CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「カクレカラクリ」森博嗣
カクレカラクリ?An Automaton in Long Sleep
カクレカラクリ?An Automaton in Long Sleep
森 博嗣

真知花梨の故郷・鈴鳴は古くから真知家と山添家が対立をしていた。120年前、両家に跡取りが生まれた時、両家はからくり師だった磯貝機九朗にカクレカラクリを作らせ財宝を一緒に託したと言われている。花梨の同級生の郡司と栗城は古いもの、風化しているものが好きな二人。そして栗城は花梨のことが好き。夏休み前、花梨の実家にある廃炭鉱が載っている雑誌を花梨の目の前で見て、花梨に「うちに泊まりにきたら」と誘われる。そしてその夏がカクレカラクリが動くと言われている120年目だった。カクレカラクリについても調べだす二人。

テレビドラマをやっているのを知って本借りてみました。カラクリを見つける様子が目に浮かばなくて…丸くて四角くて三角がどんな形なのかが全然わからない。

物語は町で敵対する二つの家の歴史なんでしょうね。ラスト、真知家のおじいさんと山添家のおばあさんの会話がほのぼのしてよかったです。

続きを読む >>
| 本:ま行(森博嗣) | 21:58 | comments(12) | trackbacks(6) |
「すべてがFになる」森博嗣
すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
森 博嗣


十四歳のとき両親殺害の罪に問われ、孤島のハイテク研究所で完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。教え子の西之園萌絵とともに、島を訪ねたN大学工学部助教授・犀川創平は、1週間外部との連絡を絶った博士の部屋に入ろうとした。その瞬間、中からウエディングドレスをまとい両手足を切断された死体が現れた。そして、部屋に残されたコンピュータのディスプレイに記されていたのは、「すべてがFになる」という意味不明な言葉だった。

森さんの本をたくさん読んでいるchiekoaさんに「森さんの本を読むとしたら何から入るのがお薦めですか?」と聞いたところ、「『すべてがFになる』を読んで興味がわかなかったら森さんは読まないほうがいい」と教えてもらいました。chiekoaさんありがとう!カテゴリーに森博嗣さん(私も「ひろし」で変換できるようになりました)加えました。ってことは、出てる本全部読む覚悟です!!!
続きを読む >>
| 本:ま行(森博嗣) | 21:36 | comments(9) | trackbacks(10) |
「少し変わった子あります」森博嗣
少し変わった子あります
少し変わった子あります
森 博嗣


大学教授の小山は後輩・荒木が少し前から行方不明だと知って、1年以上前に荒木から紹介された不思議な料理屋の事を思い出す。そこは電話をするとタクシーを回してくれる。民家だったり、ビルの地下だったり、廃校になった小学校だったり、毎回違う場所。出てくる料理も毎回違う。整いすぎていて目をそらした途端どんな顔だったのかわからなくなってしまう、白い着物を着た女将。20代から30代の毎回違う女性との食事。女性に共通しているのは食べ方がすごく綺麗だってことだけ。

二度と訪れる事のない場所で、二度と食べる事のない食事を、名前も知らず、二度と会うこともない女性と食べる。そんな不思議なお店にどんどん魅せられていく小山。最後はゾクリとしました。
| 本:ま行(森博嗣) | 20:26 | comments(8) | trackbacks(6) |
「工作少年の日々」森博嗣
工作少年の日々
工作少年の日々
森 博嗣


「小説スバル」で連載していたエッセイ。

森博嗣、すごく気になる作家なんです。だけど一度も読んだ事がない。シリーズ物の順番を間違って読んじゃったらって思ったら怖くて、図書館で手にとっては棚に戻す…の繰り返し。この本はぱらぱら見てみたらエッセイって書いてあるじゃないですか。早速借りました。

森さんのことが色々わかりました。某国立大学工学部建築家の助教授。95年にミステリー作家としてデビュー。子供の頃から工作好き。電車模型つくりが大好きで庭園鉄道を作ってる。接着剤を段ボール箱3箱分買いだめしてる。

続きを読む >>
| 本:ま行(森博嗣) | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |