CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ダイハード4.0 | main | 「ラストプレゼント」秦建日子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「明日この手を放しても」桂望実
明日この手を放しても
桂 望実

大学2年生の時に原因不明の病気で突然目が見えなくなってしまった凛子と二つ年上の兄の物語。

凛子は大学2年の時に失明します。そしてその半年後、家の太陽だった母親が交通事故でなくなります。漫画を描く以外に何も才能がない父と2歳上で何事にもいい加減な兄との生活。部屋に引きこもってばかりもいられなくなり、ボランティアの人の力を借りて杖で外を歩く練習をする。そんなところから物語が始まります。

あまりにも悲惨な21歳の凛子。大丈夫なんだろうか?と心配になっりました。何もしていない凛子に編集者の西尾が父親の漫画の原作を手がけないかと提案してきました。物語は凛子と同じように失明した女の子。仕事が順調になり、西尾一人の手に追えなくなってきたので兄・真司にも手伝いをお願いすることにした。そんな矢先、父親が散歩に行ったまま戻りません。

兄の真司は子どもの頃から何でも人のせいにして、癇癪おこしてばかり。ディベロッパーを目指し入社した会社で出向となり、ウエディングプランナーとして働きながら、漫画のアシスタントも勤める。

2年から3年おきの物語を二人が交互に語ります。一緒に作り上げていく漫画の物語。信頼していた西尾の裏切り、父のかわりに漫画を描いてくれていた漫画家との別れ。身元不明の死体が父親かどうかの確認。兄の恋愛そして失恋など、色々な苦難を乗り越えていく二人。
最初は凛子の視点で、サイテーの兄と思っていた真司ですが、少しずつ凛子との生活にもなれ、いつの間にか兄を頼りにしている凛子。すぐに爆発する真司の怒りも、凛子のためを思っての怒りだったり、その怒りは前進する為のエネルギーだったり。

盲導犬の訓練合宿に行ったものの「合う犬はいない」と言われて帰ってきた凛子を笑う真司。そのシーンがすごく好きで、いいなぁって思ってたら、頭の中に浮かぶ物語が。靴屋のおじいさんと母親をなくした兄弟の兄でした。誰の物語だろうって思ったら桂さんのでした。一生懸命頑張る姿、辛いんだけどそれでも笑える事っていうのはあるというのが同じだなって思いました。そう、辛い事があっても人間笑えるものなんです。がんばろ!
| 本:か行(桂望実) | 23:41 | comments(12) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |
コメント
ななさんこんにちは。

美しいだけじゃないリアルな兄妹の家族愛を感じました。
桂さんの本は読むと気持ちが前向きになれます。




| たまま | 2007/07/31 8:51 AM |
たままさん、おはようございます。

お互い相手の事を全然想っていないように見えた兄と妹。
少しずつ助け合って理解しあって。
やっぱり家族なんだなって思いますね。

桂さんの本読むと「よし、がんばろう」って思いますね。
| なな | 2007/08/01 7:51 AM |
そうなんですよね。
辛いことがあっても
笑えることはある。
笑える日々を過ごせるように
頑張らなくちゃ、と思わせてくれましたね。

しかし、父親は・・・いったい・・・。
| す〜さん | 2007/08/01 8:29 PM |
最初はしょうもない兄貴だなぁと思ってたんですが、
読み進むごとに愛着が湧いてきましたよね。
怒りをパワーに前進しようとするって、
私もそんな風に前進しなくちゃなぁ〜と思わされました。
(怒りすぎには注意ですが 笑)
| エビノート | 2007/08/01 8:37 PM |
ななさん、こんばんは。
兄妹両方の視点からつづられていて、互いの気持ちの変化が伝わってきましたね。
私は一人っ子なので、その辺はよくわかりにくかったかもです。
最後の一行、「なんたって、俺が一番びっくりしてんだ。」に微笑ましくなりました。
| 藍色 | 2007/08/02 12:53 AM |
◇す〜さんへ

桂さんの物語って元気をもらえますよね。
明日もがんばろ!そんな気持ちになりました。

◇エビノートさんへ

怒りを前に進むエネルギーにするお兄さん。
そして怒ってる兄を見て元気になる妹。
すごくいいコンビでした。
考えてみたら、私も怒った後には
部屋を綺麗に掃除してたりします。
これも前向きかな?(笑)

◇藍色さんへ

視点が変わり、年もとって行き…
二人の変化がすごくよかったですね。
私には弟がいますが、こんなに相手を見ている兄弟はまれじゃないかと思います。
一人立ちしようとしてる妹に驚く兄。
この先の二人が気になりますね。
| なな | 2007/08/02 8:32 PM |
こんばんは。
兄妹の距離感が良かったです。やっぱり家族。

私はなんとなく妹に共感しにくかったので、兄視点で読んでましたが、やっぱり凛子の境遇ってかなりきついですよね…
良いお兄ちゃんがいてよかったね、って感じです。

それにしても本当おとーさんは何してんだか…
| ちきちき | 2007/08/11 8:56 PM |
ちきちきさん、こんばんは。

兄と妹、冷たいようでやっぱりちゃんと相手を思いやってましたね。
凛子の境遇、悲惨です。ここまで落とさなくてもいいのに、桂さんって思いましたよ。

身内に行方がわからなくなった人って
ああやって身元不明者が発見されて
背格好が似ていたりすると
ああやって確認しにいくものなんでしょうかね?
お父さんにはどこかで漫画を描いていて欲しいです。
| なな | 2007/08/11 10:17 PM |
編集者の西尾のことがずっと許せないよ。信じてたのに…!
| ゆうき | 2007/10/11 4:57 PM |
ゆうき、たしかにあの裏切りはないよね。
だけどそんな事があったから兄と妹は近づけたんだろうね。
| なな | 2007/10/11 8:50 PM |
自分の代わりに怒ってくれる兄っていいですね。
兄弟愛を描いた素敵なお話でした。
つらいことがあっても笑える。
そうやって、つらいことも乗り越えられるんだと、元気をもらった気がします。
| | 2007/11/17 2:33 PM |
花さん、こんばんは。
読んでいるうちにお兄さんの印象がすごくかわってくる
(お兄さん自身が変わってくるんですかね?)物語でした。
桂さんの物語って毎回「辛い中にも楽しい事はあるんだ」って教えてくれるような気がして好きです。
| なな | 2007/11/18 8:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/848
トラックバック
明日この手を放しても 〔桂 望実〕
明日この手を放しても桂 望実 新潮社 2007-06売り上げランキング : 133860Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 19歳で途中失明して夢を失った凛子。 向日葵のようだった母の死に続き、寡黙だけど優しい漫画家の父までいきなり「消えて」しまった。 残ったの
| まったり読書日記 | 2007/08/01 8:27 PM |
明日この手を放しても   〜桂 望実〜
19歳で失明した凛子。 その後すぐに母を交通事故で亡くしてしまう。 しばらくすると漫画家の父親までもが失踪してしまった。 残されたのは気の合わない兄、真司のみ。 そしてその日から兄妹二人の生活が始まった。
| My Favorite Books | 2007/08/01 8:27 PM |
明日この手を放しても 桂望実
明日この手を放しても 装画は菅野裕美。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 19歳で途中失明して夢を失った篠田凛子。向日葵のようだった母を交通事故で亡くして半年(1995年、21歳)。持ち前の潔癖症から行動を。寡黙だ
| 粋な提案 | 2007/08/02 12:53 AM |
明日この手を放しても
恋人でも友達でも親でもないけど、でも、やっぱりすごく大事な人……。 こんなのと血が繋がってるなんて、最悪!――十九歳で途中失明して夢を失った「可愛く」ない妹・凜子と、短気な上に自分勝手で「文句ばっかり」の兄・真司。漫画家の父親がいきなり失踪した日か
| ぼちぼち | 2007/08/11 8:57 PM |
明日この手を放しても/桂望実
読書期間:2007/8/12〜2007/8/13 19歳で途中失明して夢を失った「可愛く」ない凛子と、自分勝手で「文句ばっかり」の真司。一番近くにいても誰より遠い兄妹の未来に待っているのは…。家族の愛がぎっしり詰まったハートフルな長編小説。
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/08/14 11:49 AM |
「明日この手を放しても」 桂望実
明日この手を放しても桂 望実 (2007/06)新潮社 この商品の詳細を見る 19歳で失明した凛子。向日葵のようだった母の死に続き、寡黙だけど優しい漫画家の父までいきなり消えてしまった。残ったのは、自分のことに精一杯で気
| 読書日和 | 2007/09/18 6:45 PM |
明日この手を放しても
  『明日この手を放しても』 桂望実 2007年 253頁 『県庁の星』の作者ですね。    凛子と真司の11年間を交互の視点で描く形式。 内容書いちゃいますけれど、もう!不幸・不幸・不幸の連続。 突然の病気で凛子が全盲になり、 突然の交通事故で母が轢
| わすれるまえに | 2007/10/11 3:24 PM |
本「明日この手を放しても」
明日この手を放しても 桂望実 新潮社 2007年6月 ? 篠田家には、明るい母と感情起伏の激しい兄真司と無口な父がいたので、凛子はクールな役割を果たしていた。凛子は、大学2年生の時、原因不明の病気で失明。半年後、世話をやいてくれていた母が亡くな
| <花>の本と映画の感想 | 2007/11/17 2:29 PM |