CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ロック母」角田光代 | main | 「小袖日記」柴田よしき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ストロベリーショートケークス
ストロベリーショートケイクス
ストロベリーショートケイクス

製作年度 2006年
上映時間 127分
監督 矢崎仁司
出演 池脇千鶴 、中越典子 、中村優子 、岩瀬塔子 、加瀬亮 、安藤政信

デリヘル店の電話番として働く里子(池脇千鶴)は、恋の訪れを待ちわびる毎日を送っていた。そんな里子が憧れるデリヘル嬢の秋代(中村優子)は、同級生の菊地(安藤政信)に思いを寄せながらも恋心を伝えられないでいた。一方、同居している結婚願望の強いOLのちひろ(中越典子)と拒食症のイラストレーターの塔子(岩瀬塔子)もそれぞれ日々に悩んでいて…。
「酔って言いたい夜もある」で角田さん対談していた魚喃キリコさん。あけっぴろげな性格っぽい魚喃さんの描く漫画「ストロベリーショートケイクス」が気になっていたんです。が、漫画喫茶においてない。それでDVDを借りてみました。

痛い…なんだか物凄く痛々しい映画でした。

パジャマ姿で彼氏にすがるも彼が立ち去ってしまい、それでもまだ「恋がしたい…」と拾った石にお願いをする里子。セクシーな格好でデリヘル嬢をやりながら、専門学校時代の友達・菊池に片想い。「実家から野菜を送ってきたから」と言ってスーパーでトマトを買い、菊池に渡す。結婚願望が強いOL。お弁当攻撃や家の前での待ち伏せ。電話しても出てくれない彼に「ちゃんと想い出にしたいから、きっちりと言って欲しい」と言うちひろ。食べては吐きを繰り返し、同居するちひろの日記を盗み見しながらオナニーする塔子。4人それぞれがリアル。


秋代の菊池に対する一途な想いが一番切なかったな。一緒に飲んだ帰り道、後姿の菊池をずっと見つめる秋代。採れたてトマトを菊池の家に持っていくけど、彼女と菊池が仲良くしてるところを目撃してしまう。菊池の家で家飲みしていて「一回しよ!」と誘う。そして次の日の朝「ごめん」って言う菊池に明るく「飲みすぎちゃったね」って言う。デリヘル嬢なのに「菊池が触れた体には触らせない」と客を殴っちゃう。もう、本当に切ない片想い。

イラストレーターの塔子は魚喃キリコさんご本人だそうです。創作活動をする塔子がはいてるダボダボのズボン。腰ではいてるので下に黒いソングが見えるんです。それがかっこよかった。
| 見る(邦画) | 22:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |
コメント
魚喃キリコさんの作品って、結構痛々しいのが多いんです。「酔って〜」のイメージで接するととまどうところがあるかもしれませんね。
そんな魚喃作品の中でも安心して笑える作品が「ハルチン」なんですけど…ああ、ななさんにわたしの持ってるのを貸してさしあげたい!きっと満足してもらえると思うんですけど。
| まみみ | 2007/08/15 7:03 PM |
まみみさん、こんにちは。
魚喃さんの作品、痛々しいんですね。
この映画も痛々しい女の子ばっかりでした。
「酔って…」でも男の人との付き合い方が自虐的でしたよね。
漫画、読みたいです。近所に2件ある漫画喫茶。
どちらにもおいてないんです。
関西に住んでいたらよかったなぁ。
| なな | 2007/08/19 1:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック