CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「男は敵、女はもっと敵」山本幸久
男は敵、女はもっと敵
男は敵、女はもっと敵
山本 幸久

高坂藍子、36歳、フリーの映画宣伝をする高坂藍子。彼女を中心に元夫、元夫の彼女、元不倫相手、元不倫相手の元妻、一緒に仕事をした男たちが語る連作短編集。

ちょっと今まで読んだ山本さんとは違う感じでした。タイトルが内容とあっていないような気がするのですが…

物語はすごく狭い範囲の出来事。あっちもこっちも知り合いです。
「敵の女」 藍子 36歳のフリーの映画宣伝マン。バツイチ。
「Aクラスの女」 真紀 藍子の元夫の彼女。藍子を昔から知っている。
「本気の女」 八重 藍子の元不倫相手の元妻。
「都合のいい女」 吾妻 映画配給会社の社員。藍子と一緒に仕事をしたことがある。
「昔の女」 西村 藍子の元不倫相手。大手広告代理店勤務。
「不敵の女」 藍子


藍子がかっこいい女なんです。容姿端麗、仕事はビシッとこなす。別れた夫の彼女の「自分とは違うAクラスの女」というのがぴったりの表現です。1話目で、「不倫相手・西村へのあてつけに西村に勝る所は何一つない男と結婚して、そして別れた。そして不倫相手とも別れた」とあって、なんとも嫌な女だなぁと思ったのです。だけど、読んでいくうちにそんな第一印象がかわります。

一緒に仕事をした10歳年下の吾妻に「何にも束縛されずに、自分が思うまま自由に生きていらっしゃる。憧れます」と言われ、「たしかに何も束縛されてはいない。だからと言って自由であるわけではない。女がひとりで生きていくってそういうことなのである」とひとり思うのです。そうなんだよなぁ。女って束縛されていなくても自由じゃないんだよね。私のように束縛されていたって(家庭ってものに)自由じゃない。自由に生きてる人なんているんだろうか?


続きを読む >>
| 本:や行(山本幸久) | 21:57 | comments(10) | trackbacks(5) |
「笑う招き猫」山本幸久
笑う招き猫
笑う招き猫
山本 幸久


駆け出しの女性漫才師コンビ「アカコとヒトミ」舞台に立った途端にあがって、失敗ばかりだけど「生涯舞台で漫才をやる。目指せカーネギーホール」を目標に稽古の日々。「いくよ、アカコ」「合点、ヒトミ」の掛け声とともに今日も舞台に上がります。


「幸福ロケット」にちょっと出てきてたんです。それで気になっていました。時々、誰が語ってるのかちょっとわからなくなってしまったのですが、暴力あり、喧嘩あり、恋愛ざたあり。最初から最後までテンポがよくて面白かった。

アカコは身長150センチ、体重60キロ。見かけの割りに運動神経はいい。用賀の大きな一軒家に血のつながっていない祖母と住んでいる。ヒトミは身長180センチ、3年間のОL生活をアカコの一言であっさりとやめ、今はバイトで食いつなぐ貧乏生活。電車賃をケチって10年間乗っている愛車レットバロンで都内をかけまわる。おおらかなアカコと気の小さいヒトミ。お互いが相手の事を思いやる素敵な関係。

続きを読む >>
| 本:や行(山本幸久) | 22:25 | comments(16) | trackbacks(12) |
「幸福ロケット」山本幸久
幸福ロケット
山本 幸久
小学五年生の香な子。お父さんが仕事を辞め、お母さんの実家で働く事になったので小石川のマンションから葛飾区お花茶屋のアパートに引越してきた。めったに家にいなかったお父さんが晩御飯を作る日々。ちょっと気になる同じクラスの男の子、コーモリとの恋の物語。

タイトルに「ロケット」が続きました。今回はロケットには全く関係のないお話です。何の予備知識もないまま読み始めました。小学5年生の香な子の視点で物語が進んでいきます。香な子、「やれやれ」なんて文章があって、5年生というには考えがすこし大人びてるかなぁなんて思ったり。最初のほうにそんなことしたら、鎌倉先生の逆鱗(香な子はこの漢字を最近、読んだ本で覚えた。読み方は「げきりん」。あなたもいまのうちのおぼえることをすすめる)なんて文章が3回続けて出てきて、違和感を感じたりもしたのですが、さらりと読めて、かわいくて、切ない物語。

続きを読む >>
| 本:や行(山本幸久) | 20:06 | comments(14) | trackbacks(8) |
「はなうた日和」山本幸久
はなうた日和
はなうた日和
山本 幸久


世田谷線沿線で生活する人の物語。

「しかたのない水」の調布も懐かしい場所だけど、世田谷線も懐かしいです。大学が世田谷線の上町の近くだったのです。物語に出てくる二子玉川、用賀、三軒茶屋なんかをフラフラしていました。私が知ってる世田谷線は緑色で床が木の電車で、本を読んでると乗り物酔いするくらい電車というより、バスっぽかったけど…そんな訳でこの本も、頭の中に風景を思い浮かべながら読みました。

8つの話が超絶戦士キャタストロフィンや世田谷もなかなど、少しずつリンクしてます。最近こういうのよく見かけるけど流行なのでしょうか?この手のリンクする話を読みすぎて、少し新鮮味にかけます。リンクを見つけてもフーンって。人間って我がままだわ。(私だけ?)

そんな事はさておき、内容です。人生を不器用に生きてる主人公が、少しだけ前向きになる。ささやかな幸せをつかむその瞬間が描かれてます。読んだ後「はなうた日和」っていうタイトルが本当にぴったり。のんびりとはなうたでも歌いながら散歩したくなる感じです。女の主人公、男の人が書いてるとは思えない位自然です。

続きを読む >>
| 本:や行(山本幸久) | 20:41 | comments(9) | trackbacks(5) |
<< | 2/2PAGES |