CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< リンダリンダリンダ | main | 「クローバー」島本理生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「図書館革命」有川浩
図書館革命
図書館革命
有川 浩
JUGEMテーマ:読書


正化34年1月、駿河原発を襲った国際テロ。その原発テロが当麻蔵人が書いた「原発聞き」と全く同じだったことから、メディア良化委員が当麻の身柄を確保しようと動き出した。ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!? 図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか!? 

楽しみにしていた「図書館シリーズ」の最終巻です。読み終わってみて、寂しい気持ちもあるけど、それぞれがそれぞれの道でラブラブしているようなのでよかったなぁって思いました。

とりあえずはやっぱりラブでしょ!カミツレデートをする二人。めがねを買いに行く二人。真っ暗な車の中で郁の手を握る堂上とそれに答える郁。怪我した堂上に「告白予告」をする郁。もう、ニヤニヤしっぱなしです。それに加え小牧と毬江ちゃんの指輪。そして柴崎と手塚の携帯交換。もう。もう。もう。

そして以下はネタバレありです。
作家・当麻を図書基地でかくまう事を知っていたのは特殊部隊と彦江司令、稲嶺顧問に柴崎だけだった。そして彦江司令により「未来企画」の幹部である江東館長に情報が流され「未来企画」よりの図書館員が当麻さんを連れ出そうとした。その事により柴崎と取引をすることになる「未来企画」の手塚の兄。柴崎と手塚兄の電話での頭脳戦。すごい緊迫感があります。

基地は危険だということになり、今度は稲嶺司令(顧問)の自宅で当麻をかくまうことになった。その場所も良化委員が知ってしまい、稲嶺の家に侵入する襲撃者たちに向かって稲嶺が言う台詞、どれほどの気持ちが込められているかと思うだけで胸が熱くなった。

メディア良化法に飼いならされている一般人の目を覚まさせてやろうと始まったテレビでの「メディア良化法とテロ事件」についての放送。それに対して「明日24時間の放送を禁ずる処分を行う」と文書を流したメディア良化委員。次の日は違う放送局が続きを放送するというパス報道が始まり、国民の関心が高まりつつある。

そんな中始まった当麻がおこしたメディア良化委員に対する裁判。が、色々なところから圧力がかかり、情勢はメディア良化委員に都合のいい解釈になりそう…最高裁の判決が向こうに有利な状況だったときに当麻をどうするのが一番いい方法なのかを会議している時に、郁がポロリと漏らした一言「海外に亡命でもしたら…」実行に移そうとしたが、何ものかによってその情報が良化委員へもたらされ、大使館前には良化委員が。逃げる当麻と堂上と郁。堂上は撃たれ、郁と当麻二人で大阪へ…もう目が離せませんでした。
| 本:あ行(有川浩) | 22:03 | comments(25) | trackbacks(17) |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは。
身悶えしながらも楽しみに読んでいたシリーズの最終巻、寂しさはありますね。
でも、でも、でも、最後もやっぱり身がよじれるくらいのラブコメっぷりでした。さらに息つかせぬ展開もあり、いっきに最後まで読んでしまいました。面白かったです!
| 雪芽 | 2007/12/10 11:29 PM |
あ〜終わってしまいましたね。

今回も期待を裏切らない甘々〜なシーンがたっぷりで満喫しました^^私的には手塚と柴崎の『担保』のところで「きゃ〜〜〜***」と心で叫んでしまいました。大阪のおばちゃんは緊迫した場面の中に笑いが挿入されてGJでしたね。
ホント面白かった!
ひとまず終わり‥というようなあとがきだったので、続編や番外編を読めることを期待しています。

| たまま | 2007/12/11 8:57 AM |
◇雪芽さんへ

最終巻まで高いクオリティーを保ちつつ、
身もだえ度も高いまま、何度く〜〜〜となったことか…
本当に面白かったです。
図書館シリーズ、さいこう! 

◇たままさんへ

『担保』ね〜素直じゃない二人にニヤニヤしました。
大阪のおばちゃんたちも良かったですね。
まさかあんな格好になるとは…
またどこかで図書隊の人たちに会えるといいですね。
| なな | 2007/12/11 12:22 PM |
こんにちは!
最後まで大満足の内容でしたねー。
郁と堂上ペアだけでなく、柴崎・手塚ペアにも思う存分、キャアキャア悶えさせられました〜☆
真面目に考えさせられるテーマとラブコメの塩梅の上手さは、さすがですよね。
| エビノート | 2007/12/11 1:26 PM |
エビノートさん、こんばんは。
大、大、大満足でした。
図書館シリーズは完結しましたが
有川さんにはこれからもこの路線でどうかお願いしたいですよね。
| なな | 2007/12/11 8:49 PM |
こんばんは。
堂上と郁やキャラたちの恋の行方に
内心で絶叫、身悶えでした。
小牧と毬江ちゃんは指輪。柴崎と手塚は携帯交換。
なのに郁からはパンチ!(笑)。
でも階級章の重みにホロリ。

また会える日が楽しみです。
| 藍色 | 2007/12/12 2:30 AM |
藍色さん、こんばんは。

おそろいの指輪も、携帯の交換もニヤニヤしましたね。
でも、階級章は指輪よりも携帯よりも素敵なプレゼントでした。
いつか又会えたらいいですね。
| なな | 2007/12/12 11:36 PM |
こんにちは。
今回は初めから郁と堂上にやられた!という感じでしたね。
柴崎と手塚も、そうくるかという感じだったし。
書店のシーンでウルウル、大阪のおばちゃんには大笑いと楽しかったです。
これで終わりなのは残念だけど、ラストも満足だし、またどこかで会えるかな。
| mint | 2007/12/14 10:55 AM |
こんにちは。
よく考えると怖い事件でした。
残忍な事件が起きると、よく似た設定の本がたたかれたり、アニメが放送中止になったり、今でも結構こういう検閲のようなことがありますよね。
話の中でも、本を読まない人にとっては他人事みたいに書いてあって、そうだなぁ〜と考えてしまいました。

そんな難しいことを、こんなトロットロの極上ラブストーリーに仕上げてしまうのだから、有川さんってすごいですよね。
| キウイ | 2007/12/14 4:31 PM |
◇mintさんへ

そうでした。最初からカミツレデートでニヤニヤですもんね。
柴崎と手塚の「担保」が二人らしくて…
私も担保かけられたい(いやいや、何を血迷ってる!)
ラブも笑いもドキドキも盛り込まれていて大満足の1冊でした。

◇キウイさんへ

そうなんです。
図書隊がいる世の中。そんな風になったら本当に困ります。
だからこそ、放送局のパス放送はかっこよかったです。
自分達がどんな法案を通してしまったのか、そういうのがわからないのって実際の世界でもありそうです。
これが難しい話ばかりだったら読みきれなかったんだろうけど、乙女心をくすぐるシーンとシリアスなシーンの混ぜ合わせかたが実に上手い!さすが有川さんです。
| なな | 2007/12/14 9:39 PM |
ななさん、こんばんわ。
キャーキャー言いながら読み終えて、
今はハッピーエンドのラストを思い出してニヤニヤしたり、
シリーズの終わってしまったさみしさに呆然としたりしてます。
それにしても、このシリーズですっかりラブロマなしでは
生きていけない体になってしまいました。
有川さんには、ぜひまたこの路線で書いてほしいものです。
| june | 2008/01/16 10:11 PM |
juneさん、こんばんは。
ニヤニヤしたりドキドキハラハラしたり
本当に楽しい読書タイムでした。
ラブロマ♪生活になくてはならないものですよね。
うん。
有川さんにはいつまでもこの路線でドキドキさせてもらいたいです。
| なな | 2008/01/16 10:32 PM |
こんにちは。
とうとう最終巻、楽しみにしていたけれど読むのが惜しい気もしました。
絶叫ものの甘々さと言論の自由という硬い内容が絶妙のバランスで描かれていて、読みごたえもありました。
ハッピーエンド万歳!と叫びたくなるようなラストもよかったです。
有川さんには、ありがとう!と心から言いたくなるシリーズでした。
| らぶほん | 2008/01/18 2:40 PM |
こんばんは。
全体的に地味だけど、ラブは大胆でしたね。
あんなことやこんなこと、きゃーっでした。

このシリーズを通して、乙女道を精進してきました。
おかげで乙女心を持ったおっさんが誕生です。
怖えー!ちょーキモイんですけど。
| しんちゃん | 2008/01/18 8:21 PM |
◇らぶほんさんへ

こんばんは。
始終ニヤニヤしっぱなしの物語。
でも甘さばかりでなく、硬さとの混ざり具合が絶妙でしたね。
ラスト、そうきたか!って長いこと(?)二人を見守ってきたのでとても嬉しかったです。

◇しんちゃんへ

こんばんは。
>あんなことやこんなこと、きゃー
ホントだ。しんちゃん完全に乙女入ってますね。
このまま一緒に乙女道を突き進んでいきましょうね。
| なな | 2008/01/18 11:51 PM |
こんにちは♪
ご無沙汰しております。
なんとかブログ再開までこぎつけました。
遅ればせながら今年もよろしくお願いしますm(__)m

いや〜、萌えました。
萌えだけでなくユーモアあり、教訓ありな贅沢な作品でしたね。
表現の自由、無知・無関心の恐ろしさをまざまざと感じさせられました。
それでいて躍動感溢れるアクションに、
抜群のタイミングでのユーモア、
そしてラブコメに盛りだくさんでしたね。

シリーズ完結ということで淋しさを感じていたのですが、
4月に発売という番外編(スピンオフ)を楽しみに、春を待とうと思います。
| Rutile | 2008/01/21 3:54 PM |
Rutileさん、こんばんは。
今年もどうぞよろしくお願いします。

ニヤニヤしっぱなしですよね。
だけど、Rutileさんの言うとおり
それだけじゃなく表現の自由について
無関心の恐ろしさなど、ハッとさせられました。

スピンオフ楽しみですね♪
| なな | 2008/01/21 9:25 PM |
こんばんは。
ようやく読めました。
ラブ満載の一冊に満足の読書でした♪
しかし、本当、あまりのラブ花盛りにあてられっぱなしで、ジタバタ。
シリアスな内容は後からじっくり…みたいな感じでした。
おなかいっぱい、でもデザートは入ります♪スピンオフ作品に期待。
| ちきちき | 2008/02/22 9:08 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
毎回甘かったり、シリアスだったりと大忙しの有川さんですが、今回はドキドキ感たっぷりでした。
終わっちゃうのが悲しいと思ってたんだけど、読後感がよくて大満足。
スピンオフ、楽しみです。
| なな | 2008/02/22 11:47 PM |
ななさん、こんばんは!
終わっちゃいましたね。寂しい気もしましたがあのラストで寂しい気持ちも薄れました。
今回は今までになくはらはらドキドキの展開でもう〜読む手を止められませんでした。
一気読みで消耗気味です(笑)
いろいろと学ぶことが多くあって有川さんには感謝!です。
スピンオフ作品いよいよ来月からですね。
楽しみです〜♪
| リサ | 2008/03/13 9:16 PM |
リサさん、こんばんは。
確かに2冊一気読みは体力消耗しますよね。
ドキドキ、アドレナリン出っぱなしですもんね。
そしてリサさんは勉強にもなってしまうのね。
読む前は「最終巻か。寂しいな」って思ってたのに
読み終わってみると全然さらりとしていて不思議でした。
スピンオフ楽しみですね。
| なな | 2008/03/13 9:42 PM |
こんにちは。
ラブに目を眩まされ気味ですけど、かなり緊張感漂う巻でもありましたね。わたしが当麻先生の立場なら、ストレスでハゲちゃうかも……とか思いました。
スピンオフ作品、もうすぐ発売ですかね??楽しみです!
| まみみ | 2008/03/20 1:06 PM |
まみみさん、こんばんは。
そうですね。
甘さを抜かしてみると、ドキドキしっぱなしの物語です。
私が当麻先生だったら…すぐに良化委員に身をゆだねそう。
辛いのは嫌です。
| なな | 2008/03/20 9:05 PM |
こんにちは。
ようやく読みました。
内容はとっても重くて、考えさせられる部分は多々あるんですけど、いろんな恋愛模様が描かれていて常にニヤニヤでした^^;
最初っから悶えちゃいましたし…。
本を読んでいて恥ずかしくて目を背けるって、初めての経験でした^^;
番外編が出るらしいですね!
知らなかったです。
最近図書館シリーズを大人買いしてしまったので、こうなったら出たらすぐ買います。
| 苗坊 | 2008/03/30 11:13 AM |
苗坊さん、おはようございます。
そうそう、読んでいて恥ずかしさに目をそむける。
そんな本ですよね。
そういうあま〜い、あま〜い部分とシリアスな部分の
配分が絶妙でした。
大人買い!すごいです。
番外編、4月とか…楽しみです。
| なな | 2008/03/31 7:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「図書館革命」 有川 浩
 図書館革命  有川 浩  メディアワークス (2007/11/7) 走り出したらもう止まらない、誰にも止められない! 図書館の未来、本を読む自由という重い使命を担って、無事ゴールへ駆け込めるのか笠原郁!?ハイスピードで山あり谷ありな展開に、図書館シリ
| コンパス・ローズ  compass rose | 2007/12/10 11:19 PM |
図書館革命 〔有川 浩〕
図書館革命有川 浩 メディアワークス 2007-11売り上げランキング : 34おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ あの図書館の鐘を鳴らせ! 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。 それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった―
| まったり読書日記 | 2007/12/11 1:12 PM |
図書館革命 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。『図書館戦争』シリーズ第4弾完結巻。原発襲撃テロから作家を狙うメディア良化委員会。司法対決も描きながら今回の任務は要人警護。過去の事件の後日談もさりげなく織り込まれ、「無関心」 「善意の
| 粋な提案 | 2007/12/12 2:31 AM |
『図書館革命』
今日読んだ本は、有川浩さんの『図書館革命』です。
| いつか どこかで | 2007/12/14 10:48 AM |
図書館革命 / 有川浩
図書館革命 作者: 有川 浩 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/11 メディア: 単行本 読みました〜!読みましたよ〜ぅ! って、誰に報告してんだよ、私。ああ、もう読み終えた直後は、腰から下がぐにゃぐにゃの軟体動物みたいにとろけていました。う
| おさんぽ文庫 | 2007/12/14 4:19 PM |
「図書館革命」有川浩
図書館革命 待ち焦がれながらも読むのが惜しい・・そんな図書館シリーズの最終巻。とうとう読んじゃいました。 テーマはシリーズの終わりを締めくくるにふさわしい表現の自由、検閲の是非に絞られてシンプルでストレート。革命というだけあって、組織の是非にもせま
| 本のある生活 | 2008/01/16 10:11 PM |
図書館革命⇔有川浩
図書館革命 有川 浩 突然原子力発電所を襲った国際テロ。 作家・当麻蔵人の「原発危機」のストーリーとテロの内容があまりにも似ていたため、大きな問題となる。 「原発危機」は、テロリストたちが参考にするほど危険であり、当然著者である当麻にも責任があり、
| らぶほん−本に埋もれて | 2008/01/18 2:41 PM |
「図書館革命」有川浩
図書館革命(2007/11)有川 浩商品詳細を見る ああ、これで終わってしまうのか、と寂しさを感じている方に朗報です。シリーズスピンアウト「別冊...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/18 8:14 PM |
本「図書館革命」
図書館革命 有川浩 原子力発電所が襲撃を受けるが、その事件に類似した小説『原発危機』の著者である当麻蔵人は良化委員会に狙われる。そこで図書隊が保護することになる・・・・・・・・ 図書館戦争シリーズ第4弾。図書館が、表現の自由を守るため
| <花>の本と映画の感想 | 2008/01/18 10:39 PM |
『図書館革命』有川浩
シェアブログ1152に投稿 しょっぱなから萌え――――――!!!!!!!! キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!! うっわー、恥ずかしい!!く...
| 栞のさんぽみち | 2008/01/21 3:54 PM |
本 「図書館革命」
有川浩さんの「図書館戦争」シリーズの完結篇です。 前作「図書館危機」で主人公郁と
| はらやんの映画徒然草 | 2008/01/28 8:53 PM |
図書館革命
JUGEMテーマ:読書 あの図書館の鐘を鳴らせ!  年始、原子力発電所を襲った国際テロ。  それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった――  ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!?  図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか!?  
| ぼちぼち | 2008/02/22 9:15 PM |
図書館革命/有川浩
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/2/17〜2008/2/18 [メディアワークスHPより] あの図書館の鐘を鳴らせ!  年始、原子力発電所を襲った国際テロ。  それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった――  ついにメディア良化法が最大の
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/02/24 11:26 AM |
図書館革命<有川浩>−(本:2008年34冊目)−
図書館革命 出版社: メディアワークス (2007/11) ISBN-10: 4840240221 評価:80点 図書館シリーズ第4弾。 さすがにちょっと飽きてきた感じもあったが、最後までそれぞれのキャラはしっかりとたっており、おなじみベタ甘ロマンスも読者の希望に沿うようにしっ
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/03/01 5:29 PM |
『図書館革命』有川浩
図書館革命 有川浩/メディアワークス 「メディア良化法」が成立・施行され、超法規的検閲に対抗するため、図書隊が「狩られる本」を守っている現代。ある日、敦賀原子力発電所が深夜に大規模な襲撃を受けた…。図書館戦争シリーズの完結編。 ああ、残すところあと1冊
| ひなたでゆるり | 2008/03/13 9:12 PM |
「図書館革命」 有川浩
図書館革命有川 浩 メディアワークス 2007-11売り上げランキング : 5393Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 「メディア良化法」が成立・施行され、超法規的検閲に対抗するため、図書隊が「狩られる本」を守っている現代。ある日、敦賀原子力発電所が深夜に大規
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2008/03/20 1:11 PM |
図書館革命 有川浩
図書館革命 オススメ! 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。 それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった―ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!? 図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか!? 手詰まった状況を打破する一手を
| 苗坊の読書日記 | 2008/03/30 10:20 AM |