CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< そして、今日のバースデーケーキ | main | 「シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン」小路幸也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「一分間だけ」原田マハ
一分間だけ
一分間だけ
原田 マハ

雑誌編集者をする26歳の藍は日々超多忙な生活を送っている。飼い犬のリラのために郊外に引越し、早起きをして散歩、帰りは毎日終電で帰る。6年間付き合っている浩介と一緒にリラの面倒を見ているが、リラの面倒は家でコピーライターの仕事をしている浩介にほとんどまかせっきり。仕事が忙しくなるにつれ、リラの存在が疎ましくなり、浩介との関係も少しずつ変化していった…

いや〜ん。泣きました。本を読んで泣く事ってそんなにないんです。「泣ける本」なんて書いてあると構えちゃって全然ダメなんです。「カフーを待ちわびて」の原田さんの2冊目が出たと知って、内容も全然知らないまま借りてきたのです。最初から神様に「一時間だけ」とお願いする主人公。何か悲しいことが起きるんだとは思ったんですけどね。2時間弱で読んじゃった。すごく引き込まれました。「泣ける」なんて書きたくないけど、泣きました。

「いっしょにあるいてる?」「一緒に歩いてるよ」の言葉が印象的でした。
仕事がとても忙しい藍。在宅でコピーライターをしている浩介とゴールデンリトリバーのリラと一緒に郊外に住んでいます。朝早くに出て、終電で帰る日々。家でノンビリする浩介を羨ましく思ったり、情けないと思ったり。仕事では、編集長に認められるよう企画をあげたり、担当となったライターさんにちょっとクラリと来たりとすごく充実しています。

浩介が海外に行ってしまった2泊3日。外でしか排泄を出来ないリラのために早く帰ろうとする。だけど仕事が立て込み結局終電で帰ることに。帰ってみたら家の中はリラの排泄物でひどい事に。思わずひどい叱り方をしてしまう藍。それでもしたうリラ。

一緒に暮らし始めて7年目の浩介とはなんとなく淡々と日々が過ぎていく。7回目の誕生日に浩介から貰ったカードに書かれた言葉。そして別れ。浩介が出て行き、リラが癌になり、どうにもいかなくなり仕事よりリラを選ぶ藍。心優しいタクシー運転手や獣医との出会い。一度よくなりかけたと思ったリラの再発。そして浩介に助けを求める。

冷静に考えると、浩介や浩介が選んだ人、藍の下で働く女の子やオニ編集長まで全員いい人すぎる?って気もしましたが、すっかりこの物語の世界に入り込んでしまいました。たまにはこんな読書もいいかな。

| 本:は行(原田マハ) | 21:08 | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | - |
コメント
この本はよかったですね。
でも周りがいい人すぎるというのは
まったくその通りだと思いました。
ちょっと毒気がないかな〜?なんて思いましたが
それでも最後は感動的でした。
動物は軽い気持ちで飼ってはいけない、と
改めて思いました。
| す〜さん | 2007/06/22 9:57 PM |
す〜さん、こんばんは。

「泣く本」と構えずに読んだからなのか
すんなりと心に入ってきました。
とてもよかったです。

動物って飼い主が面倒を見なきゃいけないんですよね。
たぶん自分の子供を生むのと同じくらいの覚悟が必要なんだなって思いました。
| なな | 2007/06/24 9:28 PM |
ななさん、こんばんは!
動物の飼い方について、考えさせられますよね。
子供を生むのと同じ覚悟でというななさんの言葉、ホントにその通りだなぁ〜と思います。
この前、ペットショップを覗いたんですけど、いい飼い主さんと巡り会えると良いねぇ〜とついつい祈っちゃいました。
| エビノート | 2007/07/29 7:38 PM |
エビノートさん、こんばんは。

動物、かわいいから飼えたらいいのにって思いますけど
飼い主の愛情なくしては飼えないですもんね。

大きくなりすぎたら買ってもらえなくて処分されてしまう犬や猫が少しでもすくなくなったらいいですね。
| なな | 2007/07/30 8:21 PM |
藍の気持ちが素直で、まわりの良い人過ぎる中で一番リアルな人だったように思いました。
動物は実は苦手なんですが、この本で少し意識が変わった気がします。ワン好きなお友達に勧めたい本です。
| たまま | 2007/12/11 11:53 AM |
たままさん、こんにちは。
藍の自分の気持ちをストレートに表現するところよかったですね。
私も動物を飼ったことがないので、気持ちがいまいちつかめませんでしたが、疲れて失敗した犬を起こる場面など、犬を息子に置き換えて読んでいたりして(汗)
犬好きな人が読んだらさらに印象深い物語でしょうね。
| なな | 2007/12/11 12:38 PM |
こんばんは
もう冒頭からリラのすべての仕草に涙。涙、涙です。
まるでリラがそこにいるかのように目に浮かんできました。
それと動物もひとつの命。覚悟して最後まで飼って欲しいですね。
ほんと泣けました。

| しんちゃん | 2008/12/12 6:33 PM |
しんちゃん、こんばんは。
リラね。かわいらしい仕草が目に浮かびましたよね。
私なんてペット飼った事ないのに不思議でした。
原田さん好きです。
| なな | 2008/12/12 9:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/816
トラックバック
一分間だけ   〜原田 マハ〜
ファッション誌『JoJo』で働く藍は、とあるきっかけでゴールデンリトリーバーのリラを飼うことにした。恋人で同居人のコピーライター、浩介とともに育てはじめたが、都心から郊外へ引っ越した途端、藍の生活は一変。い
| My Favorite Books | 2007/06/22 9:58 PM |
一分間だけ 〔原田マハ〕
一分間だけ原田 マハ 宝島社 2007-04-08売り上げランキング : 40391おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 第1回日本ラブストーリー大賞受賞作『カフーを待ちわびて』から1年。 原田マハの受賞第1作。 女性ファッション誌の編集者・藍は、恋人
| まったり読書日記 | 2007/07/29 7:27 PM |
「一分間だけ」原田マハ
一分間だけ(2007/04/08)原田 マハ商品詳細を見る ファッション誌『JoJo』編集部に勤続十年になる藍は、とあるきっかけでゴールデンリトリーバーの...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/12/12 6:33 PM |