CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「学校のセンセイ」飛鳥井千砂 | main | 「ぼくらは小さな逃亡者」アレックス・シアラー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「部屋にて」石田千
部屋にて
部屋にて
石田 千

石田さんが部屋の中で思うことをツラツラと。

今まで「踏み切り」だったり「屋上」だったり、外の風景を見て石田さんが思うことだったのですが、今回は部屋の中で考える事。誰かと飲んで喧嘩して帰ってきたり、酔っ払った次の日だったり、病気になっていたり。取り留めない事から、今は会えなくなった人を思い出したり、子どもの頃を思い出したり。

「電球」はインフルエンザになった石田さんが過去を思い出す話。一人暮らしの部屋にお母さんが来てちょとっと何か言っていくのが気に入らない「いつまでも気丈でいたほしいのに、いつまでも立ち入られたくない。火打ち石が、かちりと鳴るたび、都合しだいですりあけるずるさを許されていると知る。この娘は、かんしゃくを起こして石を投げる年はとうにすぎている。」に気持ちが寄り添いました。
石田さんの選ぶ言葉はそれはどれは独特で、どれもこれも好きだなって思います。

「きのう買ったCDも、まだなじんでない」
「三日あけだだけで、よそよそしい」(旅から帰って)
| 本:あ行(石田千) | 21:35 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |
コメント
部屋の中で語られてるエッセイだからか、いつもより石田さんを近く感じられました。石田さんの選ぶ言葉、どれも素敵ですよね。
| まみみ | 2007/07/10 10:17 PM |
まみみさん、たしかにそうですね。
なんだか石田さんが生活しているところを、脳みその中を覗いてるような気分。
独特な表現、さらに磨きがかかっていたように思いました。
| なな | 2007/07/10 11:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/828
トラックバック
「部屋にて」 石田千
部屋にてposted with 簡単リンクくん at 2007. 6.22石田 千著角川書店 (2007.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/07/10 10:15 PM |
部屋にて(角川書店)石田千
「部屋にて(角川書店)石田千」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「部屋の中にある身近な愛しいもの...
| 本の口コミ情報:ブログでbook! | 2007/08/06 7:27 AM |