CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ソウ2 | main | 「迷宮のファンダンゴ」海野碧 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ブラックペアン1988」海堂尊
ブラックペアン1988
ブラックペアン1988
海堂 尊
JUGEMテーマ:読書


1988年(昭和63年)の東城大学医学部付属病院。研修医1年生世良は神の手を持つとされている佐伯教授率いる佐伯外科教室で研修を始めた。その佐伯外科に帝華大から高階講師が新しい手術用器具を持ってやってきた。世良を通してみる佐伯外科。

「夢見る黄金地球儀」を読んだ時、色んな方に「ブラックペアン1988は面白い」って聞いていて、期待度大でした。本当にすごく面白かった!

佐伯外科の教授、佐伯の言葉は絶対。帝華大から押し付けられたかたちで赴任した高階講師は佐伯からビックマウス、小天狗、以前から阿修羅とも呼ばれている変わり者。食道自動吻合器「スナイプAZ1988を導入して「日本の外科をかえる」と豪語する。手術の時にしか現れない、手術職人渡海医師は佐伯教授と過去になにやらあった様子。高階講師が研修の担当医となった世良は渡海にも気に入られ、物怖じしない性格からなんでも口に出し、災いに巻き込まれていく。
医者は、患者とどう向かい合うべきか。医者が大事にしなければならないものはなんなのか。そんな事を常に自分に問いかける医者達。人間の命を扱う職業ですし、外科は一番患者の死と近い場所なのかもしれない。世良の「俺は外科医を辞めない。辞めるもんか。でも、目の前で患者が死ぬのを見るのは絶対にイヤなんだ」という言葉は印象的でした。

癌告知について、新技術の導入とそれに付随する人材育成、製薬会社との癒着など、医療の問題点も色々と出てきます。技術がなければ手術は出来ない。今では普通に行われているがん告知も1988年には「潰瘍」と偽って手術していたんですね。そして手術。ある程度の技術がなければ手術は出来ないけど、数をこなしていかなければ技術は上達しない。厳しい世界です。

バチスタで教授の高階は講師として赴任したばかりだし、不愁訴外来担当の看護師・藤原は手術室の婦長。猫田は看護婦で花房は1年目。研修医・世良に大学4年生に外科志望の速水と検査志望の島津、内科志望の田口が指導を受けます。まだ4年生なのに自分が何を目指しているのかわかっている3人の書いたレポートが、それぞれ「らしく」て笑えます。

普通は銀色をしているペアンだけど、佐伯教授は自分専用のブラックペアンを持っています。佐伯教授がそのペアンを使うとき、それは…

世良先生、20年後を書いた物語にはまだ登場したことないけど、どこにいったんだろう?
| 本:か行(海堂尊) | 21:13 | comments(15) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - |
コメント
そうそう、私も世良先生の行方が気になったよ。
本を持っている人は、また読み返したりして楽しめそうだよね。我々は…自分の過去の記事で確認したり…。
| ゆうき | 2007/12/06 10:02 AM |
ゆうき、世良先生気になるよね。
そう、本が手元にあったら読み返して色々と楽しめそう。

| なな | 2007/12/06 9:44 PM |
お馴染みの人物の物語が楽しかったですね〜。
そして、渡海といい世良先生といい、
また登場してほしいと思う魅力的な登場人物を
次々に生みだせる海堂さんって、すごいなと思います。
| エビノート | 2007/12/06 10:30 PM |
キャスト、総出演でしたね。
みんなチョイ役なのに、ちゃんと個性が伝わってくる。
うまいですねぇ。

世良と渡海、どっちへ向かうのか気になります。
| juzji | 2007/12/07 8:55 AM |
キャラも、医療事情も時代を感じられて興味深かったです。

世良ってまだ出てきてないでいいんですよね。
思わず、バチスタは見返したりしたんですけど手元にない本もあって、自分の記憶力を信用してない私は、ちょっともやもやしてました。
そのうち出てくるのかな?
| ちきちき | 2007/12/07 8:43 PM |
20年前のキャラクターたち、みんな生き生きしてましたね。
速水、島津、田口の手術室の反応と書いたレポートが
三者三様で笑いました。
世良先生ってどこにいっちゃったんでしょうか?
この後の作品での再登場に期待しましょう。
| 藍色 | 2007/12/08 2:49 AM |
おはようございます。
この本は、世良のキャラが良かったせいか、シリーズの中で一番爽やかな印象です。
佐伯教授がブラックペアンを使うシーン…、そういうこともあるんだって知って、びっくり。
世良や渡海の再登場、あると楽しいですね。



| mint | 2007/12/08 10:19 AM |
◇エビノートさんへ

おなじみの人たちの若かりし頃が垣間見れて、ワクワクしました。
すごい速いペースで本を出版する海堂さん、個性的な人たちばかり登場させてすごいと思います。

◇juzjiさんへ

みんなちょっとしか出ていなくても個性が出ていましたよね。特に学生だった速水・島津・田口のレポートが最高でした。
渡海、医者は辞めちゃったんでしょうかね?

◇ちきちきさんへ

医療事情、興味深かったです。
今はあのスナイプは使われているものなんでしょうかね?
私も本は図書館で借りているので、記憶があやふや。
でも世良は出てきていないと思います。
どこかで会えるといいですね。

◇藍色さんへ

3人の書いたレポート、本当に「らしさ」が出ていて笑えました。
本が手元にあったら、こうやって過去を知ってからもう一度読み返すと面白いかもしれないですね。
世良先生、どこへいったんでしょうかね?
海外で研究して、帰国とかそんなふうに登場して欲しいです。

◇mintさんへ

世良、研修医として一生懸命でしたよね。
そんな姿が好印象でした。
次にブラックペアンのを使うときの佐伯教授の決意。
筋が通った人でしたね。

| なな | 2007/12/09 8:05 AM |
ななさん、こんばんは。
渡海、世良、ふたりとも印象深いキャラだけに、その後が気になります。
学生3人組のレポートは笑えましたね。
問題を抱える医療現場での葛藤、現実に立ち向かう医師たちの姿。期待以上に面白く読みました。
| 雪芽 | 2007/12/11 9:29 PM |
 来年刊行予定の本もすべて「桜宮」が舞台らしく、当分目が離せそうにないですね。

 いつか、世良と速水と、そして(医師になった?)天馬と、ひょっとして渡海も揃い踏みの作品を…期待せずに待ちましょう。(^^
| higeru | 2007/12/11 11:23 PM |
◇雪芽さんへ

こんばんは。
渡海も世良もどこに行ったんでしょうね?
この先の物語に出てきてくれるといいですね。
医療現場、一瞬の判断が人の命を奪ってしまう。
そんな世界に生きる厳しさ出ていましたね。

◇higeruさんへ

海堂さん、すごいペースで本出してますね。
まだまだこれからも桜宮の物語が読めるんですね。
わーい。
そうだ、天馬くんもいましたね。
楽しみに待ちましょうね。
| なな | 2007/12/12 10:50 PM |
こんばんは。面白かったですよね。
私も3人のレポート、どれが誰と言われなくてもわかるぐらい彼ららしいなぁと思いました。
世良先生の行方、私もとても気になります。今後のシリーズに出てくるとうれしいですね。
| masako | 2008/03/12 10:46 PM |
masakoさん、こんばんは。
すごく面白かったですね。
あの時代のあれやこれやも「そうだった」って懐かしかったりしました。
世良先生、登場してくれるといいですよね。
きっといい先生になってることと思います。
| なな | 2008/03/13 9:05 PM |
こんばんは。
田口が手術嫌いになった理由にニヤリでした。
あんな恐ろしいことを経験すると、倒れるのもわかる。
出版社が違ってもオールキャストでしたね。
これにもウッキッキーでした。
| しんちゃん | 2008/04/08 7:19 PM |
しんちゃん、こんばんは。
田口先生は若い頃からちゃんと田口先生でした。
出版社が違うのに、表紙の感じも一緒。
粋な事しますね。
| なな | 2008/04/08 9:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ブラックペアン1988
  『ブラックペアン1988』 海堂尊 2007年 317頁 海堂さんの東城大学医学部付属病院シリーズ、第5弾? 今度は20年前に遡ります。   研修医1年生世良雅志から見た、1988年の東城大学病院。   佐伯外科教室に、帝華大から高階講師がやってきた。   高
| わすれるまえに | 2007/12/06 10:00 AM |
ブラックペアン1988 〔海堂 尊〕
ブラックペアン1988海堂 尊 講談社 2007-09-21売り上げランキング : 101おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病
| まったり読書日記 | 2007/12/06 10:22 PM |
【ブラックペアン1988】 海堂尊 著
1988年、あの「チーム・バチスタの栄光」で田口先生率いる「不定愁訴外来」ができる20年前、東城大学医学部付属病院でいったい何があったのか… 驚愕手術の結末!外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、
| じゅずじの旦那 | 2007/12/07 8:52 AM |
ブラックペアン1988
JUGEMテーマ:読書 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…… 大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。 『チーム・バチスタの栄光』で颯爽とベ
| ぼちぼち | 2007/12/07 8:44 PM |
ブラックペアン1988 海堂尊
ブックデザインは鈴木成一デザイン室。カバーCGは桑原大介。初出「小説現代」。 1988(昭和63)年の東城大学医学部付属病院。新人外科研修医世良雅志が直面したのは緊迫の手術に教授助手講師たちが織り成す現場の日々。 バ
| 粋な提案 | 2007/12/08 2:50 AM |
『ブラックペアン1988』
今日読んだ本は、海堂 尊さんの『ブラックペアン1988』です。
| いつか どこかで | 2007/12/10 7:12 PM |
「プラックペアン1988」 海堂 尊
 ブラックペアン1988  海堂 尊  講談社 (2007/9/21) 黒を基調にシルバーグレイのタイトルが並ぶ装丁のシンプルさが際立つ。あるのはただひとつのブラックペアン。原色で派手な印象の多かった海堂さんの本にしては珍しい。本屋に並んでいる姿に、かっこ
| コンパス・ローズ  compass rose | 2007/12/11 9:05 PM |
【海堂尊】ブラックペアン1988
 若き新米医師の成長物語・青春小説の体裁を取りつつも、現役医師ならではの視点によるエンターテインメント作品に仕上がっている。抜群のリーダビリティで足掛け二日ながらほぼ一気読みである。これで本業は医者? 天は二物を与えたのか!? ムカつくほどに面白い。
| higeruの大活字読書録 | 2007/12/11 10:35 PM |
海堂尊 『ブラックペアン1988』
ブラックペアン1988/海堂 尊 ¥1,680 Amazon.co.jp 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。 期待通り、とても
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/03/12 10:42 PM |
「ブラックペアン1988」海堂尊
ブラックペアン1988(2007/09/21)海堂 尊商品詳細を見る 一九八八年五月。ある晴れた日の朝、一人の研修医が東城大学医学部付属病院への坂道を駆け...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/04/08 7:16 PM |
ブラックペアン1988/海堂尊
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/15 [講談社HPより] 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…… 大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/06/18 11:37 PM |
『ブラックペアン1988』 海堂尊
「外科研修医世良が飛び込んだのは 君臨する”神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院・・・・・・ 大出血の手術現場で世良が見た 医師たちの壮絶で高貴な覚悟。」 うーん、相変わらず濃ゆいキャラクターたちが、凄まじい物語を展
| 【徒然なるままに・・・】 | 2008/11/09 7:59 AM |
海堂尊『ブラックペアン1988』上・下
「時はバチスタ事件が起こる20年前、東城大学付属病院研修医の世良は佐伯外科に入局した。 彼のオーベンとなったのは帝華大学からきた講師の高階、彼の型破りなやり方に周りから色々な雑音が。 そして一番高階のやり方に反論する渡海にも世良は引き込まれていく・・・
| 日々のつぶやき | 2010/03/02 2:31 PM |