CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< アビエイター | main | UDON >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
加納 朋子

東京から九州の社宅に引っ越す5年生の高見森。子どもの頃から悪さばっかりして母親を困らせてばっかり。いじめっこの乱暴者だったシンだが、新しい社宅ではここちゃん、あや、竹本兄弟にパックと仲良くなった。不思議な存在のパック。偶然登った体育館の屋根から見た社宅の屋根に書かれていた猿の絵。

プロローグ。幼稚園の年長のシンと団地の1階ベランダから出ることが出来ない赤いワンピースを着た女の子・あやの物語からグイグイ引き込まれました。
東京から九州に引っ越して、周りの子の方言に戸惑うシン。そしてさらに口笛を吹く謎めいた子供パックの登場です。読んでいる私も「パック」って誰なの?ってシンと一緒にヤキモキしました。シンはちょっぴり無鉄砲だけど、いじめっこなんかじゃなくて本当は照れ屋で淋しがり屋なのかもしれない。

シンと登校班が一緒の子達が素敵です。優しくて、大人の男の人が苦手、3ヶ月ですぐに方言を覚えてしまったここちゃん。綺麗な顔をしているのにゲラゲラと笑う綾。登校班班長で責任感がある竹ちゃん。その弟でギザ十に残りのジャガイモ達。ラスト、自転車で坂道を降りるシーンはほのぼのしちゃいました。

子供が喋る北九州弁がかわいいのです。シンいわく「けぇけぇけぇけぇ、ちゃちゃちゃちゃうるさい」だそうですが、いい味出してました。私が真似したらきっと「シンのようになるだっちゃ」ってラムちゃんになりそうな予感。
| 本:か行(加納朋子) | 19:27 | comments(13) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 19:27 | - | - |
コメント
様々な謎、パックの正体などはどれもこれも予想外で
いちいちへぇ〜ッと唸ってしまったんですけど、楽しい読書でした。
自転車で坂道を降りるシーン、私もほのぼのしてしまいました♪
楽しそうな様子が伝わってくる文章とイラストでしたね!
| エビノート | 2007/08/26 9:04 PM |
ななさん、こんばんは。
ミステリーランドって怖いのが多かったんですけど、
さすが加納さん。
あたたかな楽しいお話でとてもよかったです。
いじめっこの乱暴者って思われてたシンの転校での好転。
個性的な仲間たちが素敵でしたね。
冒険が痛快で一緒に「ちゃちゃちゃちゃ」言ってました(笑)。
| 藍色 | 2007/08/27 4:19 PM |
◇エビノートさんへ

パックの存在、気になってしかたなかったです。
そして赤いワンピースの女の子。
うわーーそうだったのね!!!って。
すごく楽しい読書タイムでした。

◇藍色さんへ

ミステリーランド、読んだことあるのは乙一さんとこれだけです。乙一さんのは挿画が怖かったけど、子供向きの物語だったので、ミステリーランドはこういう路線なのかと思ってました。怖いものもあるんですね。気をつけなきゃ!
シン、乱暴者なのかもしれないけど、引っ越して周りの子供達のいい影響を受けて、成長していましたね。
続編があるといいですね。
| なな | 2007/08/27 8:49 PM |
ななさん こんばんは。
装丁も素敵ですよね。一気に読みました。
私もはじめ『パックって誰??』と、わくわく
しながら読みましたよ〜。
『ちゃちゃちゃ探偵団』のお話も読んでみたいです。
| naru | 2007/08/27 8:51 PM |
naruさん、こんばんは。

赤いワンピースの女の子といいパックといい
その先を読まなきゃ!って思わせる加納さん、さすがです。
「ちゃちゃちゃ探偵団」の活躍する物語読みたいですよね。
気長に待ちましょう!
| なな | 2007/08/27 9:03 PM |
プロローグから、引き込まれるお話でした。
小学生たちが、魅力があって、すばらしかったですね。
自転車で坂道を降りるシーン、私も大好きです。
| | 2007/09/08 6:54 PM |
花さん、こんばんは。

最初からググっと引っ張られました。
生き生きとした小学生達が光ってましたよね。
| なな | 2007/09/08 10:24 PM |
綾辻さんの「びっくり館」は怖かった。大人でも怖すぎ。
法月さんの「グリフィン」は楽しかったよ。
ななさんも、ぜひぜひ。
| しんちゃん | 2007/09/16 5:19 PM |
しんちゃん、こんばんは。
怖いのは苦手なので、法月さんの「グリフィン」いってみようかな。
ミステリーランド、未読の作家さんばかりなんです。
| なな | 2007/09/16 8:45 PM |
こんばんは。
ご無沙汰しております。

子どもらしい、明るくて楽しいお話でした。
冒険って感じでしたね。
森が違う街に戸惑いながらもだんだんとなじんでいくのが良かった。方言も、こうやってうつっていくんだよねえ…

自転車のシーンは本当に気持ち良さそうでうらやましかったです。
| ちきちき | 2007/10/13 11:06 PM |
ちきちきさん、こんにちは。

子供の冒険の物語。さすが加納さんですよね。
読んでいてワクワクしました。
子供って言葉を覚えるの早いんですよね。
読んでいる私もすっかりなんちゃって方言になってました。

| なな | 2007/10/15 3:59 PM |
こんにちは。
素敵な作品でしたよね〜
森がだんだん素直になって、大人になっていく姿が良かったです^^
いい子たちですよね〜。
個人的にはココちゃんが好きだったりします^m^
子ども達の冒険は、読んでいてドキドキしました。
方言もかわいかったですね。
| 苗坊 | 2007/10/28 10:10 AM |
苗坊さん、こんばんは。
子供達がのびのびとしていてすごく良かったですね。
ここちゃんが好きだったのですね。
私は紅一点の綾がよかったなぁって思いました。
方言、かわいらしかったっちゃ。
| なな | 2007/10/29 6:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/877
トラックバック
ぐるぐる猿と歌う鳥 〔加納 朋子〕
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子 講談社 2007-07-26売り上げランキング : 1099Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 転校先の社宅には謎の人物とある事件が! 五年生の春、北九州の社宅へ引越したシン。 東京では嫌われ者だったが、ここはシンを
| まったり読書日記 | 2007/08/26 8:56 PM |
ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子
装画・挿絵は久世早苗。講談社ミステリーランド。 主人公で語り手の高見森(しん)には腕白で乱暴者のレッテルが。五年生進級の春、父親の転勤で東京から北九州市へ。引越し先の社宅の子どもたちとの交友。猿とは?そして鳥とは?
| 粋な提案 | 2007/08/27 4:19 PM |
本「ぐるぐる猿と歌う鳥」
ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子  講談社 ミステリーランド 2007年7月 高見森(シン)は、転勤で九州へ引っ越してきた。やんちゃもののシンであったが、隣のココちゃんと仲良しになり・・・・・・ 第一話「ぐるぐる猿と歌う鳥」シンは、体育館の屋根か
| <花>の本と映画の感想 | 2007/09/08 6:51 PM |
「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子 (2007/07/26)講談社 この商品の詳細を見る 小学五年生の高見森は腕白で、危ないといわれる遊びが大好きだった。そんな森が東京から北九州の社宅へ引っ越してきた。主な登場人物を
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/09/16 5:16 PM |
ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子 (2007/07/26)講談社この商品の詳細を見る <「ちゃちゃちゃちゃ」で謎を解く> この作品は ☆ナナメモ ☆しんちゃんの買い物帳 ☆粋な提案 ☆まったり読書日記 の各ブ
| それでも本を読む | 2007/09/18 11:37 PM |
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
社宅に隠された秘密とは? 5年生に進級する春、森(シン)は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞いても、先生どころか
| ぼちぼち | 2007/10/13 11:07 PM |
ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド) オススメ! 五年生に進級する春、森は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。 わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞い
| 苗坊の読書日記 | 2007/10/28 10:07 AM |