CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「家をめぐる冒険」堀井和子 | main | 「ボーイズ・ビー」桂望実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「このベッドのうえ」野中柊
このベッドのうえ
このベッドのうえ
野中 柊

春から始まり次の春まで。季節を巡る8つの恋愛短編。

恋人がいて、昔の彼を思い出だす。姉の恋人だった人に感じる兄弟のような親近感。姉の友達だった人に寄せる淡い気持ち。出てくる人たちはみんな誰かに対する「恋しい」気持ちを持っています。それが別れた人だったり、今そこにいる人だったり。「恋」することの楽しさ、せつなさ、愛おしい気持ち、喪失感…読んでいると、どの人のどの気持ちにもシンクロ出来る気がする。読みながら今まで自分が経験してきた「恋する気持ち」を思い出してみたり。

恋愛って楽しいことばかりじゃなくて、好きだから辛い事、寂しい時もあるんだよなぁって、しみじみと感じました。8つの短編。眠る前にチビチビと読みたい。そんな本でした。

そして野中柊さんの本って、内容を忘れちゃっても物語のどこかのシーンが強く印象に残るんです。なんでだろう?今回の短編集もきっと何かの物語のどこかのシーンが影像となって頭の中に残るんだろうなぁ。そして何かの拍子に思い出すんです。それが結構楽しみなんです。

「真夜中にそっと」
眠る前にふと外を見てみると雪が降っていた。だから崇に電話をしてみた。

「余韻」
姉にピアノを習う亮子さん。彼女の手は昔からとても冷たい。

「さざなみ」
毎年夏になると訪れる海辺の恵依子さんの家。去年までは4人だったのに…

「このベッドのうえ」
従姉妹の亜由美から貰ったアンティークのベッド。私の部屋には大きすぎる。ベッドを手放して好きな人のところへ言ってしまった亜由美ちゃん。

「マリーゴールド」
マリーゴールドのような微笑のその人。彼女はいつもマティーニを1杯、ゆっくりと飲み最後にオリーブを美味しそうに食べる。

「七面鳥を焼いて」
今年も12月になった。そして神田さんからの電話が来て二人でクリスマスパティーを開く。神田さんはおねえちゃんの彼だった人。

「なんでもない感情」
初めてのバレンタインデー。彼は何が欲しいんだろう?

「春の嵐」
大学時代のクラスメート佳奈子と約束してから1時間経ってる。ふと視線の中に入ってきた少年。あれが佳奈子?
| 本:な行(野中柊) | 18:25 | comments(12) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 18:25 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは。
恋する気持ちを思い出させてくれる短編集でしたね。
好きだからこその辛い事、寂しい時…
今はもう、遠くなってしまって。
思い出して、ちょっとため息も。
…でもあきらめません(←開き直り!?、笑)。
| 藍色 | 2007/03/28 1:33 AM |
藍色さん、おはようございます。

恋愛は甘い幸福感だけじゃなくて悲しいことや寂しいこともあるんだよなって。だけどそんな事も後から考えたら楽しい思い出なんだって。
遠い過去を思い出し、近い将来に期待しつつ、いつまでも「乙女」でいましょうね。
| なな | 2007/03/29 7:27 AM |
あー、なんとなくわかる感じがします!
ワンシーンをふいに思い出して、「でもどの本だったっけ?」みたいな感じですよね。(たいていは思い出せないのですが…)。描写がすごく上手いから、その一シーンずつがすごく印象に残るのかなぁと思います。
| chiekoa | 2007/04/09 5:07 PM |
chiekoaさん、そうです!
私だって大抵思い出せないです。
そして野中さんの本はその「なんだっけ?」率が高い。
描写が上手から影像が頭の中に残るんでしょうね。
| なな | 2007/04/09 11:33 PM |
どの恋する気持ちにも
状況は違えども
一度はなった事がある気がして
色々重ね合わせてみたり
恋は楽しい比率よりも
切なくて苦しい比率のが高いよなぁなんて
ふっと思ってみたり。
恋愛小説なのにガッカリしてないとこが好きです。
| 弥勒 | 2007/05/02 11:42 AM |
弥靭さん、こんばんは。

そうそう、恋は楽しい事よりも切なくて苦しい事がおおいんです。
だけど、ほんのちょっとのキラキラした瞬間を
ずっとずっと心の中で思い出してはドキドキしたりして。

| なな | 2007/05/02 11:40 PM |
みなさん言われるように、野中さんの描写がとても上手で、本を読んでる最中、くっきりと脳内映像が描けるほどでした。どのお話も味わい深くてよかったです。

ひさびさにこう、恋したくなりました(笑)
| まみみ | 2007/06/01 10:26 PM |
まみみさん、こんばんは。

どの話も味わい深かったですね。
今の私はこの本の表紙を見て「さざなみ」のシーンを思い出します。
夏のベランダでお酒を飲む3人。

恋、辛い事もあるけどいいものです。
ぜひぜひ。
| なな | 2007/06/02 9:14 PM |
よかったと思いつつ、内容をすぐに忘れてしまいそう・・と思ったのが私だけでなくてよかったです。
野中さんの本は初めてだったんですが、「なんだっけ?」率高いんですね(笑)。でも印象的なシーンが残るってわかります。
読み終えてすぐの今、思い浮かんだのは、夏のベランダの3人、ピアノのある部屋で紅茶を飲む3人と老女がバーでマティーニを飲んでいるシーンでした。
| june | 2007/06/17 9:52 PM |
juneさん、こんばんは。

えぇ、一緒です。忘れるからこそのブログなんです!
野中さんの小説は断片がいつまでも記憶の片隅に残ります。
だから「なんだっけ?」がすごく多いのです。

「夏のベランダでヘンテコなサングラスをかける3人」は今でも鮮明に思い出します。
| なな | 2007/06/18 10:37 PM |
ななさん、こんばんは。ななさんより一年遅れでこの本を手にしました。
野中柊さんの本、初めて読みました。とても読みやすく、現実味を帯びていて、抵抗無く受け入れることが出来ました。
「七面鳥を焼いて」は中でも比較的、非現実的な人間関係が描かれていて、印象に残っています。
これからもななさんのサイト、参考にさせてもらいます♪
| agyl | 2008/02/20 11:39 PM |
agylさん、こんばんは。
野中さんの本、物語の中のある瞬間の映像が
頭の中にいつまでも残ってるから不思議です。
新刊が出ると必ず読む作家さんです。
| なな | 2008/02/21 10:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/733
トラックバック
このベッドのうえ 野中柊
装丁は名久井直子。装画は下平晃道。「小説すばる」2005年2月号から2006年12月号まで不定期掲載の短編集。 ・真夜中にそっと/柘榴の果実酒。 寝る前に気づいた雪を崇に伝える私:絢子の仕事はオーダーメイドの洋服
| 粋な提案 | 2007/03/28 1:33 AM |
このベッドのうえ [野中柊]
このベッドのうえ野中 柊 集英社 2007-02 波乱の予感をふくんだ風が、恋に酔った心を撫でていく…。甘くて苦く、晴れやかでいて後ろめたい、嬉しいようで怖くもある…恋がもたらすあらゆる感情をつぶさに描いた8つの物語。 「真夜中にそっと」「余音」「さざなみ
| + ChiekoaLibrary + | 2007/04/09 5:05 PM |
このベッドのうえ/野中柊
このベッドのうえ 本日はこちらです! 「このベッドのうえ」/野中柊 甘美と不穏に心ざわめく、珠玉の恋愛短編集。 波乱の予感をふくんだ風が、恋に酔った心を撫でていく……。 甘くて苦く、晴れやかでいて後ろめたい、嬉しいようで怖くもある…… 恋がも
| 徒然書店 | 2007/05/02 11:44 AM |
「このベッドのうえ」 野中柊
このベッドのうえposted with 簡単リンクくん at 2007. 5.25野中 柊著集英社 (2007.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/06/01 10:24 PM |
「このベッドのうえ」野中柊
このベッドのうえ 野中さんの本は、表紙がかわいらしくてずっと気になっていたのですが、読むのはこれが初めてです。タイトルからして甘い恋の話、あるいは気だるくてちょっと官能的な話を想像してたんですが、恋する気持ちのあれこれを、そっとふわっとすくいとった
| 本のある生活 | 2007/06/17 9:54 PM |
「このベッドのうえ」 野中柊
このベッドのうえ野中 柊 (2007/02)集英社 この商品の詳細を見る波乱の予感をふくんだ風が、恋に酔った心を撫でていく…。甘くて苦く、晴れやかでいて後ろめたい、嬉しいようで怖くもある…恋がもたらすあらゆる感情をつぶさに
| 読書日和 | 2007/11/30 11:24 PM |
このベッドのうえ
このベッドのうえ(2007/02)野中 柊商品詳細を見る 8つの短編小説から構成されてます。 「真夜中にそっと」 オーダーメイドの洋服を縫う仕事...
| clipboard | 2008/02/20 11:30 PM |