CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「あやつられ文楽鑑賞」三浦しをん | main | 「6時間後に君は死ぬ」高野和明 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「頭のうちどころが悪かった熊の話」安東みきえ
頭のうちどころが悪かった熊の話
頭のうちどころが悪かった熊の話
安東 みきえ

動物が主人公の7つの寓話。

不思議なタイトルと表紙のかわいさにつられて借りた本。挿画もとてもかわいく、物語りもかわいいだけじゃなく、ちょっとイジワルだったり、イソップ物語みたいです。クマや、トラ、旅人はきっと同一人物(動物?)なんだろうなぁって。

これ、子供に聞かせたらどうかなぁって思って、とりあえず「いただきます」から読み聞かせてみました。次男(5歳)は全く興味なしでしたが、長男(8歳)は興味津々。ちょっとブラックなラストはどう受け止めるかと思ったら、ニヤリでした。「ヘビの恩返し」でトラが引っ張る場面は二人とも大喜び。面白いよね!

私は「頭のうちどころが悪かった熊の話」が好きです。この熊さんのヌケ加減がかわいらしい。そしてきっちりとレディーベアのしりに敷かれてる感じがなんとも…

「頭のうちどころの悪かった熊の話」
気がついたら頭のてっぺんに大きなこぶが出来ていた熊。レディーベアはどこにいったかとつぶやいてみるが、レディーベアがだれだったかわからない。

「いただきます」
メソメソ鳴くトラ。通りかかった旅人が訪ねると「今食べたキツネがかわいそうだ。おなかの中で泣いてるから、理由を聞いて欲しい」と言う。トラの腹の中のキツネに聞いてみると、キツネは「食べたニワトリが泣いている」という。

「ヘビの恩返し」
1本の木に巻付く蛇の親子。「この木になるカコの実は食べてはいけない」という父さんは間違ってカコの実を食べ、過去にとらわれてしまった。母さんはミライの芽を食べ、未来のことばかり考えている。親子喧嘩が始まり、父さんに食べられてしまった息子。そしてそこにトラが通りがかった。

「ないものねだりのカラス」
古い枯れ木にとまって、向かいの木にとまるシラサギを眺め友達になりたいと思っているカラス。シラサギだと思っているのは木の隙間だった。ある日、すきまは本物のシラサギになった。

「池の中の王様」
クエスチョンマークの形で生まれてきたから「ハテ?」と名づけられたおたまじゃくしはなんでも聞きたがりだった。ちょっと変わり者のハテは自由な一人旅に出かけ、ヤゴと友達になる。「たとえどんなに姿を変えても、僕は君をみつけられる」と言い合う二人。

「りっぱな牡鹿」
ホーイチという名の立派な牡鹿はみんなの相談役だった。物事の意味を知りたがる動物達。そしてとうとうホーイチは「意味のあることなんていっさいしない」と決めた。

「お客さまはお月さま」
友達も冬眠してしまった寒い夜。不眠症の熊は三日月がついて来てくれていることに気がついた。
| 本:あ行(その他の作家) | 22:24 | comments(8) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |
コメント
ななさん、こんにちは。
この本とってもかわいくて、そして考えさせられるお話ばかりでしたね♪
本屋さんで出会って、タイトルとイラストのかわいらしさにジャケ買いしてしまいました♪
たいせつな一冊になりました^^
| ゆか | 2007/07/15 12:41 PM |
ゆかさん、こんばんは。

そう、タイトルと表紙ですごく気になっていたのですが
ゆかさんのブログを見て借りる事にしたんです。
ありがとうございました。

子供達も好きだし、買ってもいいかなぁって思ってます。
挿画も細かいところまでかわいいですよね。
| なな | 2007/07/15 11:02 PM |
なんか、説教臭くなくて
でも、ちゃんと筋が通ってて
大切なものがこの物語の中には含まれてました。
大人の鑑賞に耐えられる
素晴らしい一冊でした。
| す〜さん | 2007/07/16 10:27 AM |
す〜さん、こんばんは。

子供より大人のための物語ですよね。
>説教くさくなくて
>でも、ちゃんと筋が通ってて
たしかにそうでした。
登場人物が動物だからでしょうかね。
本当に素敵な本です。
| なな | 2007/07/16 10:32 PM |
ななさん、こんばんは。
息子さんたちに読み聞かせされたんですね〜。
それぞれの興味ぐあい(?)微笑ましく読みました。
とっても素敵な本ですよね。

「ぽろぽろドール」お手すきでしたら…。
| 藍色 | 2007/08/02 3:37 AM |
藍色さん、こんばんは。

絵がついていたし、一つずつが短かったし
子供にも楽しめるかなって思って…
素敵な本です。出来れば手元に置いておきたい。
| なな | 2007/08/02 8:34 PM |
お子さんと読まれたんだ。
さりげない教訓が、大人である自分にはグサッきました。
特にカラスの話が。だって欲しいもん。←子供か
| しんちゃん | 2007/10/28 5:34 PM |
しんちゃん、こんばんは。
子供にはちょっと難しかったようです。
しんちゃんは欲しがりさんなんですね。ふふふ。
| なな | 2007/10/29 6:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
頭のうちどころが悪かった熊の話   〜安東 みきえ〜
童話かな? 児童書だとは思うけど、 大人が読んでも十分に楽しめる内容の、 童話というより寓話。 作者が意図しているかどうかは分からないけれど、 7編の短い物語の中に しっかりと人が生きていくうえで大切なこと
| My Favorite Books | 2007/07/16 10:25 AM |
童話「頭のうちどころが悪かった熊の話。」
【カワイイもの好き部。本日のカワイイ報告。】 このココロを鷲掴みなタイトル。 そしてのほほんと力の抜けたイラスト。 タイトルも押絵も装丁も素敵な1冊です。 「人生について考える7つの動物寓話」とか書いてあるけど 寓話とか堅苦しいカンジは全然な
| つやつやビジョンBLOG | 2007/07/27 1:10 AM |
頭のうちどころが悪かった熊の話 安東みきえ
絵・下和田サチヨ 収録作品:頭のうちどころが悪かった熊の話/いただきます/ヘビの恩返し/ないものねだりのカラス/池の中の王様/りっぱな牡鹿/お客さまはお月さま 熊、トラ、カラス、ヘビ、おたまじゃくし、鹿、熊が織り成
| 粋な提案 | 2007/08/02 3:41 AM |
「頭のうちどころが悪かった熊の話」安東みきえ
頭のうちどころが悪かった熊の話安東 みきえ (2007/04/02)理論社 この商品の詳細を見る 表紙が気になり、図書館で借りてみました。 とてもかわいらしい七つの寓話(ぐうわ)物語です。 「頭のうちどころが悪かった熊」
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/10/28 5:29 PM |
頭のうちどころが悪かった熊の話 安東みきえ
頭のうちどころが悪かった熊の話 ■やぎっちょ書評 ジャケとタイトルに吸い寄せられるように魅かれて読みました。 タイトル秀逸だと思うんだけど。そう思いませんか? 中身はすっごく短い童話のようなお話7編。熊はもちろんトラやおたまじゃくしやらが主人公です
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2008/01/11 11:05 PM |