CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「まぼろしハワイ」よしもとばなな | main | サッカー観戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「有頂天家族」森見登美彦
有頂天家族
有頂天家族
森見 登美彦
JUGEMテーマ:読書


狸と天狗と天狗になりかけの人間、そして秘密の会合「金曜倶楽部」に集う人たちが京都を舞台に飛んだり、変身したり、騙しあったり、大活躍。

「太陽の塔」でつまづいたので、心配しながら読み始めたんだけど杞憂でした。面白い!面白い!!!男汁がそれほど出ていなかったのからなのかしら?

狸4兄弟の三男・矢三郎が物語を語っていくのですが、狸同士の戦い、天狗の戦い、狸たい「金曜倶楽部」の戦い、赤玉ポートワインを燃料に飛ぶ奥座敷や天狗の風神電神の扇などの不思議な事などテンポよく物語が進みます。
狸一族の中で対立する下鴨家と夷川家の狸たち。下鴨家は宝塚ファンの母と4人の兄弟。対する夷川家には4兄弟の叔父と双子の息子と娘がいます。下鴨家の父親・総一郎は狸界を取り仕切る頭領である「偽右衛門」を長年務めてきたが、数年前「金曜倶楽部」の狸鍋の具となるという、狸界の頭領の死としてはありえないほど無残な死をとげた。兄弟の長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱い。次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。三男・矢三郎は面白主義がいきすぎて周囲を困らせ、末弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。夷川家は4兄弟の叔父と四文字熟語にこだわる阿呆兄弟金閣・銀閣。矢三郎の元許嫁の海星。

蛙になって井戸にこもったまま狸に戻れなくなった次男が好きでした。あと矢三郎の前には現れず声だけの海星。へんてこ四文字熟語にこだわる金閣・銀閣も大笑い。

現役を引退して出町柳のアパートに逼塞する天狗の赤玉先生、赤玉先生に攫われ天狗教育を受けて“半天狗・半人間”となった人間の女性の弁天の物語。「金曜倶楽部」の淀川教授と四兄弟の母親の物語もなかなか。

読んだ後、職場で「鍋の季節だね〜何鍋が好き?どんなもの入れる?」って話になった時、ついつい「狸鍋!」って口走っちゃいました。「たぬき…なかなか出てこない発想だね」と。そうでしょうね。
| 本:ま行(森見登美彦) | 22:37 | comments(21) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |
コメント
男汁ではなくて狸汁でしたからね(笑)
この作品を読んで、狸鍋を食べたくなったのは自分だけかな。

次回作も楽しみですね!
| しんちゃん | 2007/11/18 5:40 PM |
矢四郎のプリティぶりが良かったです。
あ〜こんな狸なら飼いたいかも。
決して食べません。
モリミー節全開の楽しい話でした。
続編も書いてるそうなので
そっちも楽しみですね。
| す〜さん | 2007/11/18 8:13 PM |
◇しんちゃんへ

そう、狸汁でしたもんね。
あとはカスカスになった天狗さん(笑)
「太陽の塔」も人間を狸に変換して読めば面白かったのかな。
鍋の季節です。私もついつい職場で「狸鍋」と口にしてしまいました。

◇す〜さんへ

矢四郎、おちびさんっぷりがかわいかったですね。
カエルになってしまった矢二郎もなかなか切なかった。
狸鍋を食べる「金曜倶楽部」の面々、憎らしかったです。
| なな | 2007/11/18 8:50 PM |
こんにちは。
何でもありという感じのモリミーワールド全開の楽しいストーリーでしたね。
井戸にこもってしまった次男と、すぐ毛玉なってしまう末っ子が気に入ってます。


| mint | 2007/11/19 2:03 PM |
mintさん、こんばんは。
森見さんらしい不思議な世界を堪能しました。
私も井戸にこもってしまった次男が一番好きです。
| なな | 2007/11/20 9:07 PM |
こんばんは。
キャラクターが立っていましたね。
狸が主役でもすんなり読めました。
偽電気ブランがとっても飲みたくなりました。
でも赤玉ポートワインでガマン(笑)。
| 藍色 | 2007/11/21 1:29 AM |
藍色さん、こんばんは。
そうですよね。狸なのに、違和感全くなかったですね。
偽電気ブラン、どんな味なんでしょうね?
狸が作ってるなんてね〜
| なな | 2007/11/21 10:15 PM |
森見さんが狸の話??って思ったんですが、
モリミーワールド全開でおもしろかったです。
「金閣」「銀閣」の四文字熟語笑えましたよね。
「樋口一葉」とか。
それにしても狸って美味しいんでしょうかねぇ。
四男とか美味しそうな気がするんですが、
健気な目で見つめられたら食べれないかも・・。
| june | 2007/11/29 9:55 PM |
モリミーワールド全開でした。
「樋口一葉」笑いました。
漢字4文字ならなんでもいいのか!ってね。
狸鍋、どうでしょう…
母は島根の出身なのですが、子どもの頃母の祖父が
狸を取って…なんて話を聞いた事があるようなないような。
父親より四男の方がやわらかくてよさそうですが
かわいそうで、そんなのダメです!
| なな | 2007/11/29 10:25 PM |
こんばんは、ななさん。
私も、どうも森見ワールドには付いていけなかったのですが、
この作品は、すんなり読めました。
京都に行きたいなーとつくづく思いました。
狸鍋、狐鍋、美味しくなさそうです。
狸鍋で狸が牛肉に化けられるかもしれませんよ。
| モンガ | 2007/12/03 8:41 PM |
モンガさん、こんばんは。
モンガさんも森見さんの世界に入り込めない派だったんですね。あぁ、お仲間がいてホッと一安心。
こうやって京都が舞台の物語ばかり出てくると
実際の街並みを見てみたいですよね。
| なな | 2007/12/04 9:30 PM |
こんばんは。

京都モノの利点を活かして、風景など思い浮かべながら、隅々まで、おもしろおかしく楽しめました。
ここ最近では異常に濃度の高い笑える本だった…
特に狸鍋の具になった親父の話はツボでした。
| ちきちき | 2008/01/03 8:32 PM |
ちきちきさん、こんばんは。

風景が浮かぶと楽しさ倍増ですね!
いいなぁ。
森見さんが楽しんで書いていらっしゃるんだろうなぁって言うのが伝わってきましたよね。
続編も楽しみです。
| なな | 2008/01/04 11:06 PM |
まぬけでかわいくて、オモチロイ作品でした。
そんなんあるかい!と思いつつ、でも京都ならあるかもしれない。と現実と想像を混同し気味でした。
京都行って偽電気ブランを味わいたいです^^
| まみみ | 2008/01/24 12:15 AM |
まみみさん、こんばんは。
そうそう、天狗に狸に人間に…
ありえないんだけど、あるかもしれない。
そんな風に思わせる森見さんすごいですよね。
偽電気ブラン飲んで見たいって思ってたけど
作ってるのが狸だとは!!!
| なな | 2008/01/24 9:08 PM |
面白かった。
もしななさん京都に来(き)やはったら
ほんまもんの叡山電車に乗って鞍馬寺に行ってください。
天狗に会えるかもね。
| ナカムラのおばちゃん | 2008/02/09 9:47 PM |
ナカムラのおばちゃんさん、こんにちは。
昔一度叡山電車に乗って奥地の温泉に行ったことがあるんです。
天狗が出てもおかしくないような風景でした。
| なな | 2008/02/10 12:45 PM |
こんばんは。面白かったですよね。そしてくだらなさの中にも深い話が潜んでいて、なかなか上手いなぁと思いながら読みました。
弁天の曲者さもあっぱれでした。
| masako | 2008/03/01 10:59 PM |
masakoさん、こんにちは。
京都の町を縦横無尽に走り回る狸たち。
想像しただけでも笑えます。
バカバカしいのにしんみりしたり、考えさせられたり
森見さんうまいですよね。
弁天、恐るべき女です。
| なな | 2008/03/02 10:52 AM |
オモチロかわいい話で楽しく読みました。
母思いの四兄弟、いいですね〜〜
姿を見せない海星、気になります。
続編待ち遠しいです。

週末ケロロを観ていたら『夜は短し‥』のコミックのCMが!
萌系の絵でしたが;;

| たまま | 2008/03/24 3:06 PM |
たままさん、こんばんは。
四兄弟それぞれが表現方法は違えど母親を大切にしてますよね。
若者に変身してビリヤードをしに行く母親
なんだかすごくかわいらしいなって思いました。
海星、どうして姿を見せないんでしょうね。
続編、楽しみです。

本のコミック化って結構あるんですよね。
自分の中のイメージがあるので
出来ればそっとしておいて欲しいです(?)
読まなければいいんですけどね。
| なな | 2008/03/24 8:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/967
トラックバック
「有頂天家族」森見登美彦
有頂天家族森見 登美彦 (2007/09/25)幻冬舎 この商品の詳細を見る いつもはメモをしながら読書しているのだが、今回はメモはいっさい取らなかった。その分、ザ・森見ワールドを存分に堪能することが出来ました。登場するの
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/11/18 5:37 PM |
有頂天家族   〜森見 登美彦〜
狸と天狗と人間の話。 最初は登場人物(狸か)の紹介と状況説明が続く内容で これは面白くないかも・・・なんて思いましたが、 やはりそこはモリミーです。 中盤から後半にかけて一気に読ませる面白さ。 もう、なん
| My Favorite Books | 2007/11/18 8:14 PM |
『有頂天家族』
今日読んだ本は、森見登美彦さんの『有頂天家族』です。
| いつか どこかで | 2007/11/19 1:59 PM |
有頂天家族 森見登美彦
イラストレーションは平田秀一。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。パピルス掲載+書き下ろし。 京都・糺ノ森に住む狸の下鴨家。数年前に父・総一郎を狸鍋で喪い家族は母と四兄弟。主人公で語り手は三男の矢三郎。落ちぶれてア
| 粋な提案 | 2007/11/21 1:29 AM |
「有頂天家族」森見登美彦
有頂天家族 ファンタスティック!思わずそう叫んでしまいそうな世界でした。やっぱり森見さんの世界は好きです。狸や天狗、はては半天狗なる美女弁天やら風変りなものが次から次へ出てくるんで、最初はなかなかテンポに乗れななかったんですが、世界に入ってしまって
| 本のある生活 | 2007/11/29 9:56 PM |
有頂天家族  森見 登美彦
有頂天家族 森見 登美彦 JUGEMテーマ:読書  07−272 ★★★☆☆  【有頂天家族】 森見 登美彦 著  幻冬舎  《そこのあの人が狸なのか、…》  内容紹介より 第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/12/01 11:31 PM |
有頂天家族 森見登美彦
有頂天家族 ■やぎっちょ書評 いや、正直読む気していなかったんです。告白。 だってもりみーのブログにさんざん「次は毛深い男のお話」「可憐な乙女はでてこない」って書かれてたもん。発売前に。 でもって可憐な乙女のお話以外の本が実はあまり好きではないので、
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/12/08 11:24 PM |
有頂天家族
JUGEMテーマ:読書 偉大なる父のサヨナラ、おちぶれた四兄弟、海よりも深い母の愛情、これぞ森見版『カラマーゾフの兄弟』!……でも、主人公は狸!?狸と天狗の人間の三つ巴が京都の街を席巻する壮大なファンタジー。幻冬舎HPより お正月一発目は、なんだかそれに
| ぼちぼち | 2008/01/03 8:39 PM |
「有頂天家族」 森見登美彦
有頂天家族森見 登美彦 幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 123Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 狸の名門・下鴨家。父に先立たれた4兄弟は、一族の誇りを取り戻すべく、街を駆け回る。しかし、今日もまた狸と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす化かし合
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2008/01/24 12:08 AM |
有頂天家族  森見登美彦
有頂天家族 森見 登美彦 幻冬舎 狸の名門下鴨家の当主、父総一郎は 鍋となってこの世を去った。 残された4人兄弟、 長男 矢一郎…堅物 次男 矢二郎…ひきこもり 三男 矢三郎…オモシロ主義 四男 矢四郎…不甲斐ない化けっぷり 師と仰ぐ天狗
| ナカムラのおばちゃんの読んだん | 2008/02/09 9:43 PM |
【有頂天家族】 森見登美彦 著
うさんくさい本です。 何しろ、主人公が京都の「狸」ですから… 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙にな
| じゅずじの旦那 | 2008/03/01 10:25 PM |
森見登美彦 『有頂天家族』
有頂天家族/森見 登美彦 ¥1,575 Amazon.co.jp 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/03/01 10:51 PM |
有頂天家族<森見登美彦>−(本:2008年72冊目)−
有頂天家族 出版社: 幻冬舎 (2007/9/25) ISBN-10: 4344013840 評価:90点 面白かった。 誰が読んでもそんな気持ちになるんじゃないだろうか。 奇想天外荒唐無稽の展開。 とびっきりの阿呆らしさを存分に振りまきながら、なんとなく切ない気持ちにもなっ
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/05/15 11:22 PM |
『有頂天家族』(森見登美彦) <感想&書評>
有頂天家族森見 登美彦幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 32310おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 糺ノ森に住む狸の名門・下...
| Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜 | 2008/06/07 7:40 PM |