CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「うつつ・うつら」赤染晶子 | main | 「頭のうちどころが悪かった熊の話」安東みきえ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「あやつられ文楽鑑賞」三浦しをん
あやつられ文楽鑑賞
あやつられ文楽鑑賞
三浦 しをん

しをんさんらしい視点で紹介する「文楽鑑賞」

文楽の世界に触れたことがありません。恥ずかしながら歌舞伎も落語も未体験。文楽とは何ぞや?最初の写真を見て「人形を扱う物なのか。それにしても何故に操る人が正々堂々と見えてるの?」なんて思ってました。

文楽とは義太夫節で語り、人形をあやつって表現する芸能。文楽は「三業」からなる。義太夫を語る「大夫」、三味線を弾く「三味線」、人形を操る「人形」である。文楽の人形は基本的に一体を三人で遣う。首(かしら)と右手を担当する「主遣い」、左手担当の「左遣い」、足担当の「足遣い」だ。この三人は、人形の右側から、主遣い・足遣い・左遣いという立ち位置で、三位一体でくっついて動くのが基本である。

そんなしをんさんのレクチャーを受けながら、いざ文楽の世界へ…もうすっかり虜です。面白そう。これは一度見に行かなければいけないって思い、母を誘いました。明日からこの本を母に貸して、母も文楽の世界に道連れです。
しをんさんが語るあらすじが面白いんです。「本朝廿四考」「桂川連理柵」「女殺油地獄」などとても面白そう。特に「仮名手本忠臣蔵」が面白かった。忠臣蔵をほとんど知らない私なのですが、途中で読むのをやめることが出来ない!
| 本:ま行(三浦しをん) | 20:47 | comments(12) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 20:47 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは。
私も、文楽も歌舞伎も落語も未体験です。
なので、この本読まなかったら、たぶん一生知ることはなかったでしょう。
おぉ、お母様を道連れ(笑)、いいですね〜。私の母は頑固なので感化するのは難しそうです。
しをんさんのレクチャー、上手で楽しいですよね。
あらすじの面白さ、夢中になりました。
| 藍色 | 2007/07/14 1:13 AM |
藍色さん、こんばんは。

日本の伝統芸能、ちょっと覗き見てすごく興味がわきました。
たぶん、ガイド役(しをんさん)がすばらしいんでしょうね。

母は私がチケットを取れば、きっとついて来ると思います。
どうせなら、しをさんのあらすじを読んだのを観たいんですけどねぇ。
| なな | 2007/07/14 10:29 PM |
ななさん、こんばんは!
しをんさんらしい文楽鑑賞の手引きで、
楽しく読むことができました。
妄想も楽しかったけれど、
深い考察をされてるなぁ〜と思うところも沢山あって、
さすが、しをんさん!!
と思うことしきりでした。
| エビノート | 2007/07/14 10:45 PM |
エビノートさん、こんばんは。

そうなですよね。
しをんさんが案内する文楽、すごく素敵でした。
前に読んだエッセイ「三四郎はそれから門を出た」の時も
そうでしたが、ご自信が見聞きしたものに対する
しっかりした考えに毎回ホホーと唸ってしまいます。
| なな | 2007/07/14 11:11 PM |
しをんさんらしい解説が
めっちゃ笑えました!(笑)
特に三好さん?でしたっけ。
合作によく名前をつらねている人の彼女の解釈が爆笑で。
文楽を見に行かれるとの事ですが
是非感想を聞かせて下さい♪d(⌒〇⌒)b♪
| 弥勒 | 2007/09/16 5:45 PM |
弥靭さん、こんばんは。
面白かったですよね。
本文も、冒頭の説明も、隅から隅まで楽しみました。
文楽、10月の中旬の土曜日です。
忘れないようにしなきゃと今からヒヤヒヤしてます。
| なな | 2007/09/16 8:47 PM |
こんばんわ。TBさせていただきました。
私は小説は読みますが古典文学はてんでダメなのでわからない事だらけでした。
しをんさんの熱意だけは伝わってきましたね^^;
1度舞台を見に行ってみたいです。
| 苗坊 | 2007/09/23 1:13 AM |
苗坊さん、こんばんは。
私も古典文学はさっぱりです。
だけどしをんさんの解説を読んで俄然興味がわきました。
| なな | 2007/09/23 8:38 PM |
ななさん、こんばんは。
好きは伝染するのでしょうか。
しをんさんに手を取られ、
すっかり文楽の魅力にハマりました。
道連れは多いほうが楽しいですよね。
| 雪芽 | 2008/01/20 9:37 PM |
雪芽さん、こんばんわ。
そうなんですよね。
しをんさんの「好き」がすごく伝わってくるからなのか
文楽の世界にすごく興味を持ちました。
| なな | 2008/01/20 10:45 PM |
先に「仏果を得ず」を読んでいたので、ふつうに読むことができました。
そして、ますます文楽に興味を持っちゃいました。
実際に観られたのかな。どうでしたか??
| しんちゃん | 2008/02/11 8:51 PM |
しんちゃん、こんばんは。
えぇ、あやつられましたとも!
文楽、観に行きました。
来年、また地方公演で近くに来るなら
ぜひ観に行きたいって思ってます。
| なな | 2008/02/11 9:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/831
トラックバック
あやつられ文楽鑑賞 三浦しをん
装丁は木庭貴信(オクターヴ)。 目次:鶴澤燕二郎さんに聞く/桐竹勘十郎さんに聞く/京都南座に行く/楽屋での過ごしかた/開演前にお邪魔する/『仮名手本忠臣蔵』を見る/歌舞伎を見る/落語を聞く/睡魔との戦い―「いい脳波が出てます
| 粋な提案 | 2007/07/14 1:14 AM |
あやつられ文楽鑑賞 〔三浦 しをん〕
あやつられ文楽鑑賞三浦 しをん ポプラ社 2007-05売り上げランキング : 39487Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「この本は、文楽観劇のド素人であった私が、いかにしてこのとんでもない芸能にはまっていったかの記録である」。 日本がほこる伝統芸能に、笑い
| まったり読書日記 | 2007/07/14 10:36 PM |
あやつられ文楽鑑賞/三浦しをん
9月の1冊目はこれを読みました。 「あやつられ文楽鑑賞」/三浦しをん 「この本は、文楽観劇のド素人であった私が いかにしてこのとんでもない芸能に はまっていったかの記録である」 日本がほこる伝統芸能に 笑い、ツッコミ、ときに涙する 若き直木賞作家が、文楽の
| 徒然書店 | 2007/09/16 5:47 PM |
あやつられ文楽鑑賞 三浦しをん
あやつられ文楽鑑賞 「この本は、文楽観劇のド素人であった私が、いかにしてこのとんでもない芸能にはまっていったかの記録である」 日本がほこる伝統芸能に、笑い、ツッコミ、ときに涙する。 若き直木賞作家が、文楽の魅力に迫る。 久しぶりに本の記事を書いてる
| 苗坊の読書日記 | 2007/09/23 1:11 AM |
「あやつられ文楽鑑賞」 三浦しをん
 あやつられ文楽鑑賞  三浦 しをん  ポプラ社 (2007/05)  単行本: 265ページ 今日の札幌は気温が−12.6度まで下がり、この冬一番の厳しい冷え込みとなった。−10度を下回ったのは2年ぶりのことだという。どうりで寒いはずだ。あまりの寒さにぎゅっ
| コンパス・ローズ  compass rose | 2008/01/20 9:31 PM |
「あやつられ文楽鑑賞」三浦しをん
あやつられ文楽鑑賞(2007/05)三浦 しをん商品詳細を見る まずお断りですが、文楽についての説明は省きます。気になる方はここ「仏果を得ず」を...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/02/11 8:46 PM |