CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ニート」絲山秋子 | main | 柏屋 薄皮饅頭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「100回泣くこと」中村航
犬が死にそうだと実家の母から電話があった。バイクだ大好きだった犬の為にバイクでかえってあげなよと言う彼女。彼女と一緒にバイクの修理をした日、僕はプロポーズをし、1年間結婚の練習をする事にした僕たち。

最初から実家で飼っている犬が危ない状態だし、また「犬好きの心をくすぐる本」そして「泣く本」なのかな?って読みはじめました。ぼくと彼女が結婚しようと決めた次の朝「ここが頂点でもいいな、と降りてきたように思った。」って文章を読んで、あぁこれはもう悲しい別れなんだって。「結婚の為の練習」をする幸せな二人が、悲しい別れをよりいっそう悲しくする為の「前ふり」に思えてきたりして。いかにも「泣かせます」って物語はどうもさめた目で見てしまいがち。

だけど、「前ふり」っぽい二人の生活が淡々と書かれていて、それは素敵なのです。1年間の練習期間を設けて、通帳を一つ作る。家賃、光熱費はそこから出し、普段の食費はお互いが出す。生真面目で、前向きで、清い。そんな二人の生活なんです。結婚する前だったらこんな生活に憧れたかもしれません。
自分が死んだ時に、誰かがこの主人公のように悲しんだら、それはすごく辛いって思いました。だけど、悲しい事が起って自分は壊れてしまうんじゃないかって思っていても、季節がいつの間にか流れていくように自分の気持ちもゆっくりだけど流れていく。読んだ後、そんな事を考えました。

悪性腫瘍に冒されている彼女。手術して、抗がん剤を使用し、効果が見えないと違う抗がん剤を使う。副作用に悩まされながらも、ほかに打つ手がないので戦う。食欲がなく痩せていく。先月まで義父もそうやって癌と戦っていました。そんな義父の事を思い出しました。中村さん、大切な人を癌で亡くした経験があるのかもしれないって思いました。

バイクのキャブレターを分解するところの解説はすごく面白かったし、「人という字を逆から書くように方向転換し」という文章もなんだかそのやり方が目に浮かぶようで印象深かった。
| 本:な行(中村航) | 22:21 | comments(10) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - |
コメント
私も「人という字を逆から書くように方向転換し」とか、そういうとこうまい!って思いました。きらきら光るものはあるんですけどね〜…。全体的に、あと、ちょっと!
| chiekoa | 2006/05/24 12:37 PM |
chiekoaさん、こんばんは。
今までの作品結構好きだったんです。
だからなんでこんな「泣かせる」本を書く必要があるのか?って思ってしまったのです。
だけど、中村さんはこれからも読みます!
| なな | 2006/05/24 10:27 PM |
わたしも、前半の幸せな生活ぶりの描写は好きでした。
それだけに、後半は、こうなってしまうのか〜・・・と。
バイクの修理の過程はとても詳しく書かれていましたよね。
中村さんはバイクが好きで詳しいのかなと思いました。
| tamayuraxx | 2006/07/24 8:40 PM |
tamayuraxxさん、こんばんは。

そうなんですよね。
後半の展開が予想できたのですが、やっぱりそこに言っちゃうのか!って気持ちでした。

バイクのキャブレターを洗うだなんて、
私の生活の中に全くないことなので興味深く読みました。
| なな | 2006/07/24 11:39 PM |
バイク直しながらついでみたいに「結婚しようか」って、ああいうの好きです。
されてみたかったな〜、と思いました。
| じゃじゃまま | 2006/09/24 10:39 AM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

ホント、ホント。
いいですよね〜
されてみたかったです。
後はもう、妄想の世界でしか体験できない訳で…(笑)
| なな | 2006/09/24 11:30 PM |
 こんばんは♪ 
 TBさせていただきました。
 
>だけど、悲しい事が起って
 自分は壊れてしまうんじゃないかって思っていても、
 季節がいつの間にか流れていくように
 自分の気持ちもゆっくりだけど流れていく。

 そうですね、、ほんとに。。
 私も読んでていろいろ考えてしまいました。

 バイクの分解のところ、おもしろかったですね。
| miyukichi | 2007/05/09 12:20 AM |
miyukichiさん、こんばんは。

今、友人が悲しみの中にいるんです。
きっといつかは時が解決してくれるんでしょうけど
悲しみに直面している友人に何もしてあげられない
それがとても歯がゆく感じてます。

バイクの分解のところ。
とても詳しく書かれていて面白かったですね。
| なな | 2007/05/09 10:49 PM |
センスの良さは光ってましたが、後半がダメでした。
なんでそっちに行くのかね、という感じ。
自分の中では、新生活のスタートで終わってます(笑)
| しんちゃん | 2008/10/18 12:43 PM |
しんちゃん、こんばんは。
そうなんですよね。
前半部分はよかったんだけど、後半は泣かせます!って感じになりました。
中村さん、もうすぐ新刊出ますね。
| なな | 2008/10/18 8:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/78
トラックバック
「100回泣くこと」中村航
「100回泣くこと」中村航(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、恋愛、喪失 ※詳細なあらすじあり。この作品を評価するなら、あらすじではないと思いますが・・。未読者は一応注意願います。 昨年末から、今年のはじめまで、あちこちのネットの本読み
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/04/26 8:46 AM |
100回泣くこと [中村航]
100回泣くこと中村 航 小学館 2005-10 付き合って3年の彼女にプロポーズをした僕。1年間結婚の練習をしよう、と言った彼女とはじめた新しい生活。いつまでも続くと思っていたその幸福は…。 なんだかものすごくそのまんまというか、シンプルというか、王道のラブ
| + ChiekoaLibrary + | 2006/05/24 12:35 PM |
[本]中村航「100回泣くこと」
100回泣くこと 中村 航 / 小学館彼女にプロポーズをして、1年間結婚生活の練習ということで 彼女と同棲し始めた主人公。ずっと幸せが続くと思っていた。 しかし不幸の影は知らぬうちに忍び寄ってきて・・・。 ええと、これは“セカチュー”ブームにのって刊行さ
| Four Seasons | 2006/07/24 8:26 PM |
100回泣くこと 中村航著。
「世界の中心で、愛を叫ぶ」や「いま、会いにゆきます」みたい。 男性が書く一途に一人の女性を愛する物語って、なんでこう柔らかいんだろう。なんか似たものがある。 病気に冒され死にそうな愛犬ブック。ブックに会うために、4年間乗ることのなかったバイクにまたが
| じゃじゃままブックレビュー | 2006/09/24 10:36 AM |
100回泣くこと/中村 航 [Book]
 中村 航:著 『100回泣くこと』  100回泣くこと小学館このアイテムの詳細を見る  健やかなるときも 病めるときも  喜びのときも 悲しみのときも  富めるときも 貧しきときも  これを愛し これを敬い  これを慰め これを助け  死が二人を別つまで  
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/05/09 12:17 AM |
「100回泣くこと」中村航
100回泣くこと (小学館文庫 な 6-1)(2007/11/06)中村 航商品詳細を見る 犬が死にそうだ、と実家の母から電話があった。実家には就職してから帰ってい...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/10/18 12:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/12/25 5:17 PM |