CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「小袖日記」柴田よしき | main | 「夜の鳥」トールモー・ハウゲン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ワーキング・ホリデー」坂木司
ワーキング・ホリデー
坂木 司

元ヤンキーで現在はホストとして働いている沖田大和。ある夏の日、店に来た見知らぬ小学生の男の子が一言「初めまして、お父さん」と言う。その子小学5年生の進。母親は神保由希子だと聞かされて、心当たりがないわけじゃない大和。家を出てきたという進と夏休みを過ごすことになった大和。「夜の仕事は子供の教育上よくない」と言うホストクラブのオーナー・ジャスミンの判断により、ホストから宅配便業に転職させられた大和。大和と進の夏が始まる。

装丁がすごく凝ってます。ダンボール箱が書いてある表紙。ガムテープの部分だけ質感が違う。開くと内側はダンボール色の紙でスピンもダンボール色。

坂木さの描く物語って本当に優しい。正義感に溢れ、義理人情に篤いが喧嘩っぱやくっていい加減な父・大和に対し、母子家庭で育ったためか家事が得意。ゴミの分別なんかもきちんとする小学生の進。小姑のように口うるさく生活指導する進に時々イライラさせられる大和だけど、家に帰ると電気がついていて「おかえりなさい」の声。温かい夕飯が待っているという生活に次第に「いいもんだな」と思うようになっていく。進はしっかり者なんだけど、そこはやっぱり小学校5年生。近所に出来た友達との間で色々あったり、子供らしく傷ついたりします。そこを大和や、大和が気がつかない部分を周りの大人たちが優しくフォローするのです。
出てくる人たちのキャラがいい。「永遠の王子さま」キャラの売れっ子ホスト・雪也。ホスト・クラブの常連で、金持ちの娘でありながら、親や家庭の温かさに飢えたナナ。酸いも甘いも噛みわけた、ホスト・クラブのオーナー、おかまのジャスミン。宅配会社の上司や同僚たちなど出てくる人たちがみんないい。優しくて、温かで…あっこれって坂木さんの本を読んだ時にいつも思うことだわ。

だんだんと父親としての自覚を持つ大和。夏休みがもうすぐ終わってしまうという5章は胸にグッとくるものがありました。母親・由希子とのこれからが楽しみな終わり方。続きがあるといいな。
| 本:さ行(坂木司) | 20:33 | comments(16) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | - |
コメント
進が一番ツボ突かれました。
大人でいよいうとする一面と
子供っぽさが残る一面と
読んでいて一番辛いのはこの子なんだろうな〜と。
でも全体的に湿っぽくなりすぎずに
続編を期待できるような終わり方だったので
ぜひちょっとは成長した進と大和を見てみたいですね。
| す〜さん | 2007/08/12 9:10 PM |
本当優しい物語だったですね。
進が可愛くて、可愛くて。
ちょっと試したいごはんなんかも出てきました。

続編、読みたいですよね!!
| ちきちき | 2007/08/12 10:00 PM |
◇す〜さんへ

大和の事を心配して一生懸命の進、いじらしかったです。
そして大和も少しずつ親としての愛情が芽生え
だけどそれを否定しようとする。
すごく素敵な物語でした。

◇ちきちきさんへ

進、かわいらしかったです。
進のような息子が欲しいです。料理作って欲しい。
続編、期待して待ちましょう!
| なな | 2007/08/13 8:40 PM |
坂木さんの物語の優しさ、あったかさが詰まった作品でしたね。
とっても素敵な親子の物語でした。
そして、進くんの作る料理に食欲をそそられました。
坂木さんの物語に登場する料理ってどれも美味しそうなんですよね〜。
私も続編を大いに期待してます!!
| エビノート | 2007/08/13 10:18 PM |
ななさん、こんばんは。
正義感あふれる大和と小姑な進、
二人の絆が次第に確かにつながっていく感じがとても気持ちよい作品でした。
進の作る料理、好評ですね。
表紙にまで凝ってた坂木さんですから、いっそ、レシピ集を作ってほしいですよね〜。
そしてそれを息子さんたちに読ませて作ってもらう、と(妄想発進!笑)。
| 藍色 | 2007/08/14 2:40 AM |
◇エビノートさんへ

坂木さんの描く物語も、優しい人たちで一杯で
読んだ後、ほんわか幸せになりますよね。
そして坂木さんの本にはいつも美味しそうな食べ物が一杯。
今回作ってるのが小学校5年生ですからね…
頑張らねば!です。

◇藍色さんへ

存在を知らなくてもやっぱり親子。
少しずつ絆を深めていく姿が良かったです。
坂木さんの物語に出てくる料理のレシピ集。
それ、いいかもです。
息子達には料理上手になって欲しいんですよね。
目標、中学卒業までに10のレパートリーです。
| なな | 2007/08/14 6:12 PM |
ななさん、こんにちは。
中学卒業までに10のレパートリーが目標なのですね。
料理ができたら、女の子に喜ばれる(ことがきっとある)よ、
って言い添えておけば、たぶん取り組みやすいかも。
これでななさんも、モテモテ男塾講師に!?(笑)。
| 藍色 | 2007/08/21 11:59 AM |
藍色さん、こんばんは。
先週末、「中学卒業までに料理のレパートリーを10個…」と言ったら、夫に「そうやって主婦をサボるつもりでしょ」と私のたくらみをあっさりと見破られました。
「ううん。もてる男になるためによ」って言い返したかった…ぐっすん。
| なな | 2007/08/21 9:11 PM |
めずらしく単行本を買ったので、書店カバーを付けたままでした。
だからついさっきに表紙の画像を見て、凝りように驚きました。
遅っ!

同じく続編希望です〜。
| しんちゃん | 2007/09/04 6:03 PM |
しんちゃん、こんばんは。
私はいつものように図書館本だったので
表紙の上にピッタリビニールカバーがかかってましたけど
それでも凝っているのはよくわかりました。
続編、きっと出ますとも!
| なな | 2007/09/04 10:20 PM |
ななさんと同じく図書館本でしたが、ここで読むまでその凝りように気づいてませんでした。ななさん、鋭い!!細かいところまで凝ってるなんて憎い演出ですね〜^^
坂木さんの本の中でも一番好きかもしれません。とても楽しい読書時間でした。そしてわたしも続編希望です!!
| まみみ | 2007/09/06 10:09 AM |
まみみさん、こんばんは。

おぉ!本の凝った作りを説明しておいてよかった。
書いた後、読み返してみて意味が通じるのか不安でした。
自分の文章力のなさが情けなくて、消去しようかと思ってたんですけど、しなくて正解だったのだ。
私もクリーニング屋の物語は読んでいないんですが
今まで読んだ中ではベストかもしれないです。
| なな | 2007/09/06 10:05 PM |
こんばんわ^^
本当に素敵な話でした。坂木さんの作品は本当にあったかいですよね。
だんだん父親っぽくなっていく大和はかっこよかったですし、周りの人たちの優しさもとても伝わってきました。
2人の次に好きなのはナナちゃんでしたね。
思いっきり甘やかせてあげたい!って思いました^^
| 苗坊 | 2007/10/13 9:16 PM |
苗坊さん、おはようございます。
坂木さんの物語、本当にあたたかですよね。
読んだ後幸せな気持ちになれる。
ナナちゃん!
お金持ちの甘やかされたお嬢さんなのかと思ったら
なんだかすごくかわいそうで…
甘やかしてあげたいですね。
| なな | 2007/10/15 9:47 AM |
大和と進がだんだんと親子になっていく過程が
とても素敵にかかれていて一気読みしてしまいました。

笑いあり、涙ありの一冊だと思います。
ラストは温かくもあり切なくもあって
続編を是非読みたいと思いました。
この作家さんに、はまりそうな予感です。
| ゆき | 2007/12/17 8:09 PM |
ゆきさん、こんばんは。
まさか自分に子供がいるなんて!って驚く大和と
お母さんと二人暮らしでしっかりしているように見える進。
二人が少しずつ親子になっていく姿、すごく良かったですよね。
夏休みがいつまでも続けばいいのにって真剣に思ってました。
続編、出るといいですね。
| なな | 2007/12/18 12:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/861
トラックバック
ワーキング・ホリデー   〜坂木 司〜
元ヤンキーで今はホストの大和の元へ 息子と名乗る小学生がやってきた。 その息子とのひと夏の親子の物語。 小学生の進が妙に味がある。 小学生のくせに、 家事全般に口うるさい。 ごみは分別して出せ、だの 食費は切
| My Favorite Books | 2007/08/12 9:08 PM |
ワーキング・ホリデー
息子と過ごすために、ホストから「ハチさん便」ドライバーへ。正義感の強い元ヤンキー父とおばちゃん臭い少年のハートフルな物語 夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに、突然、息子と名乗る小学五年生の進がやってきた! 息子の教育上ホストは
| ぼちぼち | 2007/08/12 10:00 PM |
ワーキング・ホリデー 〔坂木 司〕
ワーキング・ホリデー坂木 司 文藝春秋 2007-06売り上げランキング : 21074おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 元ヤン・ホストが宅配便(特別仕様車)ドライバーに転身!? 血気さかんな若者と所帯じみた小学生、親子と仕事と仲間によるひと夏の
| まったり読書日記 | 2007/08/13 10:06 PM |
ワーキング・ホリデー 坂木司
ワーキング・ホリデー 装幀はtheGARDEN石川絢士。初出「別冊文藝春秋」2006年7月号〜2007年5月号。 主人公で語り手の俺:ヤマト(沖田大和)は元ヤンキーの売れないホスト。訪ねてきたのは息子と名乗る小学五年生の進(
| 粋な提案 | 2007/08/14 2:41 AM |
「ワーキング・ホリデー」坂木司
ワーキング・ホリデー坂木 司 (2007/06)文藝春秋 この商品の詳細を見る うわっ!こんな表紙やったのか。書店のカバーを付けたままやったので、今まで知らんかった。 ホストクラブ「ジャスミン」で接客中の沖田大和の元へ訪問
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/09/04 5:59 PM |
「ワーキング・ホリデー」 坂木司
ワーキング・ホリデー坂木 司 文藝春秋 2007-06売り上げランキング : 10602Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 「初めまして、お父さん」 親子の夏が始まった−。息子と過ごすために、ホストから「ハチさん便」ドライバーへ。正義感の強い元ヤンキー父と、おば
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/09/06 10:05 AM |
「ワーキング・ホリデー」坂木司 を読んで
ワーキング・ホリデー (文藝春秋)坂木 司 読んでて、とっても気持ちの良くなる爽やかな小説でした。 読み終わったあとの、何とも言えない爽快感が、良い。 夏休みに見る映画にも似た、こういう感じの気持ちよさ、大好きです。 内容紹介 夏のある日、ホストクラブで働く
| そういうのがいいな、わたしは。 | 2007/09/29 12:21 AM |
ワーキング・ホリデー 坂木司
ワーキング・ホリデー オススメ! ホストクラブに突然やってきた少年進は、元ヤンのホスト、ヤマトのことを「お父さん」と呼んだ。 全く見に覚えのなかったヤマトだったが、進の母親の名前を聞き、自分の子どもの可能性が出てきた。 その後、ヤマトは進と暮らし始め
| 苗坊の読書日記 | 2007/10/13 9:05 PM |
「ワーキング・ホリデー」坂木司
「ワーキング・ホリデー」坂木司(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編集、連作、宅配便、ホスト、親子 ※あらすじあり、未読者は注意願います。 心がほっとあたたまるようなハート・ウォーミングな、日常の謎系ミステリー作品を書いてきた作家、坂
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/12/02 9:40 AM |
ワーキング・ホリデー
**************************************************************** 夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに 突然、息子と名乗る小学五年生の進がやってきた! 息子の 教育上ホストはよろしくない、と大和は昼間の仕事である 宅配便のドライバーへ転
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/12/17 8:06 PM |
ワーキング・ホリデー 坂木司
ワーキング・ホリデー この本は気楽に♪気ままに♪のんびりと♪のゆきさん、まったり読書日記のエビノートさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 良かった!やっぱ坂木司さん好きかも。 なんともいえない軽くて、でも少ししっと
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2008/01/02 4:33 PM |
「ワーキング・ホリデー」坂木司
お久しぶりです。 更新停滞してましたが、その間に下記の作品を除いて2冊読了、映画5本見ました。 追々更新していきたいと思います。 初めて読む作家さんですが、面白かった! ヤンキーホストが宅配便に転職&いきなりの息子の訪問(初対面)というストーリ
| BOOKCASE | 2008/04/17 6:18 PM |