CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「下町不思議物語」香月日輪
JUGEMテーマ:読書


西の方から転校してきた小学六年生の直之。病気のせいで体が小さくても、方言をからかわれても、母親がいなくて厳しいおばあちゃんに辛くあたられても、挫けない。彼が元気なのは、路地の向こうの不思議な町で、師匠とその怪しい仲間が温かく迎えてくれるから。でも、ある日、学校でのトラブルがもとで直之は家出する。おばあちゃんとお父さんは、直之との絆を取り戻せるのか……。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
「アネモネ探偵団3 ねらわれた実生女学院」近藤史恵
評価:
近藤史恵
メディアファクトリー
¥ 998
(2012-03-02)

JUGEMテーマ:読書


ある日を境に、実生女学院のグラウンドでの運動が禁止になった。一方、隣接する男子校・実生中学では携帯電話やカメラを持ってくることが禁止されて―。スキャンダルに巻き込まれた友だちをすくうべく、アネモネ探偵団が立ち上がる。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
「無菌病棟より愛をこめて」加納朋子
JUGEMテーマ:読書


2010年6月、私は急性白血病だと告知された。愛してくれる人たちがいるから、なるべく死なないように頑張ろう。たくさんの愛と勇気、あたたかな涙と笑いに満ちた壮絶な闘病記。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
「終わり続ける世界のなかで」粕谷知世
JUGEMテーマ:読書


1999の年、7の月…ノストラダムスの予言どおりには、世界は終わらなかった。「伊吹ちゃんは、今も世界が滅びるって信じてるの?」日本ファンタジーノベル大賞受賞から10年。迷いながら生きのびる伊吹の心の軌跡を辿り、同時代の魂に問いかける、渾身の長篇小説。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
「確立捜査官御子柴岳人 密室のゲーム」神永学
JUGEMテーマ:読書


この男、純真なのか、ただの子どもか―!?超理系な美貌の数学者と、一生懸命で空回りな新米女刑事が人間の心の深層を数字で暴く、前代未聞の取調べエンタテインメント。

始めて読む作家さんです。「神霊探偵八雲」シリーズというのがあるんですね。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
「飲めば都」北村薫
JUGEMテーマ:読書


日々読み、日々飲む。書に酔い、酒に酔う。新入社員時代の失敗、先輩方とのおつきあい、人生のたいせつなことを本とお酒に教わった―文芸編集女子小酒井都さんの酒とゲラの日々…本を愛して酒を飲む、タガを外して人と会う、酒女子の恋の顛末は?リアルな恋のものがたり。

久しぶりに読む北村さんの小説。笑いました。本当におかしかった。なんとなく主人公の語り口調が川上弘美さんの小説っぽい気もしました。

続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
「アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎」近藤史恵
JUGEMテーマ:読書


お嬢様学校の実生女学院に通う、中学一年生の智秋、巴、あけびが、隣接する男子校・実生中学の光紀と時生に出会った。東京で出会い、香港で深まる五人の友情。親子愛。トキメキも―。大人に近づく子供たちに捧げる、上質のミステリー。

「大人気ミステリ作家・近藤史恵が手がける、初の児童書!」だそうです。あれ?「あなたに贈るキス」は?と思ったら、出版はこちらが先なんですね。

実生女学院の中1、小沼智秋・細川巴・西野あけびは仲良し3人組。有名女優の母をもつ智秋はセガ高くとても13歳には見えない。父が警視総監の巴は剣道をやっている時以外はおとなしい。あけびは背が小さくかわいらしいが、外見に似合わず毒舌。父は有名な賞をとった学者。実正中学に通う中原光紀は両親が海外転勤となり、写真家の叔父と暮らしている。同級生の桑原時生は写真家を目指す少年で、光紀の叔父に憧れている。

ある日、レンズを買う為に貯めていたお金をカツアゲされそうになった男子2人をたまたま通りかかった智秋たちが助けた。その時「今回は私たちが助けたから、私たちが困った時には助けてもらう」という智秋。

それから暫くして、智秋をねらった誘拐未遂事件が起きる。智秋はママにそのことを言い出すことが出来ないまま、巴とあけびと一緒にママの香港ロケに同行する事になった。そして光紀たちは、偶然智秋を誘拐しようとしている人たちの会話を聞いてしまった。それによると香港旅行が危ないらしい。

光紀の叔父は智秋の母である女優・小沼ヨウコの香港撮影旅行に同行することになった。どうしても香港旅行について行きたい光紀は商店会のくじ引きに目をつけた。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 21:33 | comments(2) | trackbacks(1) |
「女子芸人」神田茜
JUGEMテーマ:読書


人前で話すことが苦手な女子が、なぜか漫談家に―「コトリ」という芸名をもらって仕事を始めたものの、芸も、そして恋も苦難の連続。自分を見失いかけた時、師匠の一言から転機が…現役芸人ならではの語りでときに爆笑、ときにホロリとくるエンタメ成長小説。第6回新潮エンターテインメント大賞受賞。

著者の神田茜さんは講談師だそう。漫談家と講談師…なんとなくわかっているようで、区別がちゃんとついていないというのか、どういう事をするのかが曖昧だったので、調べちゃいました。なるほど。

「第6回新潮エンターテインメント大賞の選考委員は三浦しをんさん」って書いてありました。そしてまたまた検索。この賞「新潮社とフジテレビが共催、受賞作のドラマ化、映画化も夢ではありません。あなたの小説を読む選考委員は、旬の作家が一人だけで務めます。」だそう。2012年締め切りの第8回の選考委員は畠中恵さんのようです。

漫談家の平のコトリこと琴美の10年間位の物語。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ラスト ラン」角野栄子
JUGEMテーマ:読書
 

「残された人生でやっておきたいこと」七十四歳のイコさんの場合それは、バイク・ツーリングだった。目的地は、五歳で死別した母の生家。東京から岡山まで、往復1200キロ。着いたのは、寂れた一軒の船宿だった。無人のはずなのに、そこには不思議な少女が住んでいた…。書き下ろし自伝的小説。

角野さんの児童書、ハズレがないので子供の本を選ぶ時に「何にしようかな」って迷った時には角野さんなら間違いなし!って思って頼りにしている作家さんです。

バイクのツーリングが趣味だったイコさんは、74歳の時自分のラストランに出かけようと思い立ちます。用意したのは、真っ赤な最新型のバイクに真っ赤なヘルメット。しなやかな革のライダースーツ。出かけるのはイコさんが5歳の時に亡くなったお母さんの唯一の写真、12歳のお母さんが写っている岡山県のお母さんの生家。奇跡的に残っていたその場所で、イコさんは写真に映っていたまんまの母の幽霊・ふーちゃんに出会います。12歳の少女のまんまのふーちゃんを後ろに乗せて、2人でのツーリングが始まります。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
「空家再生ツアー」岸本葉子
JUGEMテーマ:読書


50歳は分別ざかり!?仕事はあるけど、未婚、ひとり暮らし。ためらうこと、あきらめることも多いけど…。そんな私たち、それぞれのこれから―。

岸本さんの本、初めて読みます。人気エッセイストの初連作小説集だそうです。

50歳…色々考えるんでしょうかね。付き合っている人と別れたり、好きと思っていても臆病になったり。付き合うとか別れるとか、20代の頃と同じような事をしているんだけど考える「あれ」や「これ」が違うんでしょうね。
続きを読む >>
| 本:か行(その他の作家) | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/12PAGES | >>