CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 八景島シーパラダイス | main | 「チェリー」野中ともそ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「出られない五人」蒼井上鷹
出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー (ノン・ノベル)
出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー (ノン・ノベル)
蒼井 上鷹
JUGEMテーマ:読書


東京郊外のビル地下にあるバー・ざばずば。ビル改装工事の為、バーがなくなる前日に店の常連で脳溢血で亡くなった酔いどれ作家・アール柱野を偲び一晩語り明かそうという趣旨の会合に集まった5人の男女。見知らぬ5人が打ち解け始めた時、突如現れた身元不明の死体。 翌朝まで鍵をかけられ外に出られぬ密室の中、緊張感は高まっていく。しかし5人には、それぞれ、出るに出られぬ「理由」があったのだ。

蒼井さんの本、図書館にリクエストしたら買ってくれました。ありがとう、図書館。長編はあまり…って話を聞いていたのであまり期待しないで読みました。なんだかドタバタ劇を見てるみたいな印象。ラストの印象が薄くて、この感想を書く為に読み直してみて、あれ?そんなラストだったっけ?って思いました。って事は、すぐに忘れてしまうんだろうなぁ。

ざばずばに集まったのは幹事の峰を含めて五人。医者の田沼。田沼の病院で看護婦をしている熊野。若い女性の鵜飼、既に酒臭い八角、というメンバーである。物語が進むにつれ、それぞれの事情が明らかになります。地下にある店は外からシャッターをしめてあるので朝管理人がシャッターを開けるまでは出ることが出来ません。

田沼と熊野は不倫関係にあって、全然隠しきれていないけど集まった人たちには関係を隠して参加。峰は会社が倒産し失業状態。口うるさい祖母と暮らしてます。鵜飼は父親とアール柱野が知り合いで、売れない女優。八角は家で会社の社長からの連絡を待たなければいけなかったのに、ルームメートの彼女が訪ねてきたので家を追い出され参加。

全く知らない人たちが次第に打ち解けてきたと思ったら突然見つかった死体。それぞれ警察に届けられない事情があり朝まで待機することにします。5人だけかと思った地下の密室だったけど、八角がトイレと間違えて入った控え室にいたもう一人の男性。そして彼にも警察に届けられない事情があった。

登場人物のそれぞれの情けない人生ったら…蒼井さん、ダメ人間を書かせたら天下一品なんじゃないかしら。田沼医師が一番情けなかったよ。そして峰が「大丈夫です」って言う言葉の裏にある「She never eat,nanny!」(死ねばいいのに!)暗いです。暗すぎです。

色んな所で色んな人たちがちょこっとつながってるのも面白かった。アール・柱野が書いたという設定のエッセイや小説、これがなかなか良かったな。やっぱり蒼井さん、ちょこっとした短い物語の方が面白いのかも。
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 18:53 | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 18:53 | - | - |
コメント
本当にダメ人間を描かせたら天下一品ですよね。なんでこんな風にイキイキ描けるんだろう…周りにモデルがいるのか、それともご本人が…!?あまり想像しないほうがいいのかもしれませんね^^;
| まみみ | 2007/11/22 10:45 PM |
これは・・・
短編の方がいいなぁ〜と確認できました。
面白くないわけではないんだけど、
短編でのキレの良さが
なかったかなぁ〜という印象でした。
自分がよく読めてなかっただけなんですけどね(笑)
| す〜さん | 2007/11/22 11:00 PM |
◇まみみさんへ

こんなダメダメ人間ばかりが集まっちゃって!
想像だけじゃなかなか書けないと思います。
蒼井さん「She never eat,nanny!」なんて心の中で叫んでるのかしら(汗)

◇す〜さんへ

長編はあんまり…って聞いてたので、それほど期待せず読んだのですが、やっぱり短編なのかなって思いました。
ちょっと回りくどかったりしましたよね。
| なな | 2007/11/23 8:32 PM |
こんばんわ。
TBさせていただきました。
蒼井さんの作品は久しぶりに読みましたが、シュールでしたね、やっぱり。
二転三転していくのでいつ終わりが来るんだろうと思ってしまいました^^;
| 苗坊 | 2008/05/31 12:31 AM |
苗坊さん、こんばんは。
なんだか次から次へと事態はかわって行き
長い長い夜だったなって感じでした(笑)
朝が来たときにはホッとしましたもの。
| なな | 2008/05/31 8:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/969
トラックバック
「出られない五人」 蒼井上鷹
出られない五人posted with 簡単リンクくん at 2007. 3.13蒼井 上鷹著祥伝社 (2006.9)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/11/22 10:44 PM |
出られない五人   〜蒼井 上鷹〜
東京郊外のビル地下にあるバー“ざばずば”に集う男女5人。 脳溢血で急逝した愛すべき酔いどれ作家・アール柱野を偲び、 彼の馴染みの店で一晩語り明かそうという趣旨の会合だった。 だが、突如身元不明の死体が目の
| My Favorite Books | 2007/11/22 10:58 PM |
出られない五人 蒼井上鷹
出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー (ノン・ノベル) 東京郊外のビル地下にあるバー“ざばずば”に集う男女5人。 脳溢血で急逝した愛すべき酔いどれ作家・アール柱野を偲び、彼の馴染みの店で一晩語り明かそうという趣旨の会合だった。 だが、突如身元不
| 苗坊の読書日記 | 2008/05/31 12:30 AM |