、オーナーが店じまいをするという。故郷の与那喜島を捨て、東京でキャリアウーマンとして成功している成子。仕事が忙しく公務員の夫とはすれ違いの生活。そんな二人が交互に語る。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 22:59 | comments(4) | trackbacks(2) |
「キネマの神様」原田マハ
キネマの神様
キネマの神様
原田 マハ
JUGEMテーマ:読書


39歳独身の歩(あゆみ)は、社内抗争に巻き込まれて会社を辞める。歩の父は趣味は映画とギャンブルという人で、借金を繰り返していた。ある日、歩が書いた映画に対する熱い思いを、父が映画専門誌「映友」のサイトに投稿したことから、歩は編集部にスカウトされる。だが実は、サイトの管理人が面白がっていたのは父自身の文章だったことが判明。「映友」は部数低迷を打開するために、また歩は父のギャンブル依存を断つために、父の映画ブログ「キネマの神様」をスタートさせた――。

うわ〜最高!面白かった。原田さんの小説、大好きです。毎回夢中で読んでしまう。時々クスクス笑っちゃうところがあって夫に「よく笑うね、面白い本なの?」って聞かれたと思ったら、ラストの方では目がウルウルしてきちゃうし。

歩が退職届を出した日、父親が心筋梗塞で倒れた。父が入院しているあいだ、マンションの管理人として留守を預かった歩は、父が長いことつけていた膨大な量の映画評みつける。父親が通っていた名画座「テアトル」で「ニューシネマパラダイス」を見た歩は、父の文章を真似して文章を書き、父のノートに挟んでおいた。麻雀も競馬もしてはいけない、借金は自分で返すことと言われた父親はネットカフェでネットの仕方をおそわり、娘の文章を勝手に老舗映画雑誌「映友」のブログに投稿してしまう。それがきっかけで歩は「映友」の編集部にライターとして起用され、父も「キネマの神様」と題した映画ブログを展開することになる。少しずつ変わっていく歩と父。父のサイトが英語訳され、英語でコメントが寄せられ…

続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 21:04 | comments(12) | trackbacks(8) |
「おいしい水」原田マハ
おいしい水 (Coffee Books)
おいしい水 (Coffee Books)
原田 マハ,伊庭 靖子
JUGEMテーマ:読書


携帯電話もメールもないあの頃、会いたければ、待つほかなかった。知りたければ、傷つくほかなかった。私は何ひとつ、あなたのことを知らなかった-。80年代の神戸を舞台に、若い恋の決定的瞬間をたどったラブストーリー。

写真と文章のコラボ。阪急電車に乗ったことはないけど、有川さんの本でなんとなく親近感が湧く電車です。

携帯もネットもない時代が懐かしかったです。そうだよ。待ちぼうけ!大学生の頃、待ち合わせに必ず遅れる彼。駅について家に電話すると、その時に起きるの。それから支度してくるから1時間。駅前の喫茶店で本読んでました。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 18:58 | comments(2) | trackbacks(1) |
「さいはての彼女」原田マハ
さいはての彼女
さいはての彼女
原田 マハ
JUGEMテーマ:読書


「さいはての彼女」「旅をあきらめた友と、その母への手紙」「冬空のクレーン」「風を止めないで」4つの短編。

主人公は会社で男の人たちに負けずそれなりの地位や名誉などを手にし、そんな自分を「すごい」と思っている女性。ところが些細な事が引き金となり、状況は悪い方向へと進んでいく。自分を支えていたプライドを失い、傷つき旅に出る。そして旅先で一人で冷静になって考えたり、素敵な人と出会いがあって、もう一度がんばって生きていこうと自分のいた場所に戻ろうとする人たちの物語。

季節が夏から次の春まで四季を一周します。男性だってプライドを持って仕事をしていて、ガクっと落ち込むこともあると思うけど、「結婚して子どもを産む」のが普通と考えられている世の中で肩肘張って一生懸命がんばってる女性が足元をすくわれる瞬間。かげながら応援したくなります。

最初と最後の物語に出てくるハーレー乗りでハーレーのカスタムビルダーとして働くナギの凛としたたたずまい。人柄。少しずつわかる聴覚障害のナギと家族の物語。読んでいるとナギの笑顔が見えるようで、すごく心穏やかな気分になりました。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 22:16 | comments(2) | trackbacks(1) |
「ごめん」原田マハ
ごめん
ごめん
原田 マハ
JUGEMテーマ:読書


その瞬間、4人の女性は何を決意したのか?「天国の蠅」「ごめん」「夏を喪くす」「最後の晩餐」の4編を収録。初出「小説現代」

原田さんの作品、なんだかいつも気がついたら物語の世界に連れて行かれちゃう。この本も「明日が返却日だし、読むのは諦めて一度返して又借りよう」って思いながらパラパラとめくったと思ったら、最後までノンストップでした。何が私を惹きつけるのか今だ分からず。

女性が何かを決意する瞬間の物語なのか〜と本の紹介を読んだで思いました。4人のぞれぞれの人生。自分の道を突き通して生きている女性。だけど、父親だったり夫だったり、好きな人によって少し傷つけられる。でもこの主人公達は強いんです。それでもわが道を突き進む。私には無理だなぁ。きっと負けるだろうなぁ。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 21:52 | comments(3) | trackbacks(2) |
「#9(ナンバーナイン)」原田マハ
#9(ナンバーナイン)
#9(ナンバーナイン)
原田マハ

20××年、東京・上海を舞台に繰り広げられる大人の純愛!歳も国籍も立場も、何もかもがまるで違う2人の愛が共鳴し合ったとき、それは音もなく壊れ始めた…真紅が、ふと立ち寄ったジュエリーショップで出会った男“王剣”。まるで運命の糸に導かれるように、真紅は男の影を追い上海へと旅立つ。そしてたどりついた洋館、緑葉西路に佇む「#9」。そこから真紅の運命の日々が始まった…。

原田さんの物語、いつもグっと引き付けられて先が気になってしょうがない。なぜなんだろう?

物語の始まりは20××年の東京。最王手の都市開発企業で秘書室に配属になった南は社長の森山に連れられて銀座の雑居ビルの中にあるギャラリーに行った。そこにいたのはオーナーの深澤真紅だった。彼女はやり手のバイヤーで知識も豊富。その真紅と一緒に新しく中国に建設するビルの最上階の美術館に展示する絵を集めて欲しいといわれた南。彼が気になるのは真紅の左手薬指のやけどの痕とダイヤの指輪、そしてギャラリーにかけられた誰のものかわからない少しこげたところのある絵だった。

そして時代は2001年の東京。真紅の物語になります。北海道から出てきた真紅は生活のために価値のない絵を売りつけていた。そんな時、近所のジュエリーショップで一人の男の人と出会う。魚の形のダイヤを薬指にはめられた真紅。そしてその男の人からジュエリーケースを貰った。中に書いてあったのは中国の電話番号。

電話をかけ「中国にいらっしゃい」というその男・王剣の言葉通り中国に行き、再開を果たす。王剣は都市開発の会社の社長だった。一度は日本に帰るも、再び王剣から贈られたジュエリーケースの中の鍵と住所を頼りに日本を離れる真紅。長屋が密集する中にあった#9の家。王剣の下で働き骨董についてすごい知識を持っているデイヴィットに中国の古物について教えを受け、王剣の秘書・江梅(ジャンメイ)との出会い。マッサージ師・#9。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 21:58 | comments(2) | trackbacks(1) |
「普通じゃない。」原田マハ
普通じゃない。―Extraordinary.
普通じゃない。―Extraordinary.
原田 マハ

植物をこよなく愛する26歳・御厨しいなは造園会社に働きに行った時にハシゴから落ちて以来植物の発する声が聞こえるようになった。植物からの助けを求める声で出かけて行った植物園のバナナの木の下で知り合った不思議な老人は総合都市開発企業・権大開発の社長だった。その縁で権大開発に入社することになったしいなが配属されたのは地下4階にある秘書室出島。そこは社長の妄想をかなえるための専担部署なのだという。しかも部員は上司の矢車としいなの二人。社長の妄想に振り回されるしいな。「強く願えば、きっとできる」がモットーである社長の最後の妄想は、都心のビルの屋上をすべて花畑に変えたい、というもの。果たしてそんなことができるのか。

原田さんの物語、なぜか気になって読んでます。これがデビュー三作目。これはミクシイで連載されていたようです。最後の方に登場人物の日記があるんだけど(O.Dの日記もある)それもミクシイに書いてあったみたいです。本の登場人物が日記を書くなんて面白い。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 21:50 | comments(2) | trackbacks(1) |
「一分間だけ」原田マハ
一分間だけ
一分間だけ
原田 マハ

雑誌編集者をする26歳の藍は日々超多忙な生活を送っている。飼い犬のリラのために郊外に引越し、早起きをして散歩、帰りは毎日終電で帰る。6年間付き合っている浩介と一緒にリラの面倒を見ているが、リラの面倒は家でコピーライターの仕事をしている浩介にほとんどまかせっきり。仕事が忙しくなるにつれ、リラの存在が疎ましくなり、浩介との関係も少しずつ変化していった…

いや〜ん。泣きました。本を読んで泣く事ってそんなにないんです。「泣ける本」なんて書いてあると構えちゃって全然ダメなんです。「カフーを待ちわびて」の原田さんの2冊目が出たと知って、内容も全然知らないまま借りてきたのです。最初から神様に「一時間だけ」とお願いする主人公。何か悲しいことが起きるんだとは思ったんですけどね。2時間弱で読んじゃった。すごく引き込まれました。「泣ける」なんて書きたくないけど、泣きました。

「いっしょにあるいてる?」「一緒に歩いてるよ」の言葉が印象的でした。
続きを読む >>
| 本:は行(原田マハ) | 21:08 | comments(8) | trackbacks(3) |
<< | 2/3PAGES | >>