CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「1000の小説とバックベアード」佐藤友哉 | main | 「ダーティ・ワーク」絲山秋子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ヘンリエッタ」中山咲
中山 咲
河出書房新社
(2006-11-17)

JUGEMテーマ:読書


主人公の女の子・まなみが、あきえさんとみーさんと一緒に暮らすヘンリエッタと名づけられた家。3人の不思議な生活と牛乳配達の男の子。

第43回(2006年)文藝賞受賞作です。書いてるのは高校生だそうです。

ヘンリエッタは家の名前です。「いつも水のような空気が満ちている」そのヘンリエッタの中に私もいるような気分になりました。

外に出れないまなみ。あきえさんとみーさんの食事を作り、家事をする。昼間一人の時にはヒロシという男の子と会話をし、昼寝をする。時々お母さんから電話があり、緊張しながら会ったりもする。6時ちょっと前に来る牛乳配達の音をヘンリエッタのドア越しに聞いている。そんなまなみの春から冬の物語。

一緒に生活してる二人も一癖も二癖もある人たち。あきえさんはヘンリエッタのオーナー。三輪車を盗む癖、ヘンリエッタを好きになりそうな人を攫う癖があります。みーさんはスーパーで働く。恋に落ちるとその人に似た魚を買ってきて、世話をする。魚が死んだ時が恋の終わる時。牛乳配達の男の子の健全さがまぶしかったです。

| 本:な行(その他の作家) | 21:43 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:43 | - | - |
コメント
こんばんは。
ヘンリエッタの雰囲気が良かったですね。
不思議な空間だったです。
装丁も可愛らしかった。
| ちきちき | 2007/06/01 9:15 PM |
ちきちきさん、こんばんは。
TB上手くできなかったのですが
今日はちゃんとできたみたいです。よかった。

装丁、かわいかったですね。
何度も見てしまいました。
| なな | 2007/06/01 10:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/792
トラックバック
ヘンリエッタ
『ヘンリエッタ』中山咲(河出書房新社) そこは、家でも外でもないところ。“最高の場所を見つけました”高校生が描く、静かな癒しの物語。第43回文藝賞受賞作。「BOOK」データベースより 昨日に引き続いて文藝賞受賞作品です。 またまた現役高校生の女の子で
| ぼちぼち | 2007/06/01 9:18 PM |