CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< マリー・アントワネット | main | 「やってられない月曜日」柴田よしき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「インシテミル」米澤穂信
JUGEMテーマ:読書


時給11万2000円の実験モニターバイトに応募した12人の男女。ある者は誤植を笑うために、ある者は警告を無視して、ある者は実力を見せるため、ある者は小遣い欲しさに。結城理久彦は、車がほしかった。須和名祥子は、「滞って」いた。こうして集まった12人の被験者たちは、地下の建物「暗鬼館」に7日間閉じ込められることに。

主催者による悪趣味なルール・殺人を犯した者に対する報酬倍増・正しい殺人犯を指摘した者に対する報酬三倍増など・夜の10時から朝の6時までは個室で過ごさなければいけない・<ガード>を呼ぶ権利等々。<ガード>の役目は暴動的混乱を暴力を持って鎮圧する。けが人や病人の処置。死体の処理。そして夜中の見回り。夜中に<ガード>に見られてもいいのは3回までで、4回目は射殺される。建物は円形の廊下の周りに12の個室と金庫、牢屋、娯楽室、霊安室、そしてモニター室があり、廊下は曲線を描いていて先が見えない。各自の個室は施錠することができない仕組みになっていて、各々の部屋備えられた<おもちゃ箱>を開けると、ルールブックおよび殺人を犯すための武器が入っている。誰も殺人なんかしないで7日間大人しく過ごそうとみんなで決めた翌日、3日目に西野さんが霊安室で銃殺されて殺されていた。いったい誰が犯人なのか?

一番最初に「警告 この先では、不穏当かつ非倫理的な出来事が発生し得ます。それでも良いという方のみ、この先にお進み下さい」なんて書いてあります。物騒な物語なのかな?ってドキドキしながら読み始めました。

読み出したら一気です。7日間で殺人ゲームをするのをモニターしようという主催者。地下深いところで、逃げられない閉塞感。そんなものがありましたが、主人公結城の暢気な口調で物語はサクサクと進んでいきます。

本格派ミステリーは知らないので「クローズドサークル」ってなんなの?って感じでした。そんな私が読んでも十分楽しめる(?)特に後半は息つく暇も無く、誰なの?どうしてなの?って。早く真相を私に教えてくださいって思ってました。完全に他力本願。

絞殺、撲殺、毒殺…○○殺って言葉って色々あるんですね。

殺人がおき、鍵がかからない部屋で眠れぬ夜を過ごす人達、昼間ラウンジに集まって意見を言い合ったり、いがみ合ったりする人達の中で一人涼しい顔の須和名さん。彼女の存在が不思議でした。が、それも最後になるほど〜でした。怖いよ、須和名さん。

「インシテミル」って「インしてみる」だと思ってたんですけど、英語のタイトル「the incite mill」って書いてあります。何か含みがあるのかな…
| 本:や行(米澤穂信) | 19:49 | comments(16) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 19:49 | - | - |
コメント
こんばんわ。
本格ミステリなんでしょうが、米澤さんらしい主人公で楽しんで読めました。
色んな名作ミステリにオマージュしている部分があるようですが、「アンキパン」がツボでした。
タイトルの『インシテミル』は確か『淫してみる』の意だったと思います。
(本文中にも淫するとかなんとかあったような…)
英語のタイトルと対になってますが、こちらの意味はちょっとよくわかりません。
あと須和名さんの指1本も…
何を意味しているんでしょうね。
| りょう | 2007/10/24 9:25 PM |
一回読んだだけでは内容をちゃんと理解できてないなぁ…と思ったのに、二度目読む気がまだ起こらないわたしです。
怖い設定なのに妙に緊迫感に乏しかったりそのへんが好きでした。
インシテミルの意味は上でりょうさんが言われてるのがあたってるかと。ファンサイトみたいなところではいろいろ議論
されてました。指1本も気になりますよね。謎が謎のまま
終わったところも多かったけど、そのへんは読者の想像にまかせた、ってことなんでしょうね〜
| まみみ | 2007/10/25 7:45 AM |
ネイルサロンがいっぱい。消される運命なのに。
って、消えたら意味不明のコメントになるな。
まあいいか…。スパムは困るよね!

渡されたのが火かき棒というのが面白かったです。
が、そんなの売ってる店を見たことなーーい。
想像したのが、シャッターを引っ掛ける棒状のフック。
近いと思うんだけどなあ。

指1本と、須和名さん主催があるのかが気になります。
続編の予告ですかね??
| しんちゃん | 2007/10/25 10:19 AM |
◇りょうさんへ

そう「アンキパン」あれはよかったですね。
昨日から「アンキパン」が頭から離れない。
一人で「アンキパン…あんきかん…暗鬼館」なんてやってます。
タイトルは「淫してみる」なんですね。
須和名さん、不思議な人でしたね。

◇まみみさんへ

人がいっぱい死んでるのにね。
恐ろしいのにのほほんとしてる。
そんな物語でした。
ファンサイトなんてものがあるんですね。
みなさん熱く語ってるんでしょうね。
語りたくなる要素がいっぱい詰まった本ですよね。

◇しんちゃんへ

火かき棒、私もシャッターを閉める棒を想像しました。
昨日仕事中に職場にあるシャッター閉め棒を見て
それをもって眠れぬ夜を過ごす結城を想像してたところです。
あの引っ掛け部分が平らになってるんですよね、たぶん。

続編があるんでしょうかね?
須和名さん主催で!

「ネイル」はしんちゃんのために残しておこうかとおもったんだけど、消しちゃいました。
| なな | 2007/10/25 9:09 PM |
こんにちは。
クローズドサークルミステリーを知らなくても熱中されたみたいで
ミステリ好きにはうれしいことです。さすが米澤さん!。
大好きなジャンルだったので、思いっきり楽しみました。
終盤、凄まじい勢いの謎の解明に驚きでした。
「the incite mill」については私のサイトをご参照ください(笑)。

トラバ未到着でした。
お手数ですが、再トラバしていただけますか?。
| 藍色 | 2007/10/31 12:41 PM |
藍色さん、こんばんは。
テンポ良くてすごく楽しめました。
の割には誰が殺人者だったのか忘れてますが…
トラバ、ごめんなさい。
もう一度送ってみます。
| なな | 2007/10/31 9:01 PM |
犯人名は最大のネタバレで、未読の方には見せられない。
なので、図書館でこの本を見かけたら、433ページの後ろから三行目を。
犯人のセリフがあるので、その周辺に名前も出てるはず。
| クールな指圧師 | 2007/11/09 1:05 AM |
クールな指圧師さん、こんばんは。
いつもいつも本当にありがとうございます。
HNどおり、いつも的確に私のツボを押していただいて
感謝してます。
433ページですね。
本屋さんに行って立ち読みしてきます!!!
| なな | 2007/11/09 9:44 PM |
ライトな本格とレビューしてみました。この作品、ぜひみんなで謎を語り合いたい一冊ですね。クールビューティーな、ななさんにぜひ謎を解いてほしいものです。ワトソン役で1.5倍!
| すの | 2007/11/11 6:18 AM |
すのさん、こんばんは。
みんなで「謎」を語り合えた面白そうです。
私にワトソン出来るかしら?
| なな | 2007/11/11 8:11 PM |
あ。ごめんなさい。言葉足らずでした。
ななさん探偵役。クールな頭脳で犯人を推理してください。
ぼくが、横で間抜けなワトソンを勤めさせてただきます。相乗りで報酬1.5倍は魅力的。・・あれ?ワトソンは外れてもペナルティーなし?この辺りも突っ込みところの敢えてのネタ?
| すの | 2007/11/11 8:54 PM |
すのさん、私の方こそ勘違いごめんなさい。
こんなボケな私に探偵が務まるのかしら?
だいたい、探偵物を読んで犯人がわかったことありませんから!(威張ることじゃないけど)
| なな | 2007/11/12 11:30 PM |
こんばんわ。
私も一気読みでした。
読みやすいところもよかったですね。
私も推理は放棄して、「こわいよ〜」と、恐怖感を堪能していました。
| ia. | 2007/12/14 8:24 PM |
ia.さん、こんばんは。
怖かったですよね〜
怖くて、早くラストを知って楽になりたい
そんな気持ちも読書速度を加速させました。

| なな | 2007/12/14 9:49 PM |
こんにちは。
TBさせていただきました。
おもしろかったですね〜。
本当に引き込まれました。
誰が犯人なのかとドキドキしながら読みましたね^^
タイトルは私も気になりました。
どういう意味なのでしょう…。
また、最後の最後の手紙の内容が気になります…。
結城は最初は頼りなくて呑気なやつだと思ったのですが、5日目以降からかっこよく見えましたね^^
| 苗坊 | 2008/01/27 12:18 PM |
苗坊さん、こんばんは
引き込まれますよね。
読みながら私も背中を何度も振り返ってみたり…
結城の口調に助けられた気がします。
確かに後半は頼りになる男でした。
| なな | 2008/01/27 7:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/934
トラックバック
「インシテミル」 米澤穂信
インシテミル米澤 穂信 文藝春秋 2007-08売り上げランキング : 160Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 車がほしかった結城理久彦。「滞って」いた須和名祥子。オカネが欲しいふたりは、高給の怪しげな実験モニターに応募した。こうして12人が集まり、館の地階
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/10/25 7:41 AM |
「インシテミル」米澤穂信
インシテミル米澤 穂信 (2007/08)文藝春秋 この商品の詳細を見る モニターたちはさまざまな思惑を持って応募した。波乱を期待した者。小遣い稼ぎのつもりの者。記述が真実か確かめるつもりの者。そして…。 結城理久彦は
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/10/25 10:05 AM |
インシテミル 米澤穂信
装幀は関口信介。装画は西島大介。書き下ろし。 車がほしい大学生・結城理久彦は高給の怪しげな実験モニターに応募。選ばれた男女12人は閉ざされた地下室「暗鬼館」で7日間を過ごすことに。凶器を与え膨大な報酬で「殺人」を
| 粋な提案 | 2007/10/31 12:42 PM |
「インシテミル」米澤穂信
「インシテミル」米澤穂信(2007)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、ミステリー、推理、連続殺人、現代、ライト本格 ※ネタバレはしないつもりだが、未読者はこのレビューを読まないほうがよい。何も予断を持たないで読むのが楽しい作品。 はじまりはある求人情報
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/11/11 6:15 AM |
インシテミル
著者:米澤 穂信 出版社:文芸春秋 紹介文: これは面白かったです〜。 一度行ってみたいと思っている"ミステリーツアー"に参加したような気分。 冒頭部分はモニターたちが何をさせられるのか、ドキドキ。 "実験"始まると、クローズドサークルらしき舞台装置に
| どくしょ。るーむ。 | 2007/12/14 7:58 PM |
インシテミル 米澤穂信
インシテミル 結城理久彦はしがない貧乏学生。 もてるために車がほしいと思っており、アルバイト雑誌を開いていた。 そこに飛び込んできたのは時給1120百円というありえない金額のアルバイト。 とある場所に監禁され、常に監視された状態で7日間を過ごすという
| 苗坊の読書日記 | 2008/01/27 12:00 PM |
本「インシテミル」
インシテミル 米澤穂信  文藝春秋 2007年8月 車の買う金がほしい大学生の結城は、バイト情報誌で、時給「1120百円」と書かれたバイトを見つける。誤植かと疑いながらも応募する。集まったのは12人。外部から閉ざされた「暗鬼館」で24時間監視さ
| <花>の本と映画の感想 | 2008/03/30 10:45 PM |
「インシテミル」 米澤 穂信
インシテミル (文春文庫)/米澤 穂信 ¥720 「ある人文化学的実験の被験者になる」ことで、時給11万2千円。 破格の条件をもとに集まった12名の男女。 閉ざされた地下の密室で、与えられたのは、より多くの報酬を巡って参加者同士が殺しあう犯人当てゲーム
| じぶんを たいせつに。 | 2012/04/28 8:03 PM |