CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「一分間だけ」原田マハ | main | 県庁の星 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン」小路幸也
JUGEMテーマ:読書


「東京バンドワゴン」を読んでからちょうど一年。ブログに書いていたから古本屋とカフェ。4世代の家族、語るのはおばあさんなんて事は覚えていました。だけど、すずみと花陽の関係とか、亜美とご両親の確執なんかはすっかり忘れてました。自分の感想読んでも、あらすじが書いてない。たぶんいろんな事が起こって、書きにくかったんでしょうね…

冬から次の秋までの4つの物語。青とみすずが結婚して青は添乗員の仕事は休業状態。すずみは古本屋を手伝っています。花陽は中学生になりIT企業社長・藤島に淡い恋心を抱き、家庭教師をお願いする。母親の藍子はマードックと藤島の両方から想われながらも、忙しくてマードックのイギリス個展を開けずにいる。紺は物書きの仕事が軌道に乗り、亜美の両親とも仲良くなった。我南人はあいかわらずフラフラと…

「冬 百科事典は赤ちゃんと共に」
バンドワゴンに隣のアパートに住む学生「古事類縁」が持ち込まれる。祖父が残してくれたものらしいが、1冊だけくりぬかれていた。カフェには赤ちゃんが置かれ、かごの中に121万円が。

「春 恋の沙汰も神頼み」
初老の男が50冊の本の買い取りを希望してきた。それからその男は返送して自分が売った本を買い取りに来る。IT企業の社長・藤島は姉を殺した犯人が出所したら自分が殺すと決めていて、その日が近づいている。

「夏 幽霊の正体見たり夏休み」
我南人の幼馴染の先輩の家に越してきた孫が幽霊の本を見て独り言を言ったり、家でヘンな事が起こると相談に来た。葉山に行ってた花陽と研人が見知らぬおばあさんから古い本を貰う。その本に挟まっていたのはセピア色に変色した東京バンドワゴンを背に怒った顔をしている勘一の写真だった。

「秋 SHE LOVES YOU」
秋実さんの7回忌。すずみに語られた「呪いの目録」と秋実さんの話。刑事がやって来て都内で起きた殺人事件の現場に東京バンドワゴンの検印が落ちていたと言う。任意同行を受ける男の人たち。家宅捜索中に産気づいた亜美とすずみ。藍子はマードックと一緒にイギリスに行けるのか?
| 本:さ行(小路幸也) | 21:25 | comments(22) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 21:25 | - | - |
コメント
見事に時間が経ってますね〜。
みんな成長してるし。
こうなるとこれからの成長が楽しみになってきます。
大家族の持つ暖かさが十分に味わえる作品でした。
| す〜さん | 2007/06/25 8:19 PM |
す〜さん、こんばんは。

待っていた続編でしがた、期待を裏切らない話でした。
赤ちゃんも生まれてこれからますますにぎやかになりそうですね。
| なな | 2007/06/25 11:16 PM |
初めまして、ななさん。
いっきに続編まで読んでしまったのですが、
大家族って賑やかでいいなと羨ましくなりました。
家族が増えて、またどんな騒動が起こるのか、
次を待ち遠しく期待してしまう作品です。

TBさせて頂きました。
| 雪芽 | 2007/07/02 10:19 PM |
雪芽さん、はじめまして。
いつでも家に家族がいる生活、いいですよね。
誰が何を喋っているのかわからない朝食の風景が大好きです。
| なな | 2007/07/03 10:19 PM |
こんばんは!
今回も楽しく読むことができました。
大家族の食事風景賑やかで良いですよね〜。
誰の台詞か、考えながら読んでたんですけど、分かりませんでした。
でも、こんな風に食事できたらきっと何でも美味しいだろうなぁ〜と思えて羨ましかったです。
| エビノート | 2007/07/07 12:05 AM |
エビノートさん、おはようございます。

続き物って1作目よりおちる事が多いですけど
これは全くそんなことなく大満足でした。

食事風景、いいですよね。
会話が混線電話状態なのが微笑ましいです。
いつもソースを間違えてかけてしまうのは勘一だって事は
わかるんですけどね(笑)
| なな | 2007/07/07 9:06 AM |
ななさん、こんばんは。
堀田家の人たち、今回も元気で明るくて、
読んであったかい気持ちになれましたね。
私は前作読んだんですけど、時間に終われて記事が書けなかったんです(悔い)。
なので今回は乗り遅れないようにあわてて書きました。
ななさんはいろんな事が起こって、書きにくかったんですね…。
今回しっかり書かれてて、これなら1年後も大丈夫でしょう。見にくることもあるかもです。
次の作品がとても楽しみです(文章が長い割に平凡な終わり方になっちゃいました…汗)。
| 藍色 | 2007/07/09 1:49 AM |
藍色さん、こんばんは。
堀田家の人達、いいですよね。
悪意が全くない家族、読んでいて幸せになれます。

そう、前回はあらすじを書かなくて後悔したのです。
なので書いてみました。
次作が出たときにお役に立てるといいんですけど…
| なな | 2007/07/09 11:16 PM |
こんばんは。やっと読めました!わたしもいろんなことがありすぎて、なんだか上手にまとめられませんでしたが、おもしろかったです。ということだけは断言できます。
ななさんが詳しい内容を書いてくださったので、自分のは省略して書いちゃいました。また忘れたら参考にさせてもらいますね^^
| まみみ | 2007/07/10 10:14 PM |
まみみさん、こんばんは。

そう、堀田家の1年は波乱万丈なんですよね。
面白くて、読んでいる私も家族の一員になった気分で幸せ。

次作が出たら、読む前にここに来てください。
お役に立てたらうれしいわ。
| なな | 2007/07/10 11:12 PM |
今回は堀田家がすごく進展しましたよね。
次は食事の会話に、「おぎゃあ」とでも入るのでしょうか。
なんだか想像するだけで笑えてしまう。ニヤリです。
次が楽しみですね。
| しんちゃん | 2007/07/15 5:52 PM |
しんちゃん、こんばんは。

そうですね。次はあの朝食風景に赤ちゃんの泣き声も混ざって、さらに混沌とした感じになるんでしょうね。
勘一が「お父さん。それは赤ちゃんのミルクです!」とか言われたりして(笑)
次も楽しみですね。
| なな | 2007/07/15 11:04 PM |
ななさん☆こんばんは
やっぱり堀田家はいいですねぇ!
赤ちゃんが2人も増えて、益々賑やかになりそうです。(#^.^#)
どうやら次作は勘一さんとさちさんの出逢いの話らしいですよ!ヽ(^0^)ノ
| Roko | 2007/07/16 12:12 AM |
Rokoさん、こんばんは。
堀田家の人々を見ているとあたたかな気持ちになりますね。
たくさんの人に見守れながら育つ二人の子供、
すごくいい子になりそうです。
勘一さんとさちさんの出会い、それは大正の物語でしょうか。素敵です。
| なな | 2007/07/16 10:29 PM |
花陽とすずみさんの関係とか、忘れていたのが私だけじゃなくて、安心しました!
登場人物はしっかり覚えてたんですけどねぇ・・。
それにしても次が楽しみです。
家族も増えるし、「お父さん。それは赤ちゃんのミルクです!」ってセリフ、本当に出てきそうな気がします。
| june | 2007/08/04 1:01 AM |
juneさん、こんばんは。

やっぱりjuneさんは私の心の友だわ。
juneさんも忘れていたんですね。安心しました。
さざえさんズの結束は固いのです!!!

次、楽しみですね。
今回はそれとなくあらすじ書いておいたので
本を読む前に読んでおさらいします。
| なな | 2007/08/04 8:43 PM |
ますます家族が増えて、すごいことになりそうですね。
ラストの青の産みの母の女優引退。次がありそうな終わり方ですね。
私は、すずみちゃんと花陽ちゃんの関係は覚えてたんですけど、となると、青とすずみちゃんはどれほど血の繋がりが?って考えたらわからなくなったので、そこは封印しました。(爆)
| じゃじゃまま | 2008/03/13 2:30 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
次、絶対にありますよね。
1年位がなんとなくおぼろげながら覚えていられるリミットなので、また1年後に堀田家の人たちに会えたらいいな。
青とすずみ…えっと、えっと。
ちょっとだけど血が繋がってるのか?
そうなのかもしれませんね。
は〜頭使った!
| なな | 2008/03/13 9:16 PM |
こんばんは。
今頃読みました。
今ななさんの記事を見てたら、2巻と3巻が同じ日!
いいですね〜。

安定感があるシリーズで安心して楽しむことができました。
刊行ペースもいいですよね。
家系図もあるし!
| ちきちき | 2008/07/04 9:12 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
ほとんどの本は私がちきちきさんを追いかけてるのに
今回は珍しく私が先だったんですね。
2巻と3巻を同じ日に読んでるとは気がつかなかった。
こうなると来年も6月24日に読みたい。

家系図、本当に助かりました。
これからは毎回つけてもらわなきゃ、記憶力がね…
| なな | 2008/07/04 10:44 PM |
こんにちは〜^^
あらすじを書くにはいろんなことがありすぎでしたよね。
1年の間に、堀田家はいろんなことが起こります。
すずなと花陽の関係も、そういえばそうだったと思いましたし^^
どんどん読んでいきたいシリーズです。
| 苗坊 | 2010/10/04 12:44 PM |
苗坊さん、こんばんは。

いいペースで読み進めてますね。
堀田家はいろんな事が起きるから忘れちゃうんです!!!
どんどん読める苗坊さんが羨ましいです。
| なな | 2010/10/04 9:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
シー・ラブズ・ユー   〜小路 幸也〜
下町の古本屋を舞台にした『東京バンドワゴン』の続編。 読み終わって、さて何と感想を書こうか、と。 もう何も言えないくらい 幸せな気分です。 第2作目ともなると第1作目がなかなか越えられないものだけれど この作
| My Favorite Books | 2007/06/25 8:18 PM |
「シー・ラブズ・ユー−東京バンドワゴン」 小路幸也
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン 小路 幸也 東京の下町にある古書店「東京バンドワゴン」再び! ほぼ一年ぶりにあの四世代家族堀田家が帰ってきた。 人様の家族のことなんぞ、なんでこうも気になるものかと呆れながら、一作目を読み終えるや否や、シリー
| コンパス・ローズ  compass rose | 2007/07/02 10:08 PM |
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン 〔小路 幸也〕
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン小路 幸也 集英社 2007-05売り上げランキング : 742おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 下町で古書店を営む四世代ワケあり大家族が、古本と共に舞い込む謎を解決します。 泣いて、笑って、いろんな愛に気
| まったり読書日記 | 2007/07/06 11:50 PM |
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン 小路幸也
イラストレーションはアンドーヒロミ。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「東京バンドワゴン」の続編。 冬―百科事典は赤ちゃんと共に:くり貫かれた祖父の形見と置き去りの小夜。 春―恋の沙汰も神頼み:本を買い戻す老
| 粋な提案 | 2007/07/09 1:49 AM |
「シー・ラブズ・ユー」 小路幸也
シー・ラブズ・ユーposted with 簡単リンクくん at 2007. 6.27小路 幸也著集英社 (2007.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/07/10 10:11 PM |
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン/小路幸也
読書期間:2007/7/8〜2007/7/10 四世代のワケあり大家族が営む古書店「東京バンドワゴン」。赤ちゃん置き去り騒動、売った本を一冊ずつ買っていくおじいさん…。古本と共に舞い込んだおかしな謎をラブ&ピースに解決する、涙と笑いの下町ホームドラマ。
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/07/12 12:11 AM |
「シー・ラブズ・ユー」小路幸也
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン小路 幸也 (2007/05)集英社 この商品の詳細を見る この本は買えば良かった。サイン本を売っていたのに、前作を持ってなかったのでスルー。 いまさらですが泣きです。ぐすん。 とま
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/07/15 5:45 PM |
『シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン』 小路幸也
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴンposted with amazlet o
| ついてる日記? | 2007/07/16 12:08 AM |
「シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン」小路幸也
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン 小学生の頃、夢中で見ていたホームドラマを思い起こさせるこの雰囲気は、やっぱり好きです。シリーズ2冊目をずっと楽しみにしていました。 なのに、花陽とすずみさんが異母姉妹だというのをすっかり忘れていて、改めてびっ
| 本のある生活 | 2007/08/04 1:05 AM |
本「シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン」
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン 小路 幸也? 2007年5月 集英社 四世代の大家族下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」でおきる騒動を描いた「東京バンドワゴン ?」の続編。家族のみんなやまわりの人たちは、相変わらずにぎやかで、それに、新しい家
| <花>の本と映画の感想 | 2007/09/23 4:45 PM |
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン 小路幸也著。
≪★★★☆≫ 前作よりも好きかも。もちろん朝食のシーンは、前作も今回も賑やかで温かくて大好きだけど、前作はどちらかというと、読みながら目が疲れちゃって(なぜだか)、おばあちゃんの独特の語り口調も、ちょっと慣れないで疲れた原因かな。 でも、今回はそのおば
| じゃじゃままブックレビュー | 2008/03/13 2:22 PM |
シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン
JUGEMテーマ:読書 東京バンドワゴンの仲間たちが帰ってきた! 東京下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」で繰り広げられる、涙と笑いの物語第2弾!今日も「古本」と「家族」にまつわる事件が持ち込まれる。赤ちゃんが置き去りに!?…他、春夏秋冬の感動4編。 新
| ぼちぼち | 2008/07/04 9:12 PM |
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン 小路幸也
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン (東京バンドワゴン)著者:小路 幸也販売元:集英社発売日:2007-05-25おすすめ度:クチコミを見る 「冬 百科事典は赤ちゃんと共に」 東京バンドワゴンに学生が百科事典を持ってきた。亡くなった祖父がお金に困ったらうるように言
| 苗坊の徒然日記 | 2010/10/04 12:35 PM |