CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「水上のパッサカリア」海野碧 | main | キサラギ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「まんまこと」畠中恵

まんまこと
畠中 恵

町名主のお気楽な跡取り息子・麻之助。16歳までは生真面目で勤勉だったのに、ある日を境にお気楽な青年になってしまった。その麻之助を中心に、隣の町名主の息子で女好きの清十郎、かたぶつの同心見習い・吉五郎が町で起こったり名主の所に持ち込まれるちょっとかわった問題を解決していく。

面白かったです。「若だんな」と違って、こちらは元気。江戸の町を西へ東へと自分で歩き回ります。もちかけられる悩みはおなかの子は誰なのか?とか万年青の持ち主は誰なのか?とかのんびりとしたものです。

「万年、青いやつ」で登場し、麻之助の許嫁となってしまう寿ずとの関係も面白いです。最初は寿ずの外出の為の口実として結婚の約束をした二人、そしてその契約は又四郎が亡くなるまでということだったのですが、周りは放っておいてはくれません。

そして何より、清十郎の義理の母であり麻之助が子どもの頃から知っている2歳年上のお由有。麻之助16歳の時に何があったのか?麻之助がお由有をそしてお由有の子供・幸太を見るときの目がなんともいえないです。

これもシリーズ化するようなので、楽しみが又増えました。
「まんまこと」
清十郎の家に相談に来た太物問屋笠松屋。娘のおなかに麻之助の子供がいるという。おのぶとは初対面の麻之助。おのぶは本当の父親のことは一切口にしない。病の父に代わって赤子の本当の父親を探す事になった麻之助。ある日、瀬戸物商小倉屋の次男半次郎が袖の下をもってやってきた。

「柿の実を半分」
質屋の三池屋小左衛門の家の柿ももいだ事が原因で小左衛門の話を聞かなければいけなくなった麻之助と清十郎。小左衛門が話すのは昔好きだったお亀という女のこと。ある日、お亀の子供だというお紺という女が現れた。

「万年、青いやつ」
とうとう麻之助にも縁談話が持ち上がった。相手はお武家の娘・寿ずで、想い人がいるという噂がたっている。そんな時に万年青(おもと)を巡る二人の争いの相談が持ち込まれ、万年青に詳しい寿ずの想い人といわれる又四郎と麻之助は万年青の持ち主を言い当てる対決をする。

「吾が子か、他の子か、誰の子か」
清十郎が木刀を持って麻之助に殴りかかってくる。あるお武家が清十郎の弟・幸太が自分の孫だと言って来たのだ。お由有にヘンな噂が立たないよう、事の真相を調べる麻之助。

「こけ未練」
又四郎を見舞いに行く道すがら、狆と喋らない娘を拾ってしまった麻之助と清十郎。岡っ引きに追いかけられ、娘は川に落ち…又四郎の所にはたどり着けるのか…

「静心なく」
幸太が誘拐された。家に文が届けられ五十両用意しろと書いてあった。源次郎は新郎のあまり卒中で倒れ、清十郎と麻之助が幸太を探すことになった。たまたま縁談を断ろうと八木家に来ていた寿ずも幸太探しを手伝うことになった。
| 本:は行(畠中恵) | 21:29 | comments(22) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 21:29 | - | - |
コメント
「しゃばけ」シリーズとの違いは主人公が元気だということでしょうか?
江戸を舞台にしているという点で
どうしても「しゃばけ」シリーズと比べてしまいます(笑)
どこかに妖たちがいないのかな?と。
麻之助が放蕩息子になってしまった理由が切なかったですね〜。
| す〜さん | 2007/04/27 11:49 PM |
す〜さん、おはようございます。

そうそう。妖も好きなのですが、床に臥せてる若だんなより
こちらの方が明るく突き抜けていて、私好みかもしれません。
二つのシリーズ、江戸でも時代が違うのかしら?
どこかで麻之助と若だんなが出合ったら面白いなって
勝手な妄想してみたりしました。

麻之助とあの人に未来はないんでしょうかね…
| なな | 2007/04/29 8:47 AM |
ななさん、こんばんは。
元気な主人公と悪友三人のいいチームワーク、
楽しかったですね。

おぉ!麻之助と若だんなの出合い!素晴らしい妄想です。
面白そうですね〜。私は考え付きませんでした。
リンク、あるいはコンタクトですね。
同じ文藝春秋なので、シリーズが進んだらありえるかも。
どっちの番外編になるのか、楽しみです。
| 藍色 | 2007/04/30 12:29 AM |
藍色さん、こんばんは。

三人のチームワーク。よかったですよね。

麻之助と若だんな、どこかで出会えたら面白そうです。
どうなんだろう?江戸時代も長いですからね…
同じ時代を生きている人たちなんだろうか???

| なな | 2007/04/30 11:56 PM |
ななさん、こんばんは☆

しゃばけシリーズのキュートな部分は捨てがたいですが、こちらも確かに良かったですね☆
確かに若だんなと違って、麻之助たちは息切れしつつもよく走りますね(笑)

麻之助の結婚話も含め、次作が楽しみなシリーズがまた増えて、うれしいです♪
| プリン | 2007/05/01 10:23 PM |
プリンさん、こんばんは。

「しゃばけ」シリーズは若だんなががんばりたくても
お布団に押し込められたりして、歯がゆさがね…
こっちはどうしようもない放蕩息子って思われているのが
読んでいて気楽です。

若だんなシリーズ(なんだか「若大将」みたい?!)は
まだ全部読み終えてないんです。
だから楽しみが二つ。嬉しいです。
| なな | 2007/05/02 11:17 PM |
こんばんは!
このシリーズも楽しかったですね♪
鳴家は出てこないけれど、麻之助の縁談の話など「しゃばけ」シリーズより大人の設定で。
この後どうなっちゃうのか、楽しみなシリーズになりそうです。
麻之助も気になるけれど、清十郎や吉五郎もどんな恋をするのかも気にかかるところですね。
| エビノート | 2007/05/05 8:52 PM |
エビノートさん、こんばんは。

そうでした。
「しゃばけ」シリーズよりちょっぴり大人の設定でしたね。

女好きの清十郎の恋、気になります(笑)
| なな | 2007/05/06 8:08 PM |
あ〜、若だんなとのコンタクト。わたしも思いつきませんでした。お互い名士なので、どこかで関係ができてもおかしくはないですよね。
ただ若だんなはほとんど家にひきこもりなので、ただすれ違う、とかは難しいかも(笑)

楽しくも切ない、よいお話でした。続編が早くも待ち遠しいです。
| まみみ | 2007/06/05 11:06 AM |
まみみさん、こんばんは。

麻之助と若だんな、出会えたらいいですよね。
麻之助が若だんなの家にクスリを買いに行くとか
そんな感じでお願いしたい。
| なな | 2007/06/05 10:36 PM |
こんばんは。
麻之助と若だんなのコラボ!?
それは考え付かなかった、けどすごい素敵。
お遊びでもいいから実現して欲しいような。

ちょっぴり切なくて、でものほほんとした雰囲気で楽しく読めた本でした。
まだまだいろいろ楽しめそうな人たちなので、続編楽しみですね。
| ちきちき | 2007/07/01 9:16 PM |
ちきちきさんへ

コラボ、あったら面白そうですよね。

麻之助のお由有に対する気持ち…
寿ずとの関係など、この先どうなるんでしょうね。
| なな | 2007/07/02 10:38 AM |
しゃばけの印象が強くて、少し物足らない気持ちもしましたが、面白かったです。
もう少しシリーズとして読み込めば、麻之助に愛着がわいてくるような気がします(笑)
| ゆう | 2007/07/08 10:58 AM |
ゆうさん、こんばんは。

「しゃばけ」シリーズはまだ3作しか読めていなくて
なんとなく途中から仲間に入れてもらった「転校生」な気分(?)なんです。
こちらは生まれてすぐからの幼馴染って気持ちで、なんとなく肩入れしてしまう私です。
| なな | 2007/07/08 9:06 PM |
こんにちは。TBさせていただきました。
面白かったですね。畠中さんの作品はやっぱり好きです。
人情味があふれていて良かったですね。
麻之助のお気楽な中に秘める思いも何だか切なくて好感を持ちました。
| 苗坊 | 2007/09/01 1:46 PM |
苗坊さん、こんばんは。
畠中さんの書く物語、優しさがあっていいですよね。
麻之助が放蕩息子になってしまった理由も
心に秘めた思いも切ないですよね。
続きが楽しみです。
| なな | 2007/09/02 8:13 PM |
こんにちは。
畠中作品に共通するあたたかな読後感は、この作品でも健在でしたね。
麻之助はこれからどうするのでしょう。
次作がとても気になります。
| らぶほん | 2007/10/03 6:56 AM |
らぶほんさん、こんばんは。
麻之助、どうするんでしょうね…
私としては秘められた恋心を貫いて欲しいんですけど。
| なな | 2007/10/03 9:27 PM |
こんにちは。
自分もこっちの方が好みでした。
名主の仕事だけじゃなく、麻之助の物語も楽しかったです。
お由有はちょっと卑怯かなと思いましたけど。
| しんちゃん | 2008/10/01 1:11 PM |
しんちゃん、こんばんは。
いいですよね。
シリーズ化って書いてあったけど
この後出ていないですよね。
お由有、卑怯かしら…
気持ちを残したままの二人、どうにもならないのでしょうかね。
| なな | 2008/10/01 10:50 PM |
いや〜、面白かったですね!
やっぱり明治より江戸ですね。(笑)
「しゃばけ」は私の中ではイマイチな評価なので、これは嬉しいシリーズです。
吉五郎は寿ずが好きなのかな、と思ったんですけど・・・。
| じゃじゃまま | 2009/06/05 10:38 PM |
じゃじゃままさん、こんにちは。
そうそう。明治より江戸なんですよ!
続編も面白いですからぜひぜひ。
吉五郎、寿ずの親戚なんですよね。
| なな | 2009/06/06 11:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/764
トラックバック
まんまこと   〜畠中 恵〜
畠中恵の新作。 お江戸を舞台にして町名主の放蕩一人息子、麻之助の 活躍を描く時代物。 時代物でちょっとした謎解きメインのお話とくれば 「しゃばけ」シリーズを思い出すけれど、 この作品では妖たちは出てきません
| My Favorite Books | 2007/04/27 11:47 PM |
まんまこと 畠中恵
装丁・イラストレーションは南伸坊。 「オール讀物」平成17年7月号〜18年12月号不定期掲載の連作短編集。 収録作品:まんまこと(真真事・ほんとうのこと『江戸語辞典』)/柿の実を半分/万年、青いやつ(万年青=おもと
| 粋な提案 | 2007/04/30 12:29 AM |
76:まんまこと
76冊目は、畠中 恵の新シリーズ『まんまこと』です! なむなむ! (これが言いたかった) しゃばけと同じく、時代は江戸、主人公も裕福でお気楽な若旦那です。 麻之助と清十郎、幼馴染みで悪友の二人は、共に町名主の跡取りです。 町名主とは、奉行所が扱うほどでな
| プリン@BOOK CAFE | 2007/05/01 10:23 PM |
まんまこと 〔畠中 恵〕
まんまこと畠中 恵 文藝春秋 2007-04-05売り上げランキング : 422おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!? 嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。 玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子
| まったり読書日記 | 2007/05/05 8:40 PM |
まんまこと 【畠中恵】
『我らの仲を…あたしのおとっつぁんや家主さんたちに、告げてほしいのさ』 そう言って麻之助に抱きついてきたのは、幼なじみの悪友、清十郎! どうやら太物問屋の娘からお腹の子の父と名指しされ、まるで身に覚えのない清十郎が困り果てての頼みの様子。 まことの父
| *読み出したら止まらない* | 2007/05/13 12:57 PM |
「まんまこと」 畠中恵
まんまことposted with 簡単リンクくん at 2007. 5.25畠中 恵著文芸春秋 (2007.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/06/05 11:02 AM |
まんまこと
呑気な跡とり・麻之助が人情のもつれをさばきます! 江戸は神田の古い名主の家に生まれた麻之助。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが 文藝春秋HPより 「しゃばけ」の畠中さんの新シリーズ、ということです。 今度
| ぼちぼち | 2007/07/01 9:17 PM |
まんまこと 畠中恵
江戸・神田の町で巻き起こった小さな揉め事を、町名主の放蕩息子・麻之助が二人の親友と共に解決していく連作短編六編。 ちょっとしたミステリーを絡めた時代物でテンポ良く展開し、江戸の情緒も味わえ楽しく読めた。 しかし、全体的に卒なく無難にまとめられている感
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/07/08 10:59 AM |
まんまこと 畠中恵
まんまこと 女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!? 嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。 玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子として生まれた麻之助。 これが、たいそうなお気楽もので、周囲は気がもめるのだが。 ふうわり胸が温まる畠中
| 苗坊の読書日記 | 2007/09/01 1:43 PM |
まんまこと⇔畠中恵
まんまこと〔畠中 恵〕 女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!? 嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。 玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子として生まれた麻之助。 これが、たいそうなお気楽もので、周囲は気がもめるのだが。 ふうわり胸
| らぶほん−本に埋もれて | 2007/10/03 6:57 AM |
まんまこと<畠中恵>−(本:2007年139冊目)−
まんまこと 出版社: 文藝春秋 (2007/4/5) ISBN-10: 416325840X 評価:80点 「しゃばけ」シリーズと同じく、江戸を舞台にした時代物。 ただし、こちらには妖怪の類は一切出てこない。 江戸人情ミステリーとして、これが新シリーズになるらしいが、そこそこ面白
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/11/17 2:56 PM |
「まんまこと」畠中恵
まんまこと(2007/04/05)畠中 恵商品詳細を見る 江戸町人の揉め事を調停する町名主の跡取り息子・麻之助はたいそうなお気楽者。このままでは先が...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/10/01 1:11 PM |
まんまこと 畠中恵著。
≪★★★★≫ 今回はよかった〜。裏切られなかった。 神田の町名主の跡取り息子、お気楽な麻之助。幼なじみにして悪友のこちらも町名主の跡取り清十郎、そして同心見習い吉五郎と、江戸の町で巻き起こる人情物語の数々。 いや〜、面白かった! 畠中氏は、明治より江戸
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/06/05 10:34 PM |