CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「女たちの内戦(セルフウォーズ)」桂望実 | main | 「マザコン」角田光代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ジョンQ 最後の決断
ジョンQ-最後の決断-
ジョンQ-最後の決断-

JUGEMテーマ:映画


原題: JOHN Q
製作年度: 2002年
監督: ニック・カサヴェテス
上映時間: 116分

ジョン(デンゼル・ワシントン)の息子が突然倒れ、重い心臓病と判明する。彼を救うには移植しかないが、病院の院長(アン・ヘシュ)は、移植待機のリストに名前を載せるには高額の費用を現金で前払いするのが規則と高飛車に繰り返す。あてにしていた健康保険は、会社のリストラで就業時間を減らされた際に適応範囲が狭められていて、家財を売ってもまだ足りない。「なんとかして」と妻に叱咤されたジョンは、心臓外科医(ジェームズ・ウッズ)らを人質に、救急医療室にたてこもった。
息子のために一生懸命なお父さんの姿を描きたかったのかな?それともアメリカの医療問題?さらりと感動しそうな映画。

重い心臓病を患っていて、すぐにでも手術しなければいけない息子。だがジョンには手術費用を支払うことは出来ない。「息子を助けて」と泣く妻。そしてジョンは決心をした。それほど裕福でもなく、税金を払っていないために車も差し押さえられてしまうような生活。そんな中で愛する妻と子供と慎ましやかに暮らしていたジョンに突然起こった悲劇。

息子を助けたい一心で外科医とそこにいた患者ともに救急病棟に立てこもるジョン。彼の希望は「息子を心臓移植リストの1番に載せること」いやいや、ジョンさん。リストの1番に載せたって、それがすぐとは限らないんだかから、立てこもるのなら「今すぐ手術を」くらいの事言うべきなんじゃ…って思ってたんです。そしたら冒頭の関係のない自動車事故にあった女性がグググっと関係してきたじゃないですか。うまくいきすぎじゃ…

立てこもった救急病棟と息子が入院している病室は同じ病院内にあるように思うんだけど、なんで救急病棟以外は普通に病院として機能しているんだろうか?それがちょっと不思議でした。
| 見る:洋画(さ行) | 21:23 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |
コメント
冒頭の自動車事故のシーンが、最初分からなくて、私なにか見逃したのかとず〜〜っと思いながら見てました。
あの院長と外科医、キャストのイメージが逆なんですけどね〜。
命を助けるための手術代、金持ちはいいけど、貧乏人は死を待て、というのはやっぱり納得できませんね。命よりも大事なものはないんですから、風邪とか個人の責任に関係するのは個人で負担は仕方なしとして、重大な病気の時は平等に受けられるような制度・・・にならないですかね。

病気だけは、人を選びませんからね。
| じゃじゃまま | 2008/01/05 5:42 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
冒頭のシーン、誰?って思いますよね。

院長、若すぎませんか?
院長役の女優さん、始めてみた人だったのです。
外科医と逆の方がしっくりきそうです。

大きな病気は日本でもお金がかかりますよね。
確かに病気は人を選ばないんだから
平等になればいいですよね。
| なな | 2008/01/05 11:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
【ジョンQ 最後の決断】
最近、ウィル・スミスの映画を見たり、デンゼル・ワシントンの映画も立て続けに見たので、一瞬どっちがどっちだか分からなくなっちゃった。全然顔違うのに。 愛する息子が病に倒れたら。そのためには莫大な費用のかかる手術をしなくちゃいけなくて、保険がきかないと言
| じゃじゃまま映画館 | 2008/01/05 5:33 PM |