CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「遠まわりする雛」米澤穂信 | main | 「ししゃも」仙川環 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「普通じゃない。」原田マハ
普通じゃない。―Extraordinary.
普通じゃない。―Extraordinary.
原田 マハ

植物をこよなく愛する26歳・御厨しいなは造園会社に働きに行った時にハシゴから落ちて以来植物の発する声が聞こえるようになった。植物からの助けを求める声で出かけて行った植物園のバナナの木の下で知り合った不思議な老人は総合都市開発企業・権大開発の社長だった。その縁で権大開発に入社することになったしいなが配属されたのは地下4階にある秘書室出島。そこは社長の妄想をかなえるための専担部署なのだという。しかも部員は上司の矢車としいなの二人。社長の妄想に振り回されるしいな。「強く願えば、きっとできる」がモットーである社長の最後の妄想は、都心のビルの屋上をすべて花畑に変えたい、というもの。果たしてそんなことができるのか。

原田さんの物語、なぜか気になって読んでます。これがデビュー三作目。これはミクシイで連載されていたようです。最後の方に登場人物の日記があるんだけど(O.Dの日記もある)それもミクシイに書いてあったみたいです。本の登場人物が日記を書くなんて面白い。
物語はファンタジーというのか、ありえないこと連発なんだけど…そんな世界がすごく面白くて続きが気になる読書タイムでした。

日本橋生まれ、生粋の江戸っ子しいな。おじいちゃんは花火職人。親友の大場真百合は江戸時代から続く呉服屋の娘。二人が会って話すのは老舗そば屋の「岩場」。植物園で会った不思議なおじいさんは権田原大咲。権大開発の社員達の名前もユニーク。しいの直属の上司・秘書課出島妄想担当は矢車草輔。矢車の同期に花房藤花と森崎葉。秘書課の青葉桜子。

植物園で権田原から貰った黄色いランキュラスの鉢植えは自分を「E.O(エンドレスお花畑の略)」だと名乗り、しいなにアドバイスしたり気を送って周りの人を助けたりします。

権田原がいう「ピグマリオン効果」強く願い続けていれば夢は叶ってしまうって言うのが素敵。私もつよく、つよく願い続けようかな。
| 本:は行(原田マハ) | 21:50 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:50 | - | - |
コメント
この作品も良かったです。
EOがめっちゃかわいかった。
他の登場人物も生き生きしていて
良かったです。
mixiの日記もそれぞれなりきっていて
これまた笑いました。
| す〜さん | 2007/11/07 8:43 PM |
す〜さん、こんばんは。
原田さんといえばす〜さんってイメージです。
す〜さんも原田さんと相性がいいようですね。
私もです。
EOかわいかったですね。
家にある花にもう少し愛情を注がなければと反省です。
| なな | 2007/11/07 9:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/949
トラックバック
普通じゃない   〜原田 マハ〜
SNSのmixiから誕生した小説。 mixiはやってるけど、気付かなかった・・・。 登場人物がmixi内で日記も書いてたらしい。 気付かなかった・・・。 まぁ、いいけど。 物語は日本一のガーデナーになりたいと希望を
| My Favorite Books | 2007/11/07 8:42 PM |