CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「結婚写真」中江有里 | main | アビエイター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ハードボイルドエッグ」荻原浩
ハードボイルド・エッグ
ハードボイルド・エッグ
荻原 浩

フィリップ・マーロウにあこがれ私立探偵になってみたものの、舞い込んでくるのは、ペットを探してくれという依頼ばかり。マーロウを気取った発言や行動もことごとく空回りしてしまう。秘書を雇おうと張り紙を出したら、ダイナマイトボディの美女の写真を偽って送ってきた八十過ぎの小さくて元気で口の悪いお婆さん・片桐綾に居座られてしまう。そんな探偵・最上が殺人事件に巻き込まれていく。

きっかけは飼い主に見捨てられたシベリアンハスキー・チビ。処遇に困り、知り合いの「柴原アニマルホーム」に引き取って貰った翌日、柴原の義父が動物にかみ殺されているのを発見し、最上が連れて行ったチビに容疑がかかった。柴原に頼まれてチビを探し出す最上と綾。そしてどうやら土地がらみで地元のヤクザが関わっているようだ…

主人公が「いかにも」な設定。フィリップ・マーロウに憧れて、真似して夏でもトレンチコートを着て、強くないのにウイスキーをストレートで飲んで胃に穴を開けた経験あり。探偵になったものの、来る依頼はペット探しや浮気調査。どんな時でも「マーロウだったら…」と妄想して、理想と現実の大きな差をちゃんと見ていない。

そんな気が優しくてマヌケな主人公と行動を共にする秘書の綾。80過ぎのおばあさんで車の座席にちょこんと正座。二人の掛け合いがすごく楽しい。ヤクザに捕まった最上を助けに行く綾のシーンなんてニヤニヤしちゃいました。だからラストはちょっと残念。このままコンビを組んで色んな事件を解決して欲しかったなぁ。
| 本:あ行(荻原浩) | 21:36 | comments(14) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - |
コメント
最後、綾さんの正体がわかり、
切ない終わり方だったのが
マイナスでした。
ほんとこのコンビでシリーズ化されたらよかったかもしれません。
最新作でも最上は活躍(?)してますよ〜。
| す〜さん | 2007/08/25 9:28 AM |
す〜さん、こんばんは。
ラスト、切なかったですね。
助手席に正座でちょこんと座る綾。
いつまでもいて欲しかったです。

「サニーサイドエッグ」楽しみです。
新刊の為にこの本読んだのです。
| なな | 2007/08/25 9:59 PM |
こんばんは。ななさん。
最後は、本当に切なかったですよね。
え〜?そうくるの?みたいな・・・
前半の楽しさが吹っ飛んでしまって、少し複雑な気持ちになりました。

その点、新刊は爽快でしたよ。はやく読めるといいですね。
| ゆう | 2007/08/25 10:39 PM |
ななさん、こんばんは。
「サニーサイドエッグ」楽しいですよ。
記事アップしています。
図書館の順番…早くお手元に届きますように。

| 藍色 | 2007/08/26 12:49 AM |
◇ゆうさんへ

ラスト、切なかったです。
綾さんをぎゅっと抱きしめてあげたかった。
そんな気持ちになりました。
新刊、早くくるといいなぁ。

◇藍色さんへ

やっぱり楽しいんですね。
前作から8年経っての続編なんですよね。
図書館の予約、3冊あって3番目です。
もうすぐだ♪
| なな | 2007/08/26 7:32 PM |
こんにちは。「明日の記憶」「神様からひとこと」
が面白かったので、こちらの本も読みました。
個人的にはイグアナやチビの捕獲劇はちょっと退屈でした。
いつ殺人事件になるんだよ、とちょっとイラッときたり。
でも殺人事件が起こってからは面白かったです。
最上と綾婆さんのやり取りが好きだったので
ちょっと残念でした。
私もこのコンビでの続編が読みたかったです。
須藤刑事やゲンさん、Jマスターなど、濃いキャラクターが
次々と出てくるのは荻原ワールドらしいですね。
| | 2007/09/01 5:06 PM |
 個人的にはダイナマイト・ボディの秘書であったくらた方が良かったな〜という気がしなくもないですが。(^^;

 さて、続編はどうなるのか、本日借りてきました。
| higeru | 2007/09/01 10:39 PM |
higeruさん、こんばんは。
>イグアナやチビの捕獲劇はちょっと退屈
確かにそうですよね。
自分でも覚えてなかったんですけど
この本が出た頃に一度読んでいたみたいで
(なのにラストは全く覚えてなかった)
その辺りはサラリと流しました。

ダイナマイト・ボディの秘書に馬鹿にされっぱなしの探偵。
そんな設定も面白そうですね。
続編、私ももうすぐ予約が回ってきそうです。
楽しみですね。
| なな | 2007/09/02 8:44 PM |
こんばんは。はじめまして。

最後の綾さんは残念でしたね。
これで続編にはでてこられないわけだけど、どうなってるのか心配です。
今度こそ、ナイス・ボディーの秘書をみつけられるんでしょうかね。

TBさせていただきました。よろしくです^^
| kbb | 2008/01/22 7:57 PM |
kbbさん、はじめまして。
コメントとTBありがとうございました。
綾さん、残念です。
続編でも助手席に正座していて欲しかった。
次作もなかなか素敵な女性が登場しますよ!
| なな | 2008/01/22 9:44 PM |
おくればせながらぁ (^^ゞ

まったくの勘違いヤロウには負けました(笑

でも、事件にはちょっとせつない気分。
綾ちゃん、すっごく素敵でしたねぇ…
| じゅずじ | 2008/09/15 10:00 PM |
じゅずじさん、こんばんは。
勘違いヤロウなんだけど憎めない。
綾ちゃん、素敵でした。
ずっと秘書でいて欲しかったです。
| なな | 2008/09/16 9:50 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
最上の勘違いっぷりと妄想は面白かったですね。
最初はついていけなかったのですが^^;
綾さんが登場してからはすいすい読めました。
微笑ましい部分もあっただけに、ラストが悲しかったです。
続編も読むのが楽しみです^^
| 苗坊 | 2008/12/13 6:50 PM |
苗坊さん、こんばんは。
最上の勘違い、最初は読んでるほうが恥ずかしくなりますよね。
綾さんが出てきて、最上も少し柔らかくなったというのか
現実に戻ってきたというのか…
ラストは悲しかったです。
| なな | 2008/12/14 9:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/874
トラックバック
萩原浩【ハードボイルド・エッグ】
小説に登場する探偵たちはカッコいい。美人の秘書を従え、警察がお手上げの難事件を見事に解決する。ルックス的には弱いと思われる金田一耕助でさえ、「金田一先生」と呼ばれて尊敬される。 しかし現実の探偵が殺人事件の捜査に
| ぱんどらの本箱 | 2007/08/25 7:14 AM |
ハードボイルド・エッグ    〜荻原 浩〜
直木賞候補にも挙がっている荻原浩の旧作。 フィリップ・マーロウに憧れて探偵家業を始めた『私』 蓋を開けてみると 動物探しと浮気調査の日々。 そんな中、秘書を雇おうと張り紙をすると、 ダイナマイトボディの若い
| My Favorite Books | 2007/08/25 9:26 AM |
ハードボイルド・エッグ 荻原浩
探偵業を営む俊平。けれど、捜索を依頼されるのは動物ばかり・・・。 そんな折、秘書を募集、やってきたのは何と80歳を過ぎたお婆さんだった・・・。 この奇妙なコンビが、動物の捜索をしている最中に、殺人事件に遭遇するコメディを絡めたミステリー。 主人公の勘
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/08/25 10:37 PM |
【荻原浩】ハードボイルド・エッグ
 新刊の『サニーサイドエッグ』をタイミングよく予約でき、すぐに借りられそうな状況だったのだが、ひょっとしてこのタイトルは…と思ったら案の定、未読本の続編ということで、慌ててブックオフで購入。 講談社文庫 2003/3/15 第 1 刷発行  この本は、まだ荻原
| higeruの大活字読書録 | 2007/09/01 5:21 PM |
ハードボイルド・エッグ/荻原浩
読書期間:2007/10/2〜2007/10/5 フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損をする道を選ぶことに決めた「私」と、ダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻き込まれた殺人事件。タフさと優しさを秘めたハードボイルド小説の傑作。【読むときの注意】
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/10/06 1:59 PM |
ハードボイルド・エッグ-荻原浩
「ハードボイルド・エッグ 荻原浩 こんばんは。みなさんの今の自分は昔想像していた自分と一緒ですかー?難しいですよね。そういう違いを受け入れるのが大人になるってことなんでしょうかね。 そんな探偵さんが主役の物語が「ハードボイルド・エッグ」です。MOWさん
| あれやこれや | 2008/01/22 7:55 PM |
『ハードボイルド・エッグ』 荻原浩
『ハードボイルド・エッグ』著:荻原浩フィリップ・マーロウに憧れ、探偵業を営む主人公。しかし、舞い込む依頼は動物探しばかり。仕事が冴えないのは、ベッドの中でも優秀な、ダイナマイト・ボディの秘書がいないからだと、募集したところ、やって来たのは…。チャンド
| *モナミ* | 2008/03/23 1:29 PM |
【ハードボイルド・エッグ】 荻原浩 著
バーボンとソーダ、そして洒落た会話。       これこそ、ハードボイルドの真髄…[:!?:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損
| じゅずじの旦那 | 2008/09/15 9:51 PM |
ハードボイルド・エッグ 荻原浩
ハードボイルド・エッグ (双葉文庫) フィリップ・マーロウに憧れ、マーロウのようにいつも他人より損をする道を選ぶことに決めた「私」と、ダイナマイト・ボディ(?)の秘書が巻き込まれた殺人事件。 タフさと優しさを秘めたハードボイルド小説の傑作。 久しぶり
| 苗坊の読書日記 | 2008/12/13 6:47 PM |
荻原浩『ハードボイルド・エッグ』
ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)荻原 浩双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『ハードボイルド・エッグ』を紹介します。主人公は、ハードボイルドを気取っているが、ハードボイルドになりきれていない最上とダイナマイド・ボディ(?)の秘書である老婆の片
| itchy1976の日記 | 2009/11/20 11:28 PM |