CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦 | main | 男たちの大和 / YAMATO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「誰にも見えない」藤谷治
誰にも見えない
誰にも見えない
藤谷 治

私立女子中に通う瑠奈の心のうち。

本の内容全然知らずに読み始めたんです。最初のページからビックリしました。「くやしい。」と「うらむ。」だらけなんですもん。何?何なのこれ?って。

14歳の瑠奈の日記のようなもの。学校でのこと、家での事、思った事をダラダラと書いています。文章が中学生なんです。漢字の頻度とかが。確か、昔こんな風な事書いてたよなぁって思いながら読みました。藤谷さん、どうして14歳の女子中学生になりきれるんでしょう?不思議です。

| 本:は行(その他の作家) | 23:49 | comments(10) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |
コメント
あの書き出しはすごいインパクトでしたね!
でもあぁ、アレがリアルだ!って思いました。
すごい一冊でした。はぁ〜。またサインもらいに行きましょうね!
| chiekoa | 2007/04/11 1:57 PM |
chiekoaさん、こんばんは。

すごい1冊でしたよね。
瑠菜の日々思うことで終わっていくのかと思ったら
ラストでちょっとしみじみ。
よかったです。下北、又行きましょうね。
あのときの本、まだ読んでいない私(汗)
手にしちゃうと油断するタイプなんです。
| なな | 2007/04/11 9:58 PM |
初読みでしたが、藤谷さんを大好きになりました。
これまで知らなかったのが勿体無いっす!
これからどんどん読んで行くぞー。
| しんちゃん | 2007/05/09 5:39 PM |
しんちゃん、こんばんは。

藤谷さん、初読みだったんですね。
私も最初の方の数冊はまだ読んでいません。
藤谷さんの物語ってちょっと不思議な世界が広がっていて
それがすごく好きです。
| なな | 2007/05/09 11:00 PM |
藤谷さんの作品、初めて読んだのですが、すごくよかったです。
ところでななさんの「下北な日」の記事はしっかり読んでたんですが、藤谷さんと全然結びついてなくって、↑のコメントを見て、あれ?あれ?といまさら気づきました。
そしていいなー!すごい!と、いまさら興奮してます・・。
| june | 2007/05/18 11:29 PM |
juneさん、そうなんですよ。
「下北な日」は藤谷さんの本屋さんがメインでしたから。
今度ぜひ一緒に行きましょう!
| なな | 2007/05/20 8:51 AM |
 冒頭は、インパクトありましたね(笑)
 あれで読むのやめちゃう人もいるかもなぁ、
 なんていらぬ心配しちゃいました^^;;
 
 瑠菜にすごく感情移入しちゃいました。
| miyukichi | 2007/08/12 4:34 PM |
miyukichiさん、こんばんは。
たしかにあの最初のページで読むのやめちゃう人いるかも。
本を買おうかと思って手にとってあれをみたら
ちょっと引きそうですよね。

山のシーン、良かったですね。

| なな | 2007/08/12 8:38 PM |
これも図書館の棚にあったんだよ!ラッキー!
いいペースで読書できてうれしい。

ゆりあのこと、またここのところ毎朝怒っているので、
なんだか反省しながら読んだよ。
14歳になったとき、ゆりあが寂しくなってたらどうしようって…。
| ゆうき | 2007/09/12 11:04 AM |
ゆうき、すっかり読書の秋だね。

ゆうきがゆりあちゃんの事怒る事なんてあるのね。
でも、そうやって「どうしよう」って反省するんだから
きっと平気。アブナイ人だったらこの本読んでも他人事としか思えないよ。
| なな | 2007/09/12 9:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/747
トラックバック
誰にも見えない [藤谷治]
誰にも見えない藤谷 治 小学館 2007-03-01 有名私立中学に通う、十四歳の瑠菜。ある日思い立って「日記」をつけることにした瑠菜がつづる、彼女の日々とは…。 うわぁ〜、なんて爽やかで気持ちのいい!びっくりしてしまいました。 この物語は「瑠菜の書いた日記
| + ChiekoaLibrary + | 2007/04/11 1:56 PM |
「誰にも見えない」藤谷治
誰にも見えない藤谷 治 (2007/03/01)小学館 この商品の詳細を見る なんにもないのがくやしい。 感情ってなにかが分からない。 こんなことを思う瑠菜は、有名私立中学に通う14歳の女の子。 朝のテレビの星占いで日記をつ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/05/09 5:35 PM |
「誰にも見えない」藤谷治
誰にも見えない 藤谷さんって年齢性別からするとおじさんに分類されるかと思うんですが、これを読みはじめた時、この人実は女子中学生??と疑いたくなりました。私は現役の女子中学生ではないから、根拠がないといえばないのだけれど、これはまさに女子中学生だって
| 本のある生活 | 2007/05/18 11:31 PM |
誰にもみえない/藤谷 治 [Book]
 藤谷 治:著 『誰にもみえない』  誰にも見えない藤谷 治小学館このアイテムの詳細を見る  朱鷺川大附属中、通称「トキチュー」に通う  14歳の橋口瑠菜が、主人公。  この瑠菜が7語り手となって、  というか瑠菜が日々の思いを書き連ねている  ノートそのもの
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/08/12 4:32 PM |
誰にも見えない
  『誰にも見えない』 藤谷治 2007年 207頁   私立女子中に通う14歳、瑠菜。   お母さんのこと、お父さんのこと、友達(親友?愛子と、超美人博子)のこと、   いろいろな自分の感情がわからなくなって   日記を書くことにした。 藤谷さんには
| わすれるまえに | 2007/09/12 11:02 AM |