CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「いじわるな天使」穂村弘 | main | 「ガール」奥田英朗 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美

28歳のフリーライター、寺坂真以。仕事場を持つだけの収入がない真以は気分転換のため近所のファミレスに行く。ここは駅から遠い立地のせいか、働く人が陰気なせいか、たいてい空いていて、長居する常連も多い。和服で真っ白な髪をお正月のくわいのような形に結っているおばあちゃんもその一人。ある日、今書こうとしてる不思議な話を友人に携帯で話した後、そのおばあちゃんが「僭越ながらお力になれるかもしれないと思いまして」と声をかけてきた。

6つの短編です。真以の周りで起こったり、聞いたりした不思議な話を、ファミレスで聞いただけのおばあちゃん・平田ハルさんが謎解きしていきます。仕事場にしてる真以もそのお店の常連ですが、ハルさんも常連。いつも同じ席に座っています。そして店長をはじめ、働いてる人はファミレスらしからぬ陰気な雰囲気を持つ。ハルさんの正体は1話でわかるのですが、ネタバレなのかな?書かないでおきます。

面白く読んだのですが、毎回真以はライターで…ファミレスの立地条件が…ハルさんとはどういう人で…と説明が入ります。雑誌に飛び飛びで連載してたらそれも仕方ないと思うんです。単発で読む人もいますから。だけど、1冊の本として読むとちょっと気になる部分でした。

あと、どうも20代の女の人が主人公の物語、私には甘すぎるんです。途中から話が恋愛方向にいってしまったからでしょうかね?「甘い」って感じる自分が悲しいです。結婚して子供を生むまではきっとすごく楽しんでいただろうに…。年を取って経験してよくなる事もあれば、色々知ってしまったから忘れてちゃった気持ちっていうのもあるんですね。


1話のラストで真以に申し訳ないって言うハルさんはすごくかわいいです。又ハルさんに会えたらいいのになぁって思います。そして又一人、気になる作家さんが増えてしまいました
| 本:ま行(その他の作家) | 22:07 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |
コメント
あ〜、連作短編にありがちな…アレですね(笑)確かに気にかかります。でもハルおばあちゃんがかわいいから、許す!この本は最終的にはすべてそのひと言で片付くような…(笑)。
| chiekoa | 2006/04/11 11:41 AM |
chiekoaさん、そうなんです。
ハルさんがかわいいから許す!
その一言につきます。
| なな | 2006/04/11 8:31 PM |
松尾さんにしては甘い作り(?)でした。
でもハルさんが良かったです。
こんなおばあちゃん、ほかの小説でもなかなか見つかりませんよね。
私も一言。
ハルさんがかわいいから許す!
| 藍色 | 2006/06/25 9:39 AM |
藍色さん、こんにちは。
そうそう、「ハルさんかわいい」の一言につきます。
松尾さん初読みだったのですが、これは甘い部類なんですね。
| なな | 2006/06/25 4:37 PM |
 ハルおばあちゃん、かわいかったですねー。
 私も松尾さん好きですよー^^
| miyukichi | 2007/07/24 12:18 AM |
miyukichiさん、こんばんは。

続編が出ても良さそうな終わり方だったと思うんですけど
その後がないですね。残念。

松尾さん、まだ2冊です。
読みたいと思いつつなかなか…
| なな | 2007/07/24 9:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/8
トラックバック
ハートブレイク・レストラン [松尾由美]
ハートブレイク・レストラン松尾 由美 光文社 2005-11-19 寺坂真以、二十八歳、駆け出しのフリーライター。近所のファミリーレストランで原稿を書くのを習慣にしている彼女。そのイマイチ人気のないファミレスの隅でよく見かける謎のおばあちゃん。ひょんなことからそ
| + ChiekoaLibrary + | 2006/04/11 11:40 AM |
ハートブレイク・レストラン、松尾由美
装画は下敷領泰将。 現代社会の問題や恋愛をテーマに、ミステリやSFのテイストで描くのが特徴で、近未来の妊婦専用シティが舞台のバルーンタウンシリーズや「安楽椅子探偵アーチー」「ブラックエンジェル」が有名です。 「
| 粋な提案 | 2006/06/25 9:39 AM |
ハートブレイクレストラン
怖いミステリーは苦手ですが、ちょっとした謎解きストーリーは好きです。 そんな本を思い出しました。 ハートブレイク・レストラン松尾 由美 (2005/11/19)光文社 この商品の詳細を見る 幸せな人は、入店お断り??「隅の
| 読書日和 | 2007/07/13 11:23 PM |