CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「出られない五人」蒼井上鷹 | main | マッチポイント >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「チェリー」野中ともそ
チェリー
チェリー
野中 ともそ
JUGEMテーマ:読書


アメリカ育ちのショウタ・13歳は 両親の離婚で母と日本に帰国。 キコクシジョとからかわれ学校では口をきかなくなっていた。そんなショウタが叔父さんから「夏休みに一緒にアメリカに行かないか」と誘われた。 アメリカ北西部のさくらんぼが有名な州にある叔父さんの家。ローンを払い続けているその家に住んでいるのは元妻のお母さん。生活がキツキツの叔父さんとしては元義母に出て行ってもらいたいんだけど、どうやら簡単にはいかないらしい。叔父さんと一緒に見たその家は蛍光のミドリに塗られた家と瓦礫の山。そしてドアの前に現れたのは少女のような人見知りをする70を越えたモリーだった。

すき、すき、すき。こういう物語、大好き。なんだかずっと物語の世界にひたっていたいって思いました。

ショウタが出会ったモリー。格好は「聖なる岡にぶぶんとほびかっていたような黄と黒のミツバチガラのばかでかいシャツに、不可解な色合いの染まったロングスカート。先の広がったゴム靴はアヒルのくちばしに似ている。安っぽいおさがりの服を着せられた子供着ないな格好で、庭はゴミ山(モリー曰く「聖なる丘」)庭一面にポイズンアイビーが茂り、家の中も壁には穴があき(モリー曰く「鳥が家の中に巣を作ってくれないかなと思って」)足の踏み場もないほどの悲惨な状態。裏庭を案内してくれたモリーはカエルを見たい?と聞き、洋服のまま沼の中へバサバサと入っていく。そしてそんなモリーの横には長年の友達、ハーヴェイ・ジュニアが一緒にいる(らしい)。

ショウタはそんなモリーの行動一つずつに驚きます。叔父さんが先に帰ってしまい、チェリーフェスティバルを一緒に過ごし、モリーのお店を作り…そうやってひと夏を過ごしたショウタはモリーにどんどん心惹かれていきます。

モリーがすごく素敵なんです。見えない友達ハーヴェイには驚きますが、純粋無垢で天真爛漫。自然や鳥やカエルの声に耳を傾け、いつも人の気持ちに敏感で誰かに喜んでもらうことを願っている。自分の居場所を見つけられない人がモリーの側に集まってきて、心を温めてもらう。チェリーフェスティバルで種とばしをする姿、移動遊園地の海賊船に乗って、てっぺんに達した時に笑顔でヨーグルト・チェリーをばら撒く姿なんて最高です!読んでいる私もモリーに恋しちゃいました。モリーが作り出すパイを初めとする料理もすごくおいしそうでした。

叔父さんと叔父さんの奥さんで体の弱い千草さんの話。健康な人と同じように生きられない千草さんは叔父さんのプロポーズを2度も断った。それでも側に居ることを選んだ叔父さんの決心。

モリーのさくらんぼの木があるウェルズさんのお嫁さんサリーの話。モリーのお店にやって来て、いちゃもんをつけ始めたサリーの口にモリーがチェリー・ファッジをポンと放り込んだ途端、とろけるような顔になったサリー。その後、モリーのよき理解者になったサリー。

2度目の夏。どんどん弱っていくモリーを見ている(読んでいる)のがすごく辛かった。あぁもっとモリーとショウタを一緒にいさせてあげて…って。

ラスト、モリーがショウタに残したさくらんぼの木に彫ってあった日の丸パイ…あぁ、モリー。
| 本:な行(野中ともそ) | 21:32 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |
コメント
わたしもこのお話大好きでした〜〜^^
最初「変な人!?」と構えてたぶん、モリーの素敵さに触れて一気に好感度あがったみたいです。読んでる最中、とても幸福な気分でいられました。
| まみみ | 2007/11/22 10:42 PM |
まみみさん、こんばんは。
ね〜ね〜すごく良かったですよね。
モリーの天真爛漫さにすっかりやられちゃいました。
| なな | 2007/11/23 8:18 PM |
私もこのお話大好きです。
子供の頃モンゴメリーやローラ・インガルスの小説を夢中で読んでいた気持ちを思い出しました。
チェリーパイをはじめ出てくる食べ物がとっても美味しそう!食べたい〜


| たまま | 2008/05/22 11:56 AM |
たままさん、こんばんは。
アメリカの田舎町の物語。
のどかで、キュンとなっちゃいます。
たままさんは子どもの頃から本好きだったんですね。
息子さんはやっぱりそんなたままさんの血をひいているんだ。
チェリーパイ。食べたいです。
最近アメリカンチェリーが出回ってますよね。
チェリーフェスティバルやる頃かしら…
| なな | 2008/05/22 8:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/971
トラックバック
「チェリー」 野中ともそ
チェリー野中 ともそ ポプラ社 2007-09売り上げランキング : 332728Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 伯父さんの家に住みついた「魔女」を追い出そうとアメリカにむかったぼく。ところが、そのひとは人見知りで、やせっぽちで、正直で…。すてきな恋の物語。
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/11/22 10:40 PM |
『チェリー』
『チェリー』 著 者: 野中ともそ 出版社: ポプラ社 発行年: 2007年0
| 会社ともおの読書日記 | 2007/11/26 6:48 PM |