CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「王国〈その3〉ひみつの花園」よしもとばなな | main | 「港町食堂」奥田英朗 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「毛布おばけと金曜日の階段」橋本紡
毛布おばけと金曜日の階段
毛布おばけと金曜日の階段
橋本 紡


姉のさくらと二人で暮らす未明。なんでも完璧にこなす姉だが、お父さんが亡くなった金曜日になると階段の踊り場で毛布をかぶりおばけになってしまう。姉妹と姉のボーイフレンド和人の物語。

「猫泥棒と木曜日のキッチン」は橋本さんの「曜日シリーズ」だって書いてありました。ならば読んでみないと!って思いました。図書館で場所が見つけられず、聞きました「電撃文庫ね…あちらです」ってヤングアダルトコーナーに連れて行かれました。そして表紙にビックリ。うーん。オタクですか…

同性の同級生を好きになってしまった未明。自分をはっきりと表さなかった未明が好きな同級生が転校する事を知って思い切って告白しに行く。5歳年上の恋人を持つ和人。バイトをしてデパートで高価な指輪を買おうと思う。最終的に渡したものは…普段はしっかり者のさくら。だけど父が死んだ金曜日には階段の踊り場でおばけになる。妹の未明、恋人の和人は姉を励ますように、階段に大量の食べ物を持ち込み食べる。和人の父親の不倫や小さな男の子が出てきたりして、物語としては面白かった。だけど絵が…途中の挿絵も全部表紙と同じ絵なんです。途中で「いたいけな」なんて言葉が出てきてしまい、私の頭の中には「オタク。オタク」って言葉がグルグル。だめかも…
| 本:は行(その他の作家) | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック