CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ラストプレゼント」秦建日子 | main | パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ぽろぽろドール」豊島ミホ
ぽろぽろドール
ぽろぽろドール
豊島 ミホ

人形にまつわる6つの短編。

人形愛!うーん。人間の形をしているけど、感情もなければ言葉も喋らない、ずっとそのままの状態でいる人形に対してもつ密やかな気持ち。傍からみたらちょっと気持ち悪いです。そして物語の中にも出てきていたけど、誰かがかわいがっていた人形ってなんとなく「念」がこめられていそうでちょっと怖い。そんな気持ち悪さと怖さ、そして相手が人形だからこその隠微な感じがすごく上手く表現されていて、グイグイ読んじゃいました。

それにしても豊島さんの描く人たちって特徴あります。痛いというのでしょうか。自分は世間の主役じゃないって言うのを事あるごとに認識して、自分の心の中にナイフで傷をつけていくというのか。孤独感がひしひしと伝わってきます。
「ぽろぽろドール」
鎌倉に住むおばさま。一人でおばさまの家に泊まったとき見せてもらった男の子の人形。「秘密にしてね、かすみちゃん」と言ったおばさま。そして私は人形を譲り受けた。

「手のひらの中のやわらかな星」
過疎の村から街の高校に入学した私が一番びっくりしたのは女の子のきれいさだった。ひときわ目を引いた女の子と仲良くなりたいと思ったが、彼女は私を拒んだ。自分の醜さを知った私は父親が持ち帰ったlicoという人形を綺麗にする事に夢中になった。

「めざめる五月」
家の建て替えの為、2ヶ月間だけ祖父母の家で暮らすことになった私。2ヶ月限定の転校生に当たり障りなく接するクラスメイト。物足りなさを感じていた時、声をかけてくれたのは隣のクラスの男・坪内君だった。「見せたいものがある」と家に誘われた。

「サナギのままで」
母が下女をしていた製糸工場で学校が終わった後に遊んだ跡継ぎの坊ちゃんとのマユ蔵での想い出。戦争に行く坊ちゃんにかけてしまったひどい言葉。終戦後、無気力だった私は東京に出てマネキンの原型を作る工場で働き始めた。

「きみのいない夜には」
自分がなくなっちゃうような運命が欲しい。子どもの頃友達の人形を盗んでから、そう思っている佑子。大学生になり彼氏と同棲している佑子はネットオークションでlicoシリーズの人形を手に入れる。一緒に入っていた人形・沙羅子あての手紙。

「僕が人形と眠るまで」
14歳で交通事故にあったとき、僕が思ったのは「あっ、僕の整った顔が」だった。容姿が全くかわってしまった僕に付き合っていた清乃を初め周りは以前と同じように付き合ってくれていた。地元で高校までを無難に過ごした僕は東京の大学に行くことにした。
| 本:た行(豊島ミホ) | 19:50 | comments(21) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 19:50 | - | - |
コメント
人形への愛情ってよく分からないなぁとは思ったんですけど、登場人物たちの悲しみや孤独感が伝わってくる内容でした。
世間一般からは受け入れられないことを認識した上で、人形へ愛情を注いでいる姿が余計に痛々しいんですよね。
堂々と自分の世界に浸れれば、彼らももっと楽に生きられるんだろうなぁと、そんなことを考えてしまいました。
| エビノート | 2007/08/01 10:57 PM |
エビノートさん、こんばんは。

大人になってからの人形への愛情ってわからないですね。
自分の代わり、誰かの代わり…
だから世間からは受け入れられないのかもしれないですね。
登場人物、痛々しかったですね。
男の人は特に…


| なな | 2007/08/02 8:21 PM |
痛々しい感じとエッチな感じが共存してて、一つ間違えれば嫌悪感しか残らないような作品でしたよね。
でも、一つ一つの描写がとても素晴らしかったですね。
| ゆう | 2007/08/03 10:00 PM |
ななさん、こんばんは。
大好きな豊島さんのはずなのに、気持ち悪さと怖さがあって…。
でも怖いもの見たさで読めました。
自分を傷つけていく登場人物たち。
感情移入できにくくても吸い寄せられるみたいでした。

トラバ、未到着でした。
お手数ですが、再トラバしてくださいますか?。
| 藍色 | 2007/08/04 5:24 PM |
◇ゆうさんへ

私にとって豊島さんの書く世界って全く共感できなくて
だけど、それだからこそ興味深く読めるのです。
今回もその通りでした。
でも、好きなんですよね。

◇藍色さんへ

登場人物たち、痛々しいですよね。
もっと気楽に何も考えずに過ごしたらいいのにって
何度も思いました。
TBもう一度させていただきます。
| なな | 2007/08/04 9:16 PM |
好きすぎてテンションが上がりまくりです。
たぶん少数派でしょう(笑)
だからいつもの倍以上、ぐだぐだと書いてしまいました。

この作品が文庫化したら、絶対買おう!
| しんちゃん | 2007/08/10 5:30 PM |
しんちゃん、こんばんは。
「好きすぎてテンション上がりまくり」
それはそれは…
どこのところが「好き」なのか興味津々です。
| なな | 2007/08/10 11:12 PM |
こんばんは。
なんだか独特な世界観でした。

本当、大人になってからは人形への愛情ってちょっと良くわからない…
子供のころはちょっとあった気もするんだけど。
それはホラー!と感じるところもありましたが、なんだか寂しいお話が多かったように思いました。
| ちきちき | 2007/08/20 10:36 PM |
ちきちきさん、こんばんは。

「お人形を愛でる」って大人になると
あんまり大きな声で言えない事が多いのかもしれないですね。
寂しい人たちばかりでした。
| なな | 2007/08/20 11:02 PM |
ななさん、こんにちは!
初豊島作品でした。
とても官能的で、幻想的で美しくすら感じました〜。
人形愛って密やかさがあって、そこにまた人の入り込めない独自の世界が展開されるのですよね。
そんなところにエロチックさも感じられて、豊島さんの世界観はすごいなぁ、なんてしみじみ感じていました。
ふふふ、ほんのちょびっと人形愛のことがわかる私にはうっとりな作品でした♪
| リサ | 2007/08/24 2:37 PM |
リサさん、こんばんは。
官能的でしたね。
女らしいと言うのか、まるでひだが一杯ついたビロードのドレスって感じです。私はストンとした麻のワンピースな性格なので(どんなだ!)見知らぬ世界に呆然…でした。
人形に対する愛情ってとても個人的なものですよね。
人には絶対に知られたくない。そんな世界。
| なな | 2007/08/24 10:06 PM |
人形愛に、私も気持ち悪いと感じました。
でも、孤独感は、痛いほど伝わってきましたね。
| | 2007/09/02 12:55 PM |
花さん、おはようございます。
人形愛「誰にも言えない」っていうひそひそ感が
孤独感をさらに強めているのかもしれないですね。
| なな | 2007/09/03 9:02 AM |
作中に、いくつかのlicoって人形が出てきてましたよね。これって実在するのかなぁ…とそこが結構気になってました。お人形遊びからは卒業しましたが、大人になってもハマってしまう気持ちもわからないわけではなくて、でも共感もできなくて…と気持ちがとてもざわざわした読書でした。
| まみみ | 2007/09/27 10:26 PM |
まみみさん、こんばんは。
お人形遊び、子どもの頃よくやりましたよね。
りかちゃん人形の洋服を母親に作ってもらうのが
楽しみで、楽しみで…
Lico、私は勝手にブログなどでよく見かける
目の大きな女の子の人形をイメージしてました。
| なな | 2007/09/29 11:32 PM |
小説中に出てくる“lico”っていう人形がどんななのか知りたくて、ネットで検索しちゃったら、人形愛の人は世の中にたくさんいるね。
深くてちょっと怖いけど、覗いて見るだけなら面白そう。
| ゆうき | 2007/10/15 1:21 PM |
ゆうき、licoって人形あるの?
人形でもなんでも、のめりこんじゃうのは怖いよね。
| なな | 2007/10/15 4:28 PM |
ゆうきさんのブログにも同じコメントをしましたが、licoはでこぽんさんが愛でているセキグチのmomokoを意識しました[ http://www.momokodoll.com/ ]
この作品は残念ながら男の子が近づいちゃいけない作品でした。
| すの | 2007/11/11 9:08 PM |
すのさん、この人形は初めて見ました。
人形の世界も奥が深いですね。
人形を愛でる気持ち、女の私でも理解できません…
| なな | 2007/11/12 11:32 PM |
ななさん、こんばんは♪
TBさせていただきました。

そうですね、孤独感がひしひし伝わってくる人たちが主役ですよね。

豊島作品自体女性向だと思いますが、本作は特にそれを強く感じました。
思わず“黒豊島作品”っていう表現を使いましたよ(笑)
| トラキチ | 2009/02/06 9:38 PM |
トラキチさん、おはようございます。

「黒豊島」確かにそうですね。
学生生活を書いた物もいいですが
この手のもうまいなって思います。
| なな | 2009/02/08 8:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/847
トラックバック
ぽろぽろドール 〔豊島 ミホ〕
ぽろぽろドール豊島 ミホ 幻冬舎 2007-06売り上げランキング : 86378Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語。 (BOOKデータベースより)
| まったり読書日記 | 2007/08/01 10:48 PM |
ぽろぽろドール 豊島ミホ
コンプレックスや不安、歪んだ愛など、いろいろな想いが入り混じった複雑な感情を、“人形”をキーとして描いた短編六編。 自我が芽生え始め、自分の身体に興味を持ち始めたばかりの子供達の揺れ動く心情や、全ての愛情を人形に託してしまった人など、少し歪な感情がと
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/08/03 9:58 PM |
ぽろぽろドール 豊島ミホ
イラストレーションは長井トモコ。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「パピルス」1号(2005年8月)〜10号(2007年2月)の不定期掲載に巻末書き下ろしの短編集。 美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に
| 粋な提案 | 2007/08/04 5:24 PM |
「ぽろぽろドール」豊島ミホ
ぽろぽろドール豊島 ミホ (2007/06)幻冬舎 この商品の詳細を見る 痛い!なんて痛いんだ。歪んだ人物ばかりだが、何故かすいすいと読めてしまう。出てくる人たちとは絶対にお友達にはなれない。共感することも出来ない。な
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/08/10 5:26 PM |
ぽろぽろドール
かすみの秘密は、頬をぴしりと打つと涙をこぼす等身大の男の子の人形。学校で嫌なことがあると、彼の頬を打つのだ(「ぽろぽろドール」)。人形に切ない思いを託す人々を綴る連作小説。幻冬舎HPより すべてのお話に人形が出てくる短編集。 正直ちょっと気持ち悪
| ぼちぼち | 2007/08/20 10:37 PM |
『ぽろぽろドール』豊島ミホ
ぽろぽろドール 豊島ミホ/幻冬舎 美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語。 「ぽろぽろドール」「手のひらの中のやわらかな星」「めざめる五月」「サナギのままで」 「きみのいない夜には」「僕が人形と眠るまで」6編
| ひなたでゆるり | 2007/08/24 2:34 PM |
本「ぽろぽろドール」
ぽろぽろドール 豊島ミホ 幻冬舎 2007年6月 人形にまつわる短編集。装丁からほのぼのとした幻想的な世界を想像していたが違った。人形に自分の思いを託す人たち。ちょっと気持ち悪い世界。人形を自分の好きなように扱えるから人形がいいのか。わたしは
| <花>の本と映画の感想 | 2007/09/02 12:50 PM |
ぽろぽろドール/豊島ミホ
2007/9/3〜2007/9/4 かすみの秘密は、&#38960;を打つと涙をこぼす等身大の男の子の人形。男子にからかわれたり、教師にセクハラされると、彼の&#38960;を打つのだ&#8722;。美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの物語。表題作を含め
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/09/08 9:50 PM |
「ぽろぽろドール」 豊島ミホ
ぽろぽろドール豊島 ミホ 幻冬舎 2007-06売り上げランキング : 136018Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 かすみの秘密は、頬を打つと涙をこぼす等身大の男の子の人形。男子にからかわれたり、教師にセクハラされると、彼の頬を打つのだ…。美しくも官能的で、
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/09/27 10:30 PM |
ぽろぽろドール
  『ぽろぽろドール』 豊島ミホ 2007年 230頁 人形を愛する人間達の6つの物語   ぽろぽろドール        鎌倉のおばさんからもらった人形には秘密がある   手のひらの中のやわらかな星  きれいな冬間さんにそっくりなお人形   めざめる五月
| わすれるまえに | 2007/10/15 1:19 PM |
「ぽろぽろドール」豊島ミホ
「ぽろぽろドール」豊島ミホ(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編、連作、人形、女性 オビに「美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語」とある。「まっすぐな」かどうかはちょっと疑問なのだが「官能的で
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/11/11 9:05 PM |
ぽろぽろドール<豊島ミホ>−(本:2008年160冊目)−
ぽろぽろドールクチコミを見る # 出版社: 幻冬舎 (2007/06) # ISBN-10: 4344013417 評価:80点 人形を題材にした短編集。 生まれてからこの方、人形とはほとんど縁のない生活を送ってきた普通のオッサンにとってみると、なんとも強烈で不思議な物語ばかりだ
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/12/07 1:07 PM |
『ぽろぽろドール』 豊島ミホ (幻冬舎)
<変化球満載の短編集であるが・・・“黒豊島”作品> パピルスに不定期連載されていた5編に書き下ろし1編を加えた人形をモチーフとした短編集。 ただしそれぞれの話に繋がりはない。 豊島さんの作品を久々に今回手にしたのであるが、やはり“今度はどういった
| 続 活字中毒日記 | 2009/02/06 8:38 PM |