CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「美晴さんランナウェイ」山本幸久 | main | 木更津キャッツアイワールドシリーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「家日和」奥田英朗
家日和
家日和
奥田 英朗

6つの短編。30代後半から40代前半の夫だったり妻だったり。どこにでもありそうな家庭の話をほんわか、ちょっぴり辛口に書いてる。

面白かったです。それぞれのラストもきっちりと終わらせる訳じゃなく、この先さてさてどうなるんだろう?って読んでいる私に想像させる。色んな所で「そうそう」「わかるわかる」って頷いてみたりして。

「サニーデイ」
42歳の主婦紀子。ある日使わなくなったピクニックテーブルをネットオークションに出品。オークションの「評価」に気をよくした紀子はオークションに嵌っていく。

平凡な主婦が「大変よい」と評価され綺麗になっていく様子が興味深かった。そうだよ!女は褒めてもらって綺麗になるんです。

「ここが青山」
36歳の裕輔、14年間勤めた会社が倒産した。妻に連絡したところ、妻は出産前まで働いていた会社に再就職すると言う。その日から家事を一手に引き受ける事になった裕輔は料理に目覚めていく。

「人間(じんかん)到る処青山(せいさん)あり」ってことわざ、知りませんでした。「世の中どこにでも骨を埋める場所がある」と言う事らしい。フムフム。

「家においでよ」
38歳の正春、妻家を出て行って一人暮らしが始まった。自分が選んだものは全てもって言った妻。カーテンに始まり、家具全てを自分好みにする正春。独身時代のように本やレコード、CDに囲まれて生活しているうち、結婚している同僚が通ってくるようになる。

男の人っていつまでたっても…そんな物語です。でも、ちょっと羨ましいかも。私も自分の好きな本ばっかり並べて、ソファーを置いた図書室が作りたいです。

「グレープフルーツ・モンスター」
38歳の弘子は専業主婦で、DM用の宛名入力の内職をしている。週に一度仕事を持ってくる営業マンが29歳の男に変わった。柑橘系の匂いを漂わせるその男が帰った夜見るヘンな夢。

うーん。これは…栗田さんのどこがよかったんだろう?柑橘系の匂い?

「夫とカーテン」
34歳の春代はイラストレーター。夫が何度目かの転職をするという。今度は新築マンションがたくさん立ち並ぶ品川でカーテン屋をやると言うのだ。夫の仕事の心配をしながら手がけるイラスト。神様が降りてきたようにアイデアが浮かぶ。

こんな風にバランスが取れる夫婦、羨ましいです。

「妻と玄米御飯」
42歳の康夫は小説家。名のある文学賞を獲り、初めてのベストセラー。銀行に信じられない金額が振り込まれる。妻は仕事を辞め、少しずつ消費するようになった。そして妻が熱中し始めたのは「ロハス」だった。

ロハスに夢中な佐野夫婦、ちょっと怖いです。たしかにエコロジーは大切だと思うけど、「過ぎたるは及ばざるが如し」ですからね。うん。康生ってば結局奥さんの思うがままですね。
| 本:あ行(奥田英朗) | 21:09 | comments(26) | trackbacks(20) |
スポンサーサイト
| - | 21:09 | - | - |
コメント
ななさん…楽しかったね〜この本。
奥田さんってホントにステキだわ。
きっとヨガ体験もしたんでしょうね〜。
なんか返却したくない気分です(笑)。
| ユミ | 2007/06/07 11:22 PM |
こんばんは★
かるーい気持ちで読める本でしたね。
さらっとした中にも、奥田さん流の皮肉やユーモアたっぷりで、楽しんで読めました。
登場人物みんなが、よくいえば楽観的で、
その辺も安心して読めました。

ロハスには笑えますね。
実話かと思ってしまいます…(笑)
| Rutile | 2007/06/07 11:39 PM |
おはようございます。ななさん。
面白かったですよね♪
ななさんにも、早速トラックバックを・・と思ってましたが、私のほうが今回は先に読んでました(笑)

「グレープフルーツモンスター」の栗田さんのよさって、やはり「若さ」なのではないでしょうか(笑)
| ななさんへ | 2007/06/08 8:56 AM |
すみませ〜ん・・
名前に「ななさんへ」といれてしまいました(苦笑)
いつもの「ゆう」です・・
| ゆう | 2007/06/08 8:57 AM |
◇ユミさんへ

ヨガを体験する奥田さんを想像して笑っちゃいました。
奥田さんの長編もいいですけど、こういう色んな人が出てく物語、鋭くて好きです。


◇Rutileさんへ

楽しい読書時間でした。
最後の物語の作家さんが「ユーモア小説だから裁いたりはしない。フェアネスも忘れない。自分の目から見た、少々滑稽な人々を描写したいだけなのだ。」って言葉、奥田産後地震の言葉なんじゃないかって思いました。


◇ゆうさんへ

私、昨日しつこく3つもコメントとTBを繰り返しました。
ごめんなさい。

「グレープフルーツモンスター」の栗田さん、やっぱり「若さ」なんですかね…だとしたらなんだかちょっと悲しいです。
| なな | 2007/06/08 7:31 PM |
ソファを置いた図書室!いいですねー。ついでにすぐにお茶を入れることができて、本が本棚にたっぷりあって、手もとのリモコンで音楽も自由自在・・って、理想の部屋を通り越して魔窟になってしまいそうな予感がしてきました。
| june | 2007/06/08 9:32 PM |
juneさん、こんばんは。

いいでしょ。「なな図書室」私の夢です。
お茶は出来る事なら誰かに入れてもらいたい。
作ったらjuneさんをご招待しますから
待っててください。
| なな | 2007/06/08 10:12 PM |
そういえば、この先どうなるんだろう?という終わり方でしたよね。
「サニーデイ」の紀子のその後が個人的には気になります。
間に合えばいいんだけど…。
「なな図書室」良いですね!
理想の部屋私も欲しいです〜。
宝くじが当たったら…と日々妄想する毎日です(^_^;)
| エビノート | 2007/06/08 10:59 PM |
エビノートさん、こんばんは。

「サニーデイ」の紀子、確かに続きが気になります。
間に合わなかったら大変!
妹さんとウソの評価なんかも書いたりするのかな…とか
そこら辺まで想像してみたりして…

そうそう。宝くじ、買ってもいないのに「当たったら…」って妄想しちゃいます。
| なな | 2007/06/08 11:26 PM |
面白かったですね〜。
っていうか、共感できる部分が多くて
頷きながら読んでました。
ソファーのある図書室
作ってみたいです・・・。
まずはイラらないものを
ネットオークションで売らなくちゃ・・・(笑)
| す〜さん | 2007/06/09 10:08 AM |
す〜さん、こんばんは。

そうそう、共感できる部分がたくさんありました。
「えーどうなっちゃうんだろう?」ってワクワクしました。

自分だけの図書室、ここ10年の私の夢です。
そうですね、いらない物をオークションで売ったら
そのお金で何か買っちゃいそうです。
「どうせ、なかったお金なんだから…」とか言いながら(笑)
| なな | 2007/06/09 6:31 PM |
ななさん、こんばんは。
出遅れました〜。
奥田さんらしいユーモアにあふれた短編集でしたね。
「妻と玄米御飯」、リアル奥田家な感じでした。
ソファーを置いた図書室、憧れます。
部屋はありますけど先立つものがなくて、
要らない売れないもので、あふれ返ってます(恥)。

「ドラマデイズ」「Gボーイズ」の記事もありますが…
いつも来ていただいてて、なんだか心苦しくて…
…お手すきでしたら、お越しください…。
「しずく」のコメントで先に来てたらって書いてくださってたので、この先ななさんが読まれそうで、私が読んでるのをピックアップしますと…
重松清さんの「小学五年生」
大崎梢さんの「サイン会はいかが?」
高野和明さんの「6時間後に君は死ぬ」
本多孝好さんの「正義のミカタI'm a loser」 
小路幸也さんの「シー・ラブズ・ユー」
三浦しをんさんの「きみはポラリス」
があります。
こういうお知らせって押し付けがましかったり、わずらわしかったりかも、なので気に障ったら、ごめんなさい。 
| 藍色 | 2007/06/11 1:10 AM |
藍色さん、こんばんは。

奥田さんらしい物語でした。
読み終えるのがもったいなかったです。

お部屋があるなら、私より「自分図書室」に近いところにいらっしゃる!ぜひぜひ!!!
| なな | 2007/06/11 9:00 PM |
こんばんは。
TBさせていただきました。
「ソファーを置いた図書室」素敵ですね〜。
いつもななさんのブログは楽しく拝見させていただいています。また遊びに来ます。これからもよろしくお願いします。
| masako | 2007/06/22 1:43 AM |
masakoさん、こんばんは。
TBとコメントありがとうございます。

「ソファーを置いた図書室」いいと思いません?
本は自分の好きな作家さんだけです。
少しずつ本を選んでいくのも楽しい作業です
(って完全に妄想の世界に入ってます)

こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします。
| なな | 2007/06/22 9:13 PM |
こんばんは〜。
面白かったですね。
うんうん、ってうなづくところもいっぱいありました。
そして、やっぱり正春の自分の部屋、うらやましかった。あのお金の使いっぷりが…
自分の図書館いいですね。うっとり。

それにしても「グレープフルーツモンスター」のツッコミには大うけしました。
| ちきちき | 2007/07/14 9:41 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
やっぱり奥田さん、いいですよね。
頷いちゃう場面、たくさんありました。

いつか、絶対に自分の図書室を作るんだ!って
願っていればいつかはかないますよね。

| なな | 2007/07/14 11:02 PM |
自分図書館…ほんとうにいいですね(うっとり)。
わたしはもう本があふれてどうにもならなくなったら、
趣味と実益を兼ね備えた案として「ブックカフェの経営」
をもくろんでます。ふふ。
カフェメニューを考えたりもしてみたら、もっと楽しく
なりそう??……実現の可能性は極めて低いかも、ですけど。
| まみみ | 2007/07/21 5:04 AM |
こんにちは^^
こちらの記事にもご報告遅くなりましたが、TBをさせていただきました。お返しのTB、どうもありがとうございます。
一つのお話が終わる度に、ほっと感じる温かさと安心感。
小さな家庭にもいろんなドラマがあって、でも最後はものがたりだからこそハッピーエンドを期待してしまう。
そんなわずかな期待を裏切らない、素敵なお家の物語。
奥田さんのあっさりした文体がとても好きです。
初めて奥田さんの本を読ませていただきましたが、
すっかりファンになってしまいました〜★
| kaorihonoka | 2007/07/21 4:25 PM |
◇まみみさん

例の「家日和」読んだんですね。
自分図書室、素敵でしょ。
ブックカフェもいいですね。
私、本を全然持っていないからそっち方向に考えが行かなかった。
まみみさんがブックカフェのオーナーになったら
働きに行きます。ケーキ作ります!!!


◇kaorihonokaさん

私の方こそコメントもせずにスミマセンでした。

一つずつ、ラストがすごく良かったですよね。
初・奥田さんなんですね。
色んなタイプの物語を書く作家さんなので
ぜひ「奥田道」を突き進んでください。
| なな | 2007/07/21 7:35 PM |
オークションで褒められると気をよくする主婦、滑稽だけど、分かるな〜。女は褒められたい生き物ですよね。
部屋も、ホームシアターもでき、ゆったりとワイン飲み、片手に本を、なんて夢ですね!
グレープフルーツモンスターも、栗原がよかったんじゃなくて、≪男≫がズカズカ日常に入り込んできて妄想のアバンチュールを楽しんでたのかな、と思いました。(笑)

そうそう、私も「人間いたるところ青山あり」初めて知りました。勉強になりましたね。
| じゃじゃまま | 2007/08/28 4:54 PM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

そう、女は褒められたい。
だけどなかなか褒めてもらえないんですよね。
夢中になっちゃう気持ち、そして張り合いが出来て綺麗になっちゃうのわかるような気がします。

グレープフルーツモンスターもきっと同じような事なんでしょうね。「若い男」が新鮮な空気を持ってきた…
| なな | 2007/08/28 8:59 PM |
グレープフルーツモンスターになりたい、すのです(苦笑)。さっそく柑橘系のコロン買わなきゃ(嘘)。
うまく、おもしろいけど、残らない一冊なんでしょうね。奥田さんの長編が読みたいぃぃ!
| すの | 2007/08/30 12:13 AM |
すのさん、こんばんは。

グレープフルーツモンスター希望なんですね(笑)
思わず「プっ」と吹きだしちゃいました。

色んなタイプの物語、どれも「うまい!」って思える
作家さん。すごいことです。
| なな | 2007/08/30 8:58 PM |
ななさん☆こんばんは
どれもクスクスと笑える作品ばかり、リラックスして読める本でした。
「人間到る処青山あり」はツボにはまりました。(#^.^#)
「あおやまじゃないっつーの!」とツッコミを入れたくなるような事って、ふだんの生活で良くありますものね!
| Roko | 2007/11/03 9:11 PM |
Rokoさん、こんばんは。
本当にリラックスできますよね。
だけど、ん?これ私かも?って思うのもあったりして。
「あおやまじゃないっつーの」って言うような突っ込み
入れられることならよくあります。
自慢にも何にもならないですね、
| なな | 2007/11/04 12:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/799
トラックバック
家日和
奥田英朗 単行本: 235ページ 出版社: 集英社 (2007/04) ISBN-10: 4087748529 ISBN-13: 978-4087748529 あー面白かった〜奥田さんがやっぱり好きだ。絶対イイ人・・・会いたい作家?1。「そうそう分かる分かる」的箇所に印す付箋の数が今回もスゴイ。『
| ほんさえあれば | 2007/06/07 11:23 PM |
『家日和』奥田英朗
シェアブログ1152に投稿 お、おもしろかったぁ!! 家庭をテーマにした全部で6編からなる短編集なのですが、 もう読み終わるのがもったいないっと感じるくらい。 もっともっとそれぞれの主人公達のその後が読みたい!!と思わせ
| 道草読書のススメ | 2007/06/07 11:38 PM |
「家日和」奥田英朗
家日和 ところどころ鋭さにうなって、ところどころ笑って・・さらりと読むことができて、気軽に楽しむことができます。おもしろかったです。でも同じ系統だったら「ガール」の方が好きだし、短編よりも長編の方が好きです。 内容(「MARC」データベースより) ネ
| 本のある生活 | 2007/06/08 9:41 PM |
家日和 〔奥田 英朗〕
家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、主夫となる営業マン。 夫と妻。 ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。 ずっと外
| まったり読書日記 | 2007/06/08 10:47 PM |
家日和   〜奥田 英朗〜
ネットオークションにはまる専業主婦。 会社が倒産し、主夫となる営業マン。 妻が家を出て自分の趣味をいかした部屋つくりをする夫。 在宅でDMの宛名打ちの内職をし、家にやってきた若い営業マンとの 淫らな夢におぼれ
| My Favorite Books | 2007/06/09 10:06 AM |
家日和 奥田英朗
装丁は大久保伸子。写真は本城直季。 「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。 1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。02年「邪魔」で大薮春彦賞、04年「空中
| 粋な提案 | 2007/06/11 1:11 AM |
奥田秀朗 『家日和』
家日和/奥田 英朗 ¥1,470 Amazon.co.jp ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな
| 映画な日々。読書な日々。 | 2007/06/22 1:38 AM |
家日和<奥田英朗>−(本:2007年63冊目)−
家日和 出版社: 集英社 (2007/04) ISBN-10: 4087748529 評価:80点 ドキドキハラハラ感はないけれど、最後まで安心して読ませてくれる。 それでいて決して飽きさせない見事な筆力。 さすが奥田英朗だ。 安心させて飽きさせないって、たぶん結構難しいんだ
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/07/01 11:11 AM |
家日和
おかしくて切ない、〈在宅〉小説誕生! ネットオークションにはまる主婦。会社が倒産し主夫となった営業マン。ロハスに凝る妻に辟易する小説家…。ちょっとズレても家庭は続く。夫と妻の心の機微を軽妙に描きだす、6つの物語。集英社HPより さすがにさすがに。安
| ぼちぼち | 2007/07/14 9:47 PM |
x)お家の小さなヒーロー
奥田 英朗 家日和 ちょっと前まで、小説と言えば推理小説オンリー。 読みやすく、ドキドキとハラハラが味わえるもの。 シリーズ物では、事件解決後は必ず、 定番のほんわか癒し部分が施されていて、 それでほんのり和みタイムを味わったものだ。 小説
| 酔芙蓉に恋をして | 2007/07/15 11:50 PM |
「家日和」 奥田英朗
家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 1353Amazonで詳しく見る by G-Tools
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/07/21 4:49 AM |
家日和 奥田英朗著。
おお~~。さくさく読めて、なんてリラックスできたのでしょう。 奥田氏ってミステリからいつの間にやらコメディというかユーモア小説が多くなってきて、好きだな~。いちいち、その一言が面白いんだよ、とプッと吹き出してしまう。よく人間観察してるよね。 「サニーデイ
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/08/28 4:48 PM |
「家日和」奥田英朗
「家日和」奥田英朗(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、家族、家、短編連作集 ※備忘録としてのあらすじあり。未読者は注意願います。 個人的には奥田英朗は長編小説でその真価を発揮すると信じている。精神科医、伊良部のシリーズ、あるいは30代OLの
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/08/30 12:05 AM |
「家日和」奥田英朗
タイトル:家日和 著者  :奥田英朗 出版社 :集英社 読書期間:2007/08/06 - 2007/08/07 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情
| AOCHAN-Blog | 2007/09/28 10:05 PM |
第20回柴田錬三郎賞は奥田英朗さんの家日和
第20回柴田錬三郎賞は、 奥田英朗さんの「家日和」に決まりました。   「家日和」は夫婦の機微を軽妙に描いた短編集。 奥田英朗さんは「邪魔(上)(下)」で第4回大藪春彦賞、 「空中ブランコ」で第131回直木賞などを受賞しています。
| 及川的大人のブログ | 2007/10/05 6:38 PM |
『家日和』 奥田英朗
家日和posted with amazlet on 07.10.31 奥田 英
| Roko's Favorite Things | 2007/11/03 9:12 PM |
奥田英朗【家日和】
第20回柴田錬三郎賞受賞作。 お家には楽しいことがいっぱいある。インターネットオークションか、料理か、ロハスか、それともインテリアに凝ってみるか。 なにがあっても自分の家が一番。お家ばんざい。 家日和
| ぱんどらの本箱 | 2007/11/04 1:29 PM |
家日和 奥田英朗
家日和奥田 英朗 (2007/04)集英社この商品の詳細を見る <あなたは一体どのタイプ。抱腹絶倒の在宅小説> 久しぶりの奥田さんの作品ですが、笑いましたね。やはり奥田さんの作品はいいなー。今、この手のユーモア小説は、荻
| それでも本を読む | 2008/02/22 6:17 PM |
本「家日和」奥田英朗
「サニーデイ」「ここが青山」「家においでよ」「グレープフルーツ・モンスター」「夫とカーテン」「妻と玄米御飯」 家に関わる夫婦の6つの短編集。 「マドンナ」「ガール」のような軽快で解る解るという身近な感覚で読める短編集。好きです〜♪ 家族には居るの
| 日々のつぶやき | 2008/03/28 6:37 PM |
家日和  奥田英朗
家日和/奥田 英朗 奥田英朗 集英社 2007 STORY: サニーデイ:ネットオークションにはまっていく42歳の主婦は…。 ここが青山:突然会社が倒産し、妻が働き、夫が主夫になったら…。 家においでよ:妻が家を出て行き、自分の家の家具をそろえていくうちに
| 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) | 2008/09/25 2:43 PM |