CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「おわりの雪」ユベール・マンガレリ | main | 「幸福ロケット」山本幸久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「夏のロケット」川端裕人
夏のロケット
夏のロケット
川端 裕人


高校時代、火星に憧れ、「天文部ロケット班」でロケットの打ち上げ実験に熱中していた主人公の高野。 社会人となった今は新聞社で科学記事などを書いている。過激派のミサイル爆発事件の取材で同期の女性記者芦川純子を手伝う事になり、現場写真を見てみると、見覚えのある部品が写っていた事から、高校時代の仲間が関係しているのではと考える。果たして彼らと事件とは関係があるのか…

高校の時の天文部ロケット班のメンバー。理論的なリーダーで、ロケットの設計図を引く、現在は宇宙開発事業団で働く「教授」こと日高紀夫、いつも汚れた白衣を着ている物作りのプロ、現在は大手特殊金属メーカーで新素材の開発をする・清水剛太、成績優秀な医者の息子、現在は歌手であり事務所を経営する氷川京介、体育会系の身体に強引な話術、現在は一流商社に勤めるの北見、そして文章力からロケット班の広報担当となり、現在は新聞記者の高野。この5人が一度はあきらめた高校時代の「火星に行く」夢の為に一生懸命になる。

荒唐無稽で(本の中でこの文字が2回出てきた)、リアリティの欠片もない。高野以外の4人はヘリコプターの操縦は出来るし、宇宙服を買いにロシアまで急遽飛んだり、その宇宙服を着て自分達が作ったロケットに乗る人まで登場するんだから。だけどそんな事はどうでもいいのです。


歴史上のロケット開発に携わった人たちの話が出てきます。世界で最初にミサイル兵器を開発したブラウンは「宇宙ロケットの父」と呼ばれているし、バズーカ砲を発明したゴダートは「アメリカのロケットの父」、手榴弾を作ったキバリチッチは獄中でロケットについての論文を書いていたようだ。宇宙に行く「ロケット」と人を傷つける為の「ミサイル」飛んでいく方向、運ぶものが違うだけで、原理・構造は同じだっていうことに驚いた。

今年読んだ本によく旋盤、フライス盤、ボール盤という名前が出てくる。どんなもんなんだろう?大きな機械だって事はわかるんだけど。
| 本:か行(川端裕人) | 22:04 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |
コメント
川端裕人大好きです。その割にこの作品は、読むのが遅かったのですが・・。
こういう男の子の小説を書かせると川端裕人はホントにうまい。主人公と一緒にどきどきわくわくしちゃいました。

TBした記事が古くて、とても短いのに我ながらびっくり。でも山椒は小粒でぴりり・・こういうのもよかったなぁ。
| すの | 2006/05/23 1:27 PM |
川端さん、いつかコンプリートしたいって思う作家さんです。

高校生がロケットで火星に!すごく突拍子もない設定ですが、とても面白かったですよね。

| なな | 2006/05/23 10:45 PM |
恥ずかしながら「ロケット」と「ミサイル」の違いに、これを読んで初めて気づきました・・・。
今ニュースで、北朝鮮のテポドンのことが話題になってますが、韓国がテポドンを「人工衛星」だと言い張っているとか。これを読んでなかったら、そういう見方もできるって気づかなかったと思います。
| june | 2006/06/21 11:36 PM |
juneさん、私も「ロケット」と「ミサイル」が同じだってことにとても驚いたのです。
そして同じように北朝鮮の事を聞いたとき、この本をおもいだしたのでした。
本で知る知識って沢山ありますよね。
子どもの頃親が「本を読みなさい」って口をすっぱくしていってた意味が今よくわかります。
| なな | 2006/06/21 11:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/90
トラックバック
「夏のロケット」川端 裕人
「夏のロケット」川端 裕人 ★★★★☆ *国内・ミステリー(?)・ファンタジー・青春・小説 川端裕人が好きだ、と言っている割に読んでなかった大事な一冊。氏の代表作ともいえる、サントリーミステリー大賞優秀作受賞作。 えっと、これもミステリー?という
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/05/23 1:24 PM |
「夏のロケット」川端裕人
夏のロケット よかったですー。こういう話ってすごく好きなのです。サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞と帯にありましたが、これはミステリーというよりも青春小説です。それも、大人になった宇宙少年たちのちょっと苦くて爽快な青春小説。ロケットのことなど何
| 本のある生活 | 2006/06/21 11:38 PM |
「夏のロケット」川端裕人
タイトル:夏のロケット 著者  :川端裕人 出版社 :文春文庫 読書期間:2006/07/21 - 2006/07/25 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 火星に憧れる高校生だったぼくは、現在は新聞社の科学部担当記者。過激派のミサイル爆発事件の取材で同
| AOCHAN-Blog | 2006/08/18 5:34 PM |