CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「映画篇」金城一紀 | main | アバウト・ア・ボーイ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚
木洩れ日に泳ぐ魚
恩田 陸

男はヒロ、女はアキ。二人は大学時代にサークルで出会い惹かれあった。惹かれあうのには訳があった。一緒に暮らしていた二人がそれぞれ引越しもほぼ追え、最後の夜を一緒に過ごす。あきらかにされる1年前のある男の死と自分達の関係とは…

物語はほぼ明日引越しが完了する、ガランとした部屋だけで進みます。ヒロとアキ、二人が交互に語り、記憶が子どもの頃や1年前の東北旅行、その他色々なところに飛んで行きます。

1年前、自分達のガイドをしてくれたあの男。転落死とされているが、お互いに相手が殺したのでは?と思っている。その事故の頃を堺に一緒にいることが辛くなり、今日の日を迎えた二人。だけどあの事故の事を話し合わなければいけないとわかっている。似たもの同士で、親密な二人だからこその緊迫した会話。相手の事をよく知っていると思ってたのに、実は何一つ知らなかったのかもと言う驚き。話しているうちに蘇ってくる色々な記憶。

読者に最初に与えられる情報は「一緒に暮らしていた男女」という事だけなのですが、二人の会話で徐々にその関係が見え、そして二人の微妙な心の動きもわかります。アキがヒロの事を見切る瞬間。一瞬にして変化する恋愛感情。女の人ってちょっとした事でああやって自分の気持ちをかえられるものなんだよなって思いました。

最後の夜を迎える二人の不安が読んでいる私にも伝わってきます。お互いを疑う二人、なんとなく感じる違和感。アキがヒロのことを好きだと打ち明けたあの夜。そしてその日を境に変わってしまった二人の関係。そんな事を考え、会話する二人。恩田さんらしい物語です。夜が明けて、朝になって公園に行くアキ。アキのラストは「なるほど」って思ったんだけど、なんだかヒロは情けなくないですか?
| 本:あ行(恩田陸) | 19:35 | comments(16) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 19:35 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは。
緊迫した会話を続けているうちに、
過去の記憶が次々に蘇ってくるのがとてもスリリングでしたね。
相手のことを知らなかったのかもという驚きが伝わってきました。
ヒロは情けなかったですね。
| 藍色 | 2007/09/10 12:50 AM |
藍色さん、こんばんは。
緊張感ある一晩でしたね。
一緒に手に汗握りました。
お酒を飲みながらの緊迫した会話。
私には絶対に無理です。寝てしまうに違いない。
ヒロ、情けなかったですよね。
| なな | 2007/09/11 7:17 PM |
おはようございます。ななさん。
久しぶりに恩田さんらしい作品にめぐり合えて、とても嬉しかったです。
狭いアパートの、しかも一夜の語り合いだとは思えないほどのスケールを感じました。

確かに、ヒロは情けなかったです(苦笑)
| ゆう | 2007/09/24 10:53 AM |
ゆうさん、こんばんは。
そうですね。久しぶりに昔のワクワク感を感じられる
「恩田さん」らしい物語でしたね。
ヒロ、逃げてばっかりですよね。
| なな | 2007/09/24 8:37 PM |
「一瞬にして変化する恋愛感情」、すごく鮮やかに変化したよね。びっくりした。

ワイン飲みながら語るの、憧れるー!
ななちゃんとまたボジョレー試飲行きたかったけど、
だめかー。
| ゆうき | 2007/11/07 10:49 AM |
ゆうき、「一瞬にして変化する」ってあると思うんだよね。

ワインを飲みながら語る。
私には無理だろうなぁ。眠くなっちゃって。
試飲会、どうかなぁ…
一緒に言ってひやかしつつお母さん交代してあげようか?
解禁日はいつだったかしら?
| なな | 2007/11/08 8:00 AM |
会話だけでこれだけ進めるってすごいですよね。
まさに恩田さんの世界です。
それにしてもヒロは情けなかったですよね。
アキが見切った瞬間、すっとしました(笑)。
| june | 2007/11/08 4:22 PM |
juneさん、こんばんは。
本当に恩田さんらしい設定でググっと引き込まれました。
グズグズする男とスパっと切る女。
すっきりしました!
| なな | 2007/11/08 7:05 PM |
恩田さんの作品にしては分かりやすかったかな、と思いました。結局男の死の真相は?って余韻が残りましたけど、それを除けば、男女の恋愛話のようで。
女って、こういうとこありますよね。
| じゃじゃまま | 2007/11/24 4:52 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
恩田さんの作品、時々風呂敷広げすぎて収拾つかないラストって事がありますが、これはキチンと終わって満足。
男の人の死の真相は…どうだったかしら?
奥さんが来て慌てて転落死?
| なな | 2007/11/24 9:05 PM |
こんにちは。
一組の男女と一人の男性の死という設定から話がどんどん広がっていって、え?と思うような「真実」が出てくるという恩田さんらしい作品でした。
ヒロへのアキの気持ちが変わっていく一瞬の描き方が見事にという感じだったし、ラストもアキのほうがすっきりしてたように思います。


| mint | 2007/11/26 11:29 AM |
mintさん、こんにちは。
恩田さんらしかったですね。
子どもの頃の記憶にまで遡っていく辺りは
ちょっとゾクっとしました。
アキの気持ちの変化。あぁあるよなって共感しました。
ヒロは最後まで情けなかったですね。
| なな | 2007/11/28 12:36 PM |
こんばんわ^^TBさせていただきました。
確かに、アキのラストはあの会話で終わらせて良かったと思いますが、ヒロはちょっと寂しいですよね^^;
私も最後ヒロは子どものように見えましたし。
話の展開はさすが恩田さん!でしたね。
段々分かっていく真相に、読む手が止まらなかったです。
| 苗坊 | 2007/12/10 9:24 PM |
苗坊さん、おはようございます。
ヒロは置いてけぼりって感じでしょんぼりでした。
恩田さんらしいワクワクする展開でしたよね。
私も一気に読んでしまいました。
| なな | 2007/12/11 11:30 AM |
こんばんは。TBさせていただきました。
二人の間に漂う緊張感がなんともうまく描かれていましたよね。そして最初は二人の関係がわからないところからスタートして、最後にたどり着く真相。本当に上手い展開だなぁと思いました。また私はアキの気持ちの変化にすごく共感でした。
| masako | 2008/02/24 7:29 PM |
masakoさん、こんばんは。
狭い部屋での一晩の出来事なのに
時間も場所も色々と広がりを見せて
夢中で読んでしまいました。
| なな | 2008/02/24 10:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
装画は佐々木悟郎。装幀は中央公論新社デザイン室。「婦人公論」2006年1月22日号〜2007年2月22日号連載に加筆。 高橋千浩と藤本千明が、数年間一緒に暮らしたアパートで迎えた最期の夜。二人とも、一年前に旅先で起
| 粋な提案 | 2007/09/10 12:50 AM |
木漏れ日に泳ぐ魚 恩田陸
別れを決意した一組の男女。過去の思い出を語り合うことで、秘められた事実が次々と明らかにされていく。 ある不可解な男の死を絡めてストーリーは展開、いつもながらの不安を煽るような空気の中、男女の思い出話だけで構成され、語れば語られるほどに謎は深まり、ペー
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/09/24 10:51 AM |
木洩れ日に泳ぐ魚<恩田陸>−(本:2007年116冊目)−
木洩れ日に泳ぐ魚 出版社: 中央公論新社 (2007/07) ISBN-10: 4120038513 評価:79点 最後の夜が始まった。 明日になれば、一緒に暮らしていた家を引き払い、別れて別々の人生を歩んでいく予定の男と女。 二人は小さい頃生き別れた兄弟だった。 偶然出会い、
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/10/17 12:37 AM |
木漏れ日に泳ぐ魚
  『木漏れ日に泳ぐ魚』 恩田陸 2007年 263頁 久しぶりの恩田さん、わくわく。   別々に育った双子の男女が、大学サークルで偶然出会い、   魅かれあいながら『兄妹二人暮し』を始め、   旅をして、ある出来事の1年後、別れを決めて、最後の一晩を語
| わすれるまえに | 2007/11/07 10:47 AM |
「木漏れ日に泳ぐ魚」恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚 とても恩田さんらしい作品だと思います。登場するのは最後の一夜を過ごすひと組の男女ヒロとアキで、舞台は彼らのアパートの一室です。ある男の死をめぐって、彼らはお互い相手がその男を殺したと思っています。お互いを探り合う会話から、真相を求
| 本のある生活 | 2007/11/08 4:23 PM |
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸著。
恩田氏にしては読みやすいというか分かりやすいというか、普通のお話でしたね。 あるカップルの別れの夜。一人の男の死についてお互いがお互いを疑っている。殺人なのか、犯人はあなたじゃないのか? この二人、別れを決意したのに、真相は皮肉だったよね~。 彼女の方
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/11/24 4:50 PM |
『木漏れ日に泳ぐ魚』
今日読んだ本は、恩田陸さんの『木漏れ日に泳ぐ魚』です。
| いつか どこかで | 2007/11/26 11:17 AM |
【木洩れ日に泳ぐ魚】 恩田陸 著
たぶんこれは、一枚の写真についての物語なのだろう… 一枚の写真に映っていた3人、いったい、どんな物語が始まるのだろう? 一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死。それはすべて、あの旅から始まった――。運命と記憶、愛と葛
| じゅずじの旦那 | 2007/12/02 3:29 PM |
恩田陸【木洩れ日に泳ぐ魚】
僕らは明日になったら右と左に分かれて歩き出すことだろう。 しかし、どこかできちんと話をしておかなければならないように思う。そうしなければ、この先それぞれの人生を歩いて...
| ぱんどらの本箱 | 2007/12/04 4:32 PM |
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚 ヒロとアキは引越しの準備を全て終え、明日の朝にはこの部屋を出、別々の道を進んでいく。 しかし、その前に2人には明らかにしなければならない謎があった。 ある男の死。 あの事件の真相は、一体何なのか―――― ようやくまわってきた恩田さ
| 苗坊の読書日記 | 2007/12/10 9:19 PM |
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田 陸
木洩れ日に泳ぐ魚恩田 陸 (2007/07)中央公論新社この商品の詳細を見る <一組の男女が迎える最後の夜に、解き明かされる真相> 恩田陸さんの作品を間隔が空かないうちに読むことができました。しかし、この作家さん、幅広いで
| それでも本を読む | 2008/01/17 10:41 PM |
恩田陸 『木洩れ日に泳ぐ魚』
木洩れ日に泳ぐ魚/恩田 陸 ¥1,470 Amazon.co.jp あの旅から、すべてが変わってしまった。一組の男女が迎えた最期の夜。明らかにされなければならない、ある男の死の秘密。運命と記憶、愛と葛藤が絡みあう恩田陸の新たな世界。 明日の朝には別の道へ旅立つ
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/02/24 7:11 PM |
木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸
木洩れ日に泳ぐ魚 ■やぎっちょ書評 久々の陸ちん。 ややや。最初からいきなりミステリーです。 ジャンル設定が難しい陸ちんの作品にしてはとてもわかりやすい。そしていきなり謎。導入が本当にうまいですよね。久々に読むと思い出しながら感心します。 大枠の謎
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2008/04/08 11:01 PM |