CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 栗祭り | main | マーキュリー・ライジング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ドロップス」永井するみ

ドロップス
永井 するみ

夫から「ママ」と呼ばれる事をきっかけに、夫との距離を感じる夏香。多くの男達と気の向くまま関係を持つシングルマザーの声楽家リリア。完璧主義の夫と離婚した後、同窓会で久し振りに会った昔馴染みから誘われて戸惑う遼子。不倫の末にお互いに大切なものを失った夫と静かに暮らす科子。この4人の女性を連作短編で描いた作品。

4人の女性のうち3人は30代。劇的な変化が訪れる訳じゃなく、彼女達の日常が綴られていきます。色んな人の色んな心情に「わかる!わかるよ〜」って。4人は少しずつつながっていて、それぞれ自分が今置かれた立場を思いちょっと落ち込み、他の人を見ては自分に無いものを見つけて羨ましいって思います。だけど、その羨ましがられている人にもその人なりの悩みがあって、他の人を羨ましいと思ってる。人生ってそういうものなんでしょうね。科子がステンドグラスからの光の下に立つと元気になれるといいます。そういう空間、時間があったら素敵です。

夫との関係に悩みながらも、無邪気な娘に気がつかないうちに励まされている夏香。沈んだ気持ちで帰ってきて、遅い時間なのに起きていた子供と一緒に子供の布団に寝てしまう遼子。子供ってそういう存在なんだよなぁってしみじみと思いました。落ち込んでいたって、いやな事があったって子供はいつも同じように彼らの生活を続けていて、そんな子供を見ていると元気が出るものなんですよね。

ラストのコンサート。夏香の夫に対する気持ち、遼子の原田に対する気持ち、リリアの彼に対する気持ち、そして科子の夫と前妻との子。そんな事が全てすっきりとして、読み終わって晴れやかな気持ち。
「ドロップス」いつから私は夫の「ママ」になったのか…と戸惑う夏香。娘は友達となめている途中のドロップを交換する。

「うたうだけ」イタリアから帰ってきた声楽家・リリアは歌の練習が身に入らない。練習の時伴奏をしてくれた彼はロンドンに。

「フルーツ消しゴム」離婚後、一人息子を連れて実家で暮らす遼子は久し振りに出席した同窓会で同級生から食事に誘われる。

「色づいた光」祖父が建てた新大久保の家が好きだった。父が亡くなった後、家を小さな音楽ホールに立て替えることにした。そして出合った建築士の彼。彼の左手には指輪が。

「貝ボタン」夫のパジャマの上から二番目のボタンだけが他と違っていた。間に合わせで付けたままだった。

「砂漠のキャラバン」元夫と彼を比べてしまう私。離婚した時の取り決めで設けた1ヶ月に1回の面会日。今月も元夫はこなかった。

「この薔薇を」スタジオ・ピチカートでのリリアのリサイタル。4人の女性はそれぞれに心に決めたことがある。
| 本:な行(永井するみ) | 21:12 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:12 | - | - |
コメント
自分の中で「一番大事にしたいもの」を決めておいて、そこは譲れないけど、他の部分ではある程度妥協しなくちゃいけないんだろうね。
| ゆうき | 2007/09/30 4:32 PM |
ゆうき、「一番大事にしたいもの」かぁ。
そうだよねぇ。
妥協ばっかりだよ(涙)
| なな | 2007/09/30 9:53 PM |
永井さん初読みだったんですけど、なんていうかすごい「うまいなぁ!」って思いました。他の作品も読んでみたいです!
| まみみ | 2007/10/26 10:20 PM |
まみみさん、おはようございます。
永井さん、私もまだ数冊ですがちょっと気になる作家さんです。とりあえず、当たらしめから読んでいこうと思ってます。
| なな | 2007/10/29 10:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/909
トラックバック
ドロップス
  『ドロップス』 永井するみ 2007年 258頁 おー!好き好き! 30代女性におすすめの一冊。   ドロップス   うたうだけ   フルーツ消しゴム   色づいた光   貝ボタン   砂漠のキャラバン   この薔薇を 連続短編。 38歳の夏香と遼子
| わすれるまえに | 2007/09/30 4:02 PM |
「ドロップス」 永井するみ
ドロップス永井 するみ 講談社 2007-07-26売り上げランキング : 164765Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 30代、女。主婦、バツイチ子持ち、未婚の母。みんな、2度目の思春期まっ只中。愛したい、愛したい、愛させてほしい…。30代女性のいじましくも繊細
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/10/26 10:20 PM |
永井するみ 「ドロップス」
ドロップを主題とした作品かと思っていたら、ドロップのように舐めていたら、味が変るように見方を変えると人々のありようも変わって見えるということなのですね。
| ゼロから | 2009/06/30 9:26 PM |