CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ボーン・コレクター | main | いちごクッキー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「わらの人」山本甲士
わらの人
わらの人
山本 甲士

30代の女の人が一人でやる散髪屋。たまたま入った客は店主と話、マッサージをしてもらい、リラックスして眠くなる。目が覚めるととんでもない頭になっているが、その髪型のおかげで今までとは違った人生が…

ユミさんのところで見て面白そうだったので借りてみました。6つの物語なんだけど、設定も物語の進み方も全然違っていて、サクサク読めました。

ヘアースタイルを変えて、心機一転っていうのってわかります。主人公達がとんでもない髪形(金髪だったりひし形に模様が入ったり、いかにもその筋の人になったり)になるのに、「ほら、でも先ほどそうおっしゃってましたよね」って言われると「そうか…」と素直に納得するのが不思議でした。そして散髪屋だからなのか、女の人も凄いショートになってる。

タイトルの「わらの人」って「わらにもすがる思いの人」って事なのかな??
「眉の巻」
学校の庶務課で働く須川沙紀は恋人もなく、友達もいない。気が弱くて、不満などもいえない「なめられるタイプ」の人間。思い切って髪型をかえてみようと思い入った散髪屋で髪の毛と眉の形を整えてもらう。

「黒の巻」
気がついたら山の中で記憶を失って倒れていた男。所持金は2万とちょっと。とりあえず仕事を探す為の面接の前に散髪屋に行く。目覚めてみると、だれがどう見てもその道の人としか思えない頭になっていた。

「花の巻」
春休みにおじいちゃんの家に行ったちひろ。定年退職したおじいちゃんは家でゴロゴロしているだけだった。気を使って外に連れ出してくれるおじいちゃんについていった散髪屋。おじいちゃんは丸坊主になっていた。おじいちゃんの誕生日に選んだ作務衣を着るおじちゃんは外に出かけるようになった。

「道の巻」
お父さんがやっているセルフのうどん屋を継ぐ気はまったくない真水。就職浪人していたが先輩のつてを頼って中途採用の面接をしてもらう。3社ともピンと来るものがなく、気持ちを切り替える為に入った散髪屋。金髪のショートになっていた。

「犬の巻」
会社の登山研修で社長の息子・ジュニアと組むことになった開発企画課、課長の保坂と仕事に無駄が多い営業第二課の大供。ジュニアに従い登山を始めた3人は道に迷ってしまう。用意周到の大供は大荷物の上、当日朝散髪屋に行き奇抜な髪形になっていた。

「守の巻」
泥棒と鉢合わせをしてしまった岩瀬かえで。恐怖に何もすることが出来なくなっていたが、鍵を取替え、窓を強化し、雨宿りに入った理容店で髪をカットしてもらった。
| 本:や行(その他の作家) | 20:57 | comments(5) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:57 | - | - |
コメント
同じく気になったまま、こちらはまだ手を出していません。
ななさんが読んだので、ますます気になりました。
ですが図書館は蔵書点検でお休中です。チッ!
| しんちゃん | 2007/06/13 5:30 PM |
面白かったですね。
髪形一つでここまで変わってしまうなんて・・・。
しかも割りといい方に。
まぁ、ちょっと奇抜な髪型ですけどね。
性格まで変わるんなら試してみたい。
| す〜さん | 2007/06/13 8:55 PM |
◇しんちゃんへ

サクサク読めるし、色んなパターンがあって飽きることなく読めました。ぜひぜひ!
私も職場の方の図書館は来週は所蔵点検でお休みです。
でも、地元の図書館はやってるので、予約本の波はどんどん押し寄せるのです(汗)

◇す〜さんへ

すごく面白かったです。
あんな奇抜な髪型でもみなさんすんなりと納得して
幸せになっちゃうんだから不思議です。
私も試して見たいけど、金髪やらショートやちょっと…
| なな | 2007/06/13 9:41 PM |
連続ですみません<(_ _)>
タイトル、意味わからなかったですよね。ななさんの言われるとおり、わらにもすがる〜って意味なのかも?

髪型、クレームつけないみんなはもうとりかえしのつかないことだからあきらめてしまったのかもしれませんね。そういうわたしも、思ってたのと違う頭にされても何も言えなかったりします。単に小心者だからという話もあります。
| まみみ | 2007/06/16 11:20 PM |
まみみさん、連続ありがとうございます。

初読みの作家さん、しかも不思議なタイトルで
ブログで見かけなかったら読まなかったかもしれません。

髪型、私は冒険しないので思い通りじゃないっていうのは
あまりないかもしれないです。
どちらかと言うと、家で「美容院いったよ」って言っても
「え?もっときればよかったのに…」って言われたりして。
この物語の理容師の人、やんわりとでも押しが強いタイプなんでしょうね。
| なな | 2007/06/17 7:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/802
トラックバック
わらの人   〜山本 甲士〜
ふと入った理髪店。寝ている間にすごい髪形に。本人も周囲も戸惑うが、その髪型のおかげで人生が変わる。 理髪店の女主人が主人公ではないのだけれど 間違いなく陰の主役であることは間違いない。 初めて店に入った客に心
| My Favorite Books | 2007/06/13 8:53 PM |
「わらの人」 山本甲士
わらの人posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.12山本 甲士著文芸春秋 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/06/16 11:16 PM |