CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「カラスの親指」道尾秀介
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
道尾 秀介
JUGEMテーマ:読書


“詐欺”を生業としている、したたかな中年2人組。ある日突然、彼らの生活に1人の少女が舞い込んだ。戸惑う2人。やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは!?雑誌「メフィスト」連載。

道尾さんだから騙されるのはわかってるんです。だから最近はどこでどう来るのかな?って言うのが結構楽しみ。今回は最後の最後にどど〜んと。

タケさん事武沢はイルカのような顔をしたテツさんと組んでから詐欺に失敗したことがあまりない。タケさんは普通のサラリーマンだった・妻を癌でなくし、娘と二人暮らしだったのだが、同僚の借金の連帯保証人になったことから彼の借金人生が始まった。借金を返すために消費者金融にお金をかり続け、とうとう最後にヤミ金に手を出して会社をクビになった。そしてヤミ金で借金取りの手伝いをするようになった。その時に自分が取立てをした債務者の女性が自殺し、娘と同じくらいの少女が残された。何もかもに耐えられなくなった武沢はヤミ金の取立てデーターを持って逃げた。その事を知ったヤミ金業者にアパートに火をつけられた。ところが運悪く、学校で具合の悪くなった娘が家で休んでいて焼死したのだ。武沢は警察にそのデーターを持って行き、自分は戸籍を買って逃げることにした。

そんな武沢が3ヵ月半前、クリスマスの日に詐欺に合いそうになった。アパートの鍵穴にセメダインを入れて、鍵を交換するという詐欺を働こうとしたテツさん。テツさんは奥さんと鍵屋をやっていたが、仕事は儲からず。そのうち妻に好きな人が出来て家を出て行ってしまった。戻ってきた妻は覚せい剤中毒となっていて、覚せい剤を買うために借金もしていた。借金地獄に陥り、妻は自殺し生命保険で借金を返したというのだ。

そんなテツさんが鍵屋がうまく行かなかったといって武沢のアパートに転がりこんできた。持ってきたのはDr.スランプあられちゃんのマグカップと武沢が上げたクリスマスツリー。二人で詐欺を始めたが、テツさんが来てから失敗することが少なくなった。

そんなある日、上野でおじさんの財布を掏ろうとして、見つかりつかまりそうになった少女と出会う。行きがかり上、その少女を助けた二人。少女には両親がいなく、アパートの家賃を滞納しているという。とある理由からその少女・まひろを助けたいと思っている武沢は「自分達の所においで」と言う。そして数日後やってきたまひろ。その次の日、まひろの姉やひろとその彼氏貫太郎が転がり込んできた。

5人の奇妙な共同生活が始まった。そんな時、武沢が警察に突き出したヤミ金融の部下が武沢を追ってきた。隣の空き地を放火され、飼っていた猫を殺され、5人はヤミ金融を倒す為の作戦を立てた。題して「アルバトロス大作戦」
続きを読む >>
| 本:ま行(道尾秀介) | 23:50 | comments(18) | trackbacks(11) |
「ラットマン」道尾秀介
ラットマン
ラットマン
道尾 秀介
JUGEMテーマ:読書



姫川は30歳。アマチュアバンドでギターを担当している。幼いころに姉と父を奇妙な状況の中で亡くし、それ以降母とも疎遠になっている。高校時代に同級生と始めたバンドは結成14年目。バンドのメンバーはベースの谷尾、ヴォーカルの竹内、ドラムで姫川の彼女のひかり。2年前にひかりがバンドを抜け、妹の桂がひかりのかわりに入った。姫川とひかりの関係は少しずつギクシャクし始めている。高校時代から貸しスタジオ「ストラト・ガイ」で練習しては時々ライブをやる。12月末のライブ前最後の練習。そんな時起こった事件。姫川は何を思うのか…

道尾さんの小説は騙されるって思いながら読んでいるんだけど、今回はそれがない!って思ってたんです。が、すっかりやられました。そう来るか!

タイトルの「ラットマン」とは、人間の思い込みによって人にもネズミにも見えるという絵のこと。正しい判断をしたと思っていても、それは単なる思い込みであって、真実は全く違う。登場人物それぞれが自分自身を通して一面からしか物事を見ていないからこそ起こった物語。
続きを読む >>
| 本:ま行(道尾秀介) | 22:13 | comments(10) | trackbacks(8) |
「ソロモンの犬」道尾秀介
ソロモンの犬
ソロモンの犬
道尾 秀介

大学生の秋内静(せい)は自転車便の配達のアルバイト中に、大学助教授の息子・陽介が愛犬・オービーに引っ張られ、トラックに跳ねられる瞬間を目撃してしまいます。その事故の現場には、秋内の友人、友江京也・羽住智佳・巻坂ひろ子の姿も。そしてさらに死人が…

道尾さんの本数冊読みましたが、絶対に騙されるんです。騙されるってわかってるから、疑いの目で読んでるんだけどすっかり騙されます。今回は大学生の青春。ラストが爽やかでよかったな。ただ、亡くなったのが10歳の男の子だったのはちょっとね…
続きを読む >>
| 本:ま行(道尾秀介) | 20:04 | comments(15) | trackbacks(9) |
「片眼の猿」道尾秀介
片眼の猿 One‐eyed monkeys
片眼の猿 One‐eyed monkeys
道尾 秀介


特殊な耳を持つ三梨は盗聴専門の探偵事務所を一人でやっている。今回の依頼人は楽器メーカー。ライバル社が楽器デザインの盗用をしているのではないかと疑っている。ライバル会社を盗聴している時に偶然聞いた特殊な目を持つ女の人をスカウトし、調査している時に偶然聞いてしまった殺人事件。そして話はややこしくなっていく。

3冊目の道尾さんです。物語が面白くてグイグイ引き込まれました。3冊目ともなると、すんなり話が終わる訳はないってわかるんです。「ん?」って思う部分はあるにはあるのですが、先が気になるからあまり考えない。そして最後にへぇーそうなんだーって。よく、こんな風な設定考えられますね。すごいなぁ。
続きを読む >>
| 本:ま行(道尾秀介) | 21:11 | comments(12) | trackbacks(8) |
「シャドウ」道尾秀介
シャドウ
シャドウ
道尾 秀介

我茂鳳介。母を癌で亡くし、父親と二人の生活が始まった。近所に住む父親の医学部学生時代からの友達・水城徹・恵夫妻と娘の亜紀。お葬式から1週間後、恵が夫・徹が働く病院から飛び降りてしまう。様子のおかしい亜紀。そして父親までもが…

同じ日の出来事をいろんな人の視点で語ります。誰が正しいのか?誰が怪しいのか?誰がおかしいのか?鳳介が見る幻影はいったいなにか。?亜紀にいったい何がおこったのか?先が気になって仕方なかったです。
続きを読む >>
| 本:ま行(道尾秀介) | 21:05 | comments(18) | trackbacks(12) |
「向日葵の咲かない夏」道尾秀介
向日葵の咲かない夏
向日葵の咲かない夏
道尾 秀介


4年生、夏休みの前日。先生に頼まれたプリントを、学校を休んだS君の家に届けに行った僕はS君の死体を発見する。しかし先生と警察が駆けつけると死体へ消えてしまっていた。そんな中、S君が姿を変えて僕の前に現れる。S君の死の真相に迫るひと夏の物語。

えー?なんなの?全然わからない。すごいです。

まずは怖がりの私、危うくトイレに行けなくなりそうでした。読んだのが夏じゃなくてよかった。夏で蝉の鳴き声なんて聞こえていたら、S君の顔が見えそうで途中で本を投げ出していたかもしれません。

S君に頼まれてS君の死体を捜すのですが、いろいろな人の心の中の闇がしつこいほどに書かれている。自分で推理することなく、物語に乗っかっていく私は「え?この人なの?」「じゃなくてこの人?」最後には「もしかしてミチオなの?」って思ってしまい、先が気になるのです。どんどん読んで真相を知りたいって思ってしまった。

そしてラストをどう解釈していいのかわからなくて再読。そしたらいろんな所に伏線が。気がつきませんでした。後半突然出てくるミチオの苗字「魔邪」にだって意味があるんですよね?(自信なし)

主人公のミチオ、本の最初でS君の首吊り死体を発見し、家に帰ればお母さんは氷のようにつめたい態度でミチオに接する。そんなお母さんをお父さんは見てみぬふり。お母さんの冷たい態度、精神的な虐待が辛すぎます。ミチオが自分の子供だったらって想像して(するとひどい母親は私になってしまうのですが…)行き場のない怒りさえ感じました。
続きを読む >>
| 本:ま行(道尾秀介) | 23:28 | comments(20) | trackbacks(15) |
<< | 2/2PAGES |