CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< いちごクッキー | main | 「きみはポラリス」三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」大崎梢
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ
大崎 梢

成風堂シリーズの第三弾です。「取り寄せトラップ」「君と語る永遠」「バイト金森くんの告白」「サイン会はいかが?」「ヤギさんの忘れ物」の5つの短編。

待ってました。「晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>」の最後に「次は成風堂に戻って短編で」なんて書いてあったので、ずっと期待して待ってたのです。面白かった。

本屋さんの苦労、まだあったか!って感じです。お取り置きをしたまま取りに来ない人、きちんと依頼していないのに自分が頼んだ本が届いてるはずだという人。雑誌についてる付録をまとめる大変さ(あれって本屋さんの仕事なんですね)雑誌発売日の場所の確保、本についてる帯が破れてしまう事(帯、曲がったり破れていたりで私も嫌いです。時々、「それは知りたくなかった」って言うような内容に触れてるのもありますしね)。とにかく興味深く読みました。
「取り寄せトラップ」
同じ本に4件の取り寄せ依頼が。連絡を入れてみると4人とも心当たりがないと言う。そして同じ4人にもう一度同じほんの取り寄せ依頼が…誰が何のためにやったのか?

「君と語る永遠」
小学6年生がの社会科見学にやってきた。元気な子供たちの中で一人ぽつんと浮いている男の子。それから時々来るその男の子は近所でおこっている幼児連れ去り事件の犯人との噂が…

「バイト金森くんの告白」
新しいバイトの歓迎会の場で「ぼくは、成風堂で恋をしました」と言い放った金森君。

「サイン会はいかが?」
「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開きたい」という若手ミステリ作・影平のちょっと変わった要望。夕紀は見破れるのか?

「ヤギさんの忘れ物」
常連客の蔵元さん。ひいきのパート店員が辞めた事を知って落ち込んでいたのだが、持ってきていた写真が入った封筒をなくしてしまったと連絡があった。
| 本:あ行(大崎梢) | 20:35 | comments(18) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
| - | 20:35 | - | - |
コメント
短編の方が、こう、しっくり来ましたね。
しかし、こうやって読んでいくと
本屋って大変だな〜。
でも、一度くらい勤めてみたかったな〜って
思わせてくれますね。
| す〜さん | 2007/06/15 9:41 PM |
す〜さん、こんばんは。

私もやっぱり短編のほうがいいなって思いました。
本屋さん、憧れの職業ですよね。
| なな | 2007/06/15 10:40 PM |
成風堂に戻っての短編集、書店の仕事の裏側になるほど〜と思えて楽しかったですね。
雑誌の付録を付けるのは本屋さんの仕事って知ってたんですけど、あまった付録の処分までしなきゃいけないとは知りませんでした。
その結果の多絵ちゃんの悲劇には、笑ってしまいましたけど。
まだまだ、知らない本屋さんの事情がたくさんありそうで、今後も楽しみですよね♪
| エビノート | 2007/06/16 7:46 PM |
本屋さん、このシリーズで「大変な仕事だ…」とわかってはいるんですが。やっぱり憧れてしまいます。一度くらいは勤めてみたい!!
そして上でエビノートさんが言われてるように、多絵ちゃんの悲劇には笑ってしまいました。いやいや、でもわたしもしてしまいそうで怖い!!(笑)
楽しい短編集でした。また次回作も楽しみです^^
| まみみ | 2007/06/16 11:15 PM |
ななさん、こんばんは。
帯はないと寂しいですけど、曲がったり破れてたりは私も同じです。
重労働で低賃金…でも、やっぱり本屋さん勤め、憧れてます。
そういえば、ななさんは薬局にお勤めでした。仕事先がらみで薬局ミステリーを書かれるといいかも、なんて妄想したり…。
薬剤師さんが主役のミステリーっていえば、高田崇史さんの「QED」シリーズがありました。でも職場の場面はちょっとだけ。日本史がお好きだったらおすすめです(脱線した話題も時には…よかったでしょうか?)。
| 藍色 | 2007/06/17 1:46 AM |
◇エビノートさんへ

そうそう、やっぱり短編がいいですよね。
書店の仕事の裏側、すごく楽しく読みました。
多絵ちゃんの悲劇、笑っちゃいましたね。
だけど、私にとってそういう失敗って他人事じゃないのです。

◇まみみさんへ

本屋さんで働く、大変そうだけど憧れますよね。
そう、多絵ちゃんの悲劇レベルのミス、私はやってます。
恥ずかしい事って忘れるようにしてるので覚えてないですけど…

◇藍色さんへ

たとえ重労働で時給が低くても、やっぱり好きな本に囲まれて仕事が出来るのってよさそうです。
薬局ミステリー、どうでしょう…
患者さんのクスリの名前の「いいまつがい」は物凄くたくさんあって、暫くニヤニヤしちゃうんですけどね。
| なな | 2007/06/17 7:57 PM |
みなさんゆってますけど、やっぱりこのシリーズは短編ですね。
お取り寄せとか付録とかサイン会とか、本屋裏話満載で興味深く読めました。

ななさんは薬局にお勤めなのですね…ちょっと憧れの職業です(*^_^*)
| ちきちき | 2007/06/29 9:28 PM |
ちきちきさん、こんばんは。

やっぱり短編ですよね!
本屋さんの裏話がすごくいいと思います。

そうなんです。薬剤師なので薬局で働いてます。
知識が乏しく、あまり大きな声でいえないんですけどね(笑)
| なな | 2007/07/01 7:40 PM |
こんにちは。
書店の裏側は良かったですよね。
特にサイン会の苦労はふむふむでした。

この本とは関係ありませんが、薬剤師さんのシリーズは好きです。
薬の調合や、お客さんが込む時間帯など、すごくリアル。
でも日本史に興味がないとツライかも。
| しんちゃん | 2007/07/03 5:08 PM |
しんちゃん、こんばんは。
サイン会、一度も行った事ないんですけど
(図書館で借りてばかりなのであたりまえですね…)
あんな苦労があるとは…

高田崇史さんの「QED」シリーズですね。
日本史に興味があるか…と言われたら
ハイとはいえない状態の私。
読んでみたい気はするんですけど、どうかなぁ〜
| なな | 2007/07/03 10:27 PM |
こんにちは。

私も付録の話は勉強になりました。
あれって全部手作業で書店でやるんですね〜。
あと、コミックのビニール!
機械でツルンとできちゃうなんて、初めて知りました〜。
でも、私が利用する書店では、購入してもビニール外されなかった気がするんですけど(笑)。
| chiro | 2007/07/24 2:08 PM |
chiroさん、こんばんは。

成風堂に戻っての本屋での不思議な出来事。
興味深かったですね。
これを読んでから本屋に行った時
雑誌の並べ方や付録の紐の部分とかジーっと見ちゃいました。
| なな | 2007/07/24 10:02 PM |
こんばんわ^^
本当に、本屋で働くって大変なんだなぁと再認識。
やっぱりサービス業は大変ですよね。
今回も面白かったです。
長編よりも短編の方が好きかなぁ〜。
いろんな事件を読めるから短編の方が好きなのかもしれないですけど^^
| 苗坊 | 2007/08/12 8:37 PM |
苗坊さん、こんばんは。

本屋さんの裏方、大変そうです。
でも、いつも本に囲まれて仕事が出来るなんて幸せそう。
私も短編の方が、裏話満載で面白いと思いました。
| なな | 2007/08/12 8:57 PM |
やっぱり短編の方が面白いですよね!
いますよね!「入れといてね」って言っただけじゃ、正式な依頼にはならないのに、すっかりその気になってる人とか。
困っちゃうんですよね〜。(笑)
第4弾で是非金森君のその後書いて欲しいですね。
| じゃじゃまま | 2007/08/23 11:49 AM |
じゃじゃままさん、こんばんは。
短編の方が、本屋さんのなぞの方がずっといいです。
楽しみました!
金森君のその後、気になりますよね。
大崎さん、このシリーズじゃない新刊が出ているとか…
| なな | 2007/08/23 9:30 PM |
4冊も記事を書かずにためちゃった…。
読んだ直後の熱い思いが書けない…。
| ゆうき | 2007/11/07 10:45 AM |
ゆうき、わかるわかる。
読んですぐに書かないで次にいっちゃうとなかなかね。

ゆうきが見てた本屋のバイト募集。
私の駅の店舗も出てたよ。
年齢制限はなかったけど、土曜日日曜日に出来る人って。
それも困っちゃうよね。
| なな | 2007/11/07 9:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/805
トラックバック
サイン会はいかが?   〜大崎 梢〜
成風堂書店シリーズも三作目。 前作が殺人事件も絡んだりして きな臭かったし、 長編で途中だらけてしまうところもあったんですが、 今回は短編集で、きちっとまとまった感があり 読みやすかったですね。 本屋
| My Favorite Books | 2007/06/15 9:40 PM |
サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 〔大崎 梢〕
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 東京創元社 2007-04売り上げランキング : 4246おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。 ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと…。 「
| まったり読書日記 | 2007/06/16 7:39 PM |
「サイン会はいかが?」 大崎梢
サイン会はいかが?posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.26大崎 梢著東京創元社 (2007.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/06/16 11:11 PM |
サイン会はいかが?成風堂書店事件メモ 大崎梢
東京創元社ミステリ・フロンティア。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 しっかり者の書店員・木下杏子と勘の鋭いアルバイト・西巻多絵が様々な謎に取り組む本格書店ミステリ、好評シリ
| 粋な提案 | 2007/06/17 1:47 AM |
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ
4件の同一書籍の問い合わせに連絡を入れると、4人が4人ともそんな注文はした覚えがないと……。「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開きたい」――若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に、名乗りを上げた成風堂だが……。駅ビル内の書店・成風堂を
| ぼちぼち | 2007/06/29 9:32 PM |
「サイン会はいかが?」大崎梢
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ大崎 梢 (2007/04)東京創元社この商品の詳細を見る 杏子と多絵の書店員コンビが成風堂に帰ってきました。やっぱり舞台は書店が良いっす。 5つの連作短編が収録された、成風堂シリーズ3作
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/07/03 5:00 PM |
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ
著者:大崎 梢 出版社:東京創元社 紹介文: 『成風堂書店』シリーズの第3弾。 書店でおきる数々の難問を『書店限定の名探偵』が解決するこのシリーズが大好きです。 表題作は短編ながら、暗号あり、作中作あり、もちろん犯人当てありの豪華版です。 作中の影
| どくしょ。るーむ。 | 2007/07/09 1:22 AM |
「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」大崎梢
「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」 大崎 梢 東京創元社 2007-04 勝手に評価:★★★★☆ 読書期間:4日  同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと……。「ファンの正体を見破れる店員のいる
| Chiro-address | 2007/07/24 2:55 PM |
本「サイン会はいかが?」
サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 大崎梢 成風堂書店事件第3弾。前回の長編よりも、成風堂書店が舞台の短編の方がしっくりくる。 欲しい本がないときに行う取り寄せ業務、本屋泣かせの付録や販促物、サイン会の手順や裏側等、本屋さんの仕事
| <花>の本と映画の感想 | 2007/08/10 8:28 PM |
サイン会はいかが?―成風堂店事件メモ 大崎梢
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと…。 「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開きたい」―若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に、名乗り
| 苗坊の読書日記 | 2007/08/12 8:36 PM |
サイン会はいかが? 大崎梢著。
「配達あかずきん」の頃の面白さですね! 第2作の長編は棚への愛着は伝わってきましたけど、ストーリー的にはどうだろ?だったのが、「サイン会はいかが?」は、またもや本好きのハートを鷲掴みですね。 まず、本好きは、取り置き、取り寄せや発売日ラッシュ、付録がど
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/08/23 11:45 AM |
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ/大崎梢
読書期間:2007/10/7〜2007/10/8 若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に、名乗りを上げた成風堂だが…。書店限定の名探偵、今日も密かに活躍中! 取り寄せ、付録など、書店にまつわる5つの謎を収録。すべての本好きに捧ぐ本格書店ミステリ第3弾。
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/10/08 9:59 PM |
「サイン会はいかが?」大崎梢
タイトル:サイン会はいかが?−成風堂書店事件メモ 著者  :大崎梢 出版社 :東京創元社 読書期間:2007/08/24 - 2007/08/25 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそ
| AOCHAN-Blog | 2007/10/16 9:35 PM |
サイン会はいかが?
  『サイン会はいかが?』 大崎梢 2007年 263頁 『配達あかずきん』『晩夏に捧ぐ』に続く書店員ミステリですね。   取り寄せトラップ    リクエストの4人が4人とも「知らない!」   君と語る永遠      校外学習で来たちょっと不思議な男の子
| わすれるまえに | 2007/11/07 10:43 AM |
サイン会はいかが?<大崎梢>−(本:2008年10冊目)−
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 出版社: 東京創元社 (2007/04) ISBN-10: 4488017398 評価:80点 (ネタバレあります) 成風堂書店シリーズ第3作目。 2作目の長編から、短編集に戻っている。 今の著者の筆力・構成力というところからは、短編集のほう
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/01/14 10:47 AM |