CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「迷宮のファンダンゴ」海野碧 | main | 「ホテルジューシー」坂木司 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ROUTE134」吉野万理子
ROUTE134
ROUTE134
吉野 万理子
JUGEMテーマ:読書


青山悠里は業務委託の編集者。担当作家との打合せで中学卒業少し前まで住んでいた葉山に18年ぶりに訪れた。嫌な思い出しかない葉山で偶然入った国道134号線沿いのカフェ『ROUTE134』のマスターは長い事封印していた悠里の気持ちを揺さぶる。

吉野さんの物語ってやっぱり2時間ドラマ。映像が頭の中に広がります。

悠里は担当作家・モンキー間中が葉山に移り住み、新しいエッセイの相談をするために、中学時代の苦い思い出の場所・葉山を18年ぶりに訪れます。偶然立ち寄ったカフェ「ROUTE134」のマスターは憧れていたけど、もう二度と会うはずないと思っていた同級生の向井夕輝だった。相手に気がつき、気まずい雰囲気のままマスターと客として当たり障りのない会話をする二人。モンキー間中が「ROUTE134」を気に入ったことから、定期的に通うようになった悠里だが、夕輝に引かれていく自分に気がつきながらも、中学の時に自分がしてしまった事で夕輝との間に大きな隔たりがある事はわかっている。そんな時パートで働く多実が息子拓夢がいじめにあっているのでは?と悩みを打ち明けた。そしてカフェの常連さんたちの間でも、イジメのような空気が…「いじめ」それは悠里と夕輝にとって触れられない話題。微妙な距離を保ちながら拓夢のために、常連・五十嵐さんのために手をつくす二人。
悠里と夕輝。二人はお互いわだかまりを感じ、だけどお互い相手の事がすごく気になっている。二人が触れないようにしている中学時代起こった事は何か?それは途中までわからずにモヤモヤと進みます。なんとなく夕輝の元妻で二人の同級生だった翔子を気の強いキャラに仕立て上げて「悪役」をやらせているような気がしますが、悠里が悪かったような気がするんだけどなぁ。「ごめんなさい」ってあやまればよかったんじゃないのかな。

いろいろな事が解決して、最後にドライブをする二人。会話があま〜い。色々あったけど、これからの二人を想像するとよかったなって思えました。

イジメ。最初はイジメごっこをしていた拓夢と同級生だったけど、次第にそれが現実のものとなってしまい、今はどうしようもうないという。間中が間に入ってあれこれやってみるが、中々もとの仲良しには戻れない。そんな時、海で揉めていた子供達の間に入って言った五十嵐が言う言葉「拓夢くんが悲しむと、同じように悲しむ人がいる(悲しむ人を見たくないのは)それがわたしの友達だからだ。誰かを救うってことは、かっこいいこととは限らない。自分が嫌な思いをすることの方が多いんだ。それを相手の為に出来るかどうか。それは大人になったらやれるってもんじゃない。小さい頃からそれができる子供もいるし、一生かかっても出来ない大人もいる。」すごく素敵な言葉だって思いました。

舞台となった葉山や国道134号線。夫と付き合っている時よくドライブしてたので、二人が通ってる景色は目に浮かびました。先日、江ノ島水族館に行く時カーナビをセットしたらうちからの距離が58キロだったんです。夫と「うわ〜学生の頃って午後3時に待ち合わせして、それから江ノ島方面に…なんてやってたけど、一日で150キロくらいは走っていたんだね」って驚きました。今じゃ気軽にちょっとドライブ…とは行かないなぁ。私、車の中ほとんど寝てるし…
| 本:や行(吉野万理子) | 22:06 | comments(8) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 22:06 | - | - |
コメント
イジメが簡単に止まらないとか、もう少し書き込めば随分、素敵な作品になったのにと思う残念さが残る作品でした。
トレンディードラマとか二時間ドラマのノリなんでしょうかね?
ぼくも翔子をもう少し書き込んで欲しかったです。
彼女の言い分もあったはず。
しかし、離婚の理由がアレならば、この夕貴という男もちょっと底が浅いなぁ、ならばもともと結婚なんかすべきじゃなかったのでは、とか思っちゃうところもアリでした。
| すの | 2007/12/08 12:50 PM |
すのさん、おはようございます。
全体的に流れるように物語が進んで素敵なんですけど
悠里の気持ちだけだったような気がして…
たしかに夕輝の離婚の理由はなに?って感じでした。
というか、夕輝と翔子が結婚していた事実にすごく驚きました。
| なな | 2007/12/09 8:27 AM |
悠里は素直にあやまれば、すんだことなのに。それを今まで引きずっていたのかと思うと何かしっくりこないところはありました。
でも、いじめの問題がどういうところから起こるのを描いているところなんかよかったです。
| | 2007/12/09 11:27 AM |
ドラマにピッタリの雰囲気でしたね〜。
翔子のことを嫌な感じ〜と思って素直に読んじゃいましたが、悠里が謝っていればまた違っていたかも知れませんね、確かに。
こういう風になるんだろうなぁ〜と期待していたところに収まって良かったです。
| エビノート | 2007/12/09 7:59 PM |
◇花さんへ

いじめが始まるところ。拓夢のゴッコだったのが面白くなってきたっていうのも、五十嵐のいないときにぽろっともらした悪口から…って言うのもありそうな話ですよね。

◇エビノートさんへ
翔子、嫌な感じでしたよね。なんだか「いや」な感じを作りこみすぎてるかなって思ってしまいました。
ラストはよ予想通りで本当に良かったです。
| なな | 2007/12/09 10:43 PM |
こんにちは。
悠里が前向きになるのが素敵なラストでした。
子供も大人も苦しめられるイジメには心が痛みます。
五十嵐の言葉、説得力がありましたね。
現地の景色、ご存知なんですね。いいなぁ〜。
運転しない時は、いい仮眠時間と思ってます(笑)。
| 藍色 | 2007/12/10 1:59 PM |
ななさん、こんばんわ。
私もドラマみたいって思いながら読んでたんですが、
それはあまりにも風景がはまってるのと、
翔子の嫌な感じがドラマっぽかったからかも。
私も翔子と夕輝が結婚してたことに驚きました。
| june | 2007/12/10 10:14 PM |
◇藍色さんへ

ラストが良かったですよね。
イジメ、子供だけじゃなく大人にもあるんですよね。
夫と車に乗るとほとんど寝てます。
昔はよく話をしていたんだけどなぁ…

◇juneさんへ

曲も杉山清方だし、ちょっと昔のトレンディードラマ風ですよね。決してキライじゃないですけど。
翔子、かわいそうなくらい悪役キャラでした。


| なな | 2007/12/11 12:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/993
トラックバック
「ROUTE134」吉野万里子
「ROUTE134」吉野万里子(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、思春期、思い出、いじめ、恋愛、小説 期せずして女流作家の作品が続く。女性作家というより「女流作家」と敢えて表現する。 本書は、ぼくには合わなかったと評した「雨のち晴れ、とこ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/12/08 11:57 AM |
本「ROUTE134」
ROUTE134 吉野 万理子 講談社 2007年8月 編集社の業務委託をしている青山悠里は、モンキー間中と仕事の打合せに葉山に来ていた。葉山は悠里の故郷であり、中学時代、苦い経験をしたところだった。ふと入ったカフェ “ROUTE134” のマスターは、同
| <花>の本と映画の感想 | 2007/12/09 11:17 AM |
ROUTE134 〔吉野 万理子〕
ROUTE134吉野 万理子 講談社 2007-08-30売り上げランキング : 27368おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ やり直せない過去を抱えていても、未来に向かうことはできるのか、それともやはり無理なのか―。 中学時代、憧れていた同級生・夕輝との行
| まったり読書日記 | 2007/12/09 7:49 PM |
ROUTE134 吉野万理子
装幀は松昭教。 青山悠里は業務委託の編集者。担当作家との打合せで中学生の頃いじめに遭った葉山に。偶然入った国道134号線沿いのカフェ『ROUTE134』(ルート134)のマスターは当事憧れ、行き違った同級生の向井
| 粋な提案 | 2007/12/10 1:59 PM |
「ROUTE134 」吉野万理子
ROUTE134 吉野さんが元々シナリオを描いてらしたという先入観があるせいか、読んでいてドラマを見ているような感じがしました。それは悪い意味ではなくてすごく読みやすくて、映像が浮かびやすいのです。舞台が湘南のせいか、昔懐かしい某ドラマを思い出してしまいま
| 本のある生活 | 2007/12/10 10:12 PM |
ROUTE134 吉野万理子
ROUTE134 ■やぎっちょ書評 前作が葉山の良さを余すところなく伝えていた短編だったので、今回も短編だと思っていました。長編は望むところ! と、思いつつ読んでいたんだけど、残念ながら今回は辛口です。 全体的には普通に楽しめる小説だと思うんだけど、どうも
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/12/12 6:36 PM |