CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 男たちの大和 / YAMATO | main | 「空飛ぶタイヤ」池井戸潤 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く
二枚舌は極楽へ行く
蒼井 上鷹

12の物語。「九杯目には早すぎる」がよかったので早速2冊目。今回もありえないラストに驚くやら、ニヤリとするやら。それぞれの物語がちょっとずつ繋がっていたりもするんですけど、気になりだすとそこばかり気になって物語りに集中出来ない。そして流れにすっかり置いていかれてしまうんです。なので、繋がりはかる〜く楽しむ程度にしました。

そうそう、つながりといえば「九杯目には早すぎる」と繋がりがあるから忘れないうちに読んだ方がいいとすすめられ、借りてきたわけです。だけど、つながりがわからなかった。えーん。

どれが好きだったかなぁってタイトル見るんだけど、タイトルだけじゃ内容が思い出せない。そこで又自分用にあらすじです。どうして忘れっぽいんだろう、私。
「野菜ジュースにソースを二滴」
大学時代から仲のよかった5人。みんなで結婚した沼部と玉恵の家で飲んだ次の日、玉恵が事故死した。久しぶりに沼部の家に集まったみんな。

「値段は五千万」
僕は誘拐された。身代金は五千万円。だけどお父さんがそんな金額を僕の為に出すわけがない。

「青空に黒雲ひとつ」
介護ヘルパーの静は毎週火曜日りくの家に行き掃除をする。その日、りくは不在で孫の孝子が一人だった。

「天職」
私は役者。商店街のイベントのあと食事をする為に入ったお店での出来事。

「世界で一つだけの」
バー「レニ」での出来事。酔うと人の持ち物を失敬してしまうゴンちゃんが盗んだのは鍵だった。

「待つ男」
ショット・バー「レニ」十七年後にこの店で、この酒を飲もうと約束した二人がいた。

「私のお気に入り」
遥は允の整った顔、中でも筋の通った鼻筋がお気に入りだ。允は私のどこが好きなんだろう?

「冷たい水が背中に」
12時に会おうといっていた徹が来なかった。彼の家に行ってみたら徹はシャワーの水を浴びなが死んでいた。

「ラスト・セッション」
私の弟は新鋭ジャズビアにストだった。ある事件をきっかけに1年間引きこもっていたのだが、初めてのソロライブの後自宅で死体で見つかった。弟の右手人差し指がなくなっていた。

「懐かしい思い出」
海沿いの小さな町を訪れるのは小学校卒業以来だった。

「ミニモスは見ていた」
ミニモスをルナにプレゼントしたレン。中には盗聴器が…

「二枚舌は極楽へ行く」
妻には内緒にしてくれといって会社を去った稲本。その奥さんから稲本が脅迫されていると電話があった。降格させらられた元課長を含む4人は稲本の安否を気にし始めた。
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 21:53 | comments(11) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 21:53 | - | - |
コメント
「九杯目には早すぎる」と関連あるんですか?…初耳でした。全然気付かなかったですー。蒼井さん、凝り過ぎ!!(←逆ギレ?)
| まみみ | 2007/04/12 6:52 PM |
まみみさん、こんばんは。
chiekoaさんがそうおっしゃってました。
だけど、私は全く覚えていなかった。

「九杯目…」のマスターが病気になって見習い君が一人でお店まかされて…ってやつがこの「レニ」なのかな?ってチラリと考えたりもしましたが…
| なな | 2007/04/12 9:41 PM |
こんばんわ^^カキコありがとうございました。
面白かったですよね〜
私はこちらを先に読んでしまったのですが、それでも充分楽しめました^^
楽しかったですね〜
ラストが全然想像つかないですもん。
やっぱりはまりますわ〜。
| 苗坊 | 2007/04/12 11:30 PM |
あ、私も気づかないで後から「つながってたよ!」と教えてもらったクチです(笑)。連続して読んだはずなのに…あれ??でも面白かったのでよいことにしてしまいました。てへ。
| chiekoa | 2007/04/13 12:27 PM |
◇苗坊さんへ

こんばんは。どっちが先でも十分楽しめますよね。
そう、ラストを読んで一度考えてから「ほほ〜」って。
ちょっと鈍すぎますか?


◇chiekoaさんへ

あぁ、よかった。
chiekoaさんは気がついていたんだって思って焦ってたのです。いっしょ!いっしょ!
そう、面白いからいいのです。
| なな | 2007/04/13 11:00 PM |
ななさん、こんにちは!
初書き込み、ちょっぴりドキドキしています。
もう〜大当たり!の面白さでした♪
『九杯目〜』ではブラックながらもユーモアがあって
楽しめて、こちらはそのユーモアさにシリアスが加わって
さらにさらに楽しめました。
これからも気になる作家さんですね。

また伺いますね〜。
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
| リサ | 2007/04/14 9:39 AM |
リサさん、こんばんは。

全く読めないラスト(時々理解出来なかった理もしてますが…)にやられっぱなしでした。
もう、絶対に追いかけていこう!って思える作家さんです。

こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします。
| なな | 2007/04/15 7:20 PM |
デビュー作読まずにこっちから読んでしまいました。
こちらは面白かったです。
最新作は長編でちょっと中だるみな部分もあったんですけど、
こちらはシャープでしたね。
すごく面白かったです。
| す〜さん | 2007/09/10 11:19 PM |
す〜さん、こんばんは。
最新作、図書館に入ってなくて読めていません。
デビュー作も同じような面白さです。
ぜひぜひ!
| なな | 2007/09/11 8:39 PM |
ず〜っと積みっぱにしてました。勿体無い。
この人の短編とショートは、ほんまにすごい!

実は三冊目の長編も積んでるのです(汗)
だけど、これはあまり評判がよろしくない。
なのでもう少し寝かせて熟成させようと…。
熟成はしないよなあ。はは。


| しんちゃん | 2007/09/24 3:59 PM |
しんちゃん、こんばんは。
短い文章の中にブラックユーモアがギュギュギュっとつめこまれていたりで、本当にすごいですよね。
本寝かせているうちに、しんちゃんが熟成して
「なんでもこ〜〜〜い」ってなるかも(笑)
| なな | 2007/09/24 9:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/748
トラックバック
「二枚舌は極楽へ行く」 蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行くposted with 簡単リンクくん at 2007. 1.26蒼井 上鷹著双葉社 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/04/12 6:50 PM |
二枚舌は極楽へ行く 蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く 「オレの愛する妻を殺した犯人がここにいる。犯人には密かに毒を盛った。自白すれば解毒剤をやる」 「え、え、まさかオレを疑ってないよね…え、苦しい、ウソ、まじ!?」 袋小路に入った主人公と、思わず一緒になって手に汗にぎる「野菜ジュース
| 苗坊の読書日記 | 2007/04/12 11:29 PM |
二枚舌は極楽へ行く [蒼井上鷹]
二枚舌は極楽へ行く蒼井 上鷹 双葉社 2006-10 「野菜ジュースにソースを二滴」「値段は五千万円」「青空に黒雲ひとつ」「天職」「世界で一つだけの」「待つ男」「私のお気に入り」「冷たい水が背筋に」「ラスト・セッション」「懐かしい思い出」「ミニモスは見ていた
| + ChiekoaLibrary + | 2007/04/13 12:27 PM |
『二枚舌は極楽へ行く』蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く蒼井 上鷹双葉社2006-10by G-Tools 妻を事故で亡くした夫が、事故前夜一緒だった友人達の一人に妻の死の原因があると独り合点。謎の飲み物を飲ませて自白を強要する『野菜ジュースにソースを二滴』など、蒼井流コージー・ミステリー12編。 デビュ
| ひなたでゆるり | 2007/04/14 9:36 AM |
二枚舌は極楽へ行く   〜蒼井 上鷹〜
衝撃のデビュー作を読まずに2作読んでみました。 まぁ、デビュー作はまたの機会にということで。 さてさて、この作品ですが、 ショートショーと呼ぶのにふさわしいものから ちょっと長いものまで 12編の作品
| My Favorite Books | 2007/09/10 11:20 PM |
「二枚舌は極楽へ行く」蒼井上鷹
二枚舌は極楽へ行く (FUTABA・NOVELS)蒼井 上鷹 (2006/10)双葉社 この商品の詳細を見る 前作「九杯目には早すぎる」では、ブラックさとショートショートの切れ味に度肝を抜かれて唸ってしまった。そして本書では、各作品間に
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/09/24 3:50 PM |