CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「九月の恋と出会うまで」松尾由美 | main | 「シュミじゃないんだ」三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「図書館危機」有川浩
図書館危機
図書館危機
有川 浩

図書館シリーズ第三弾!!!いいです。やっぱりいい。

前回、王子様=堂上って知ってしまった郁。ドラマの「次週に続く」のような終わり方だったのですごく気になっていました。今まで堂上が王子様だって知らずに吐いていた暴言の数々を後悔し、それに対する堂上の言葉一つひとつを検証して、堂上は自分のことが嫌いなのかも…と悩む郁。知らぬは本人ばかりです。あーぁ。いいなぁ。

そして手塚と柴崎。頭がいい二人が少しずつお互いを意識してるのが微笑ましいです。二人とも「あ、友達なんだ…」って。いやいや、君たちそれだけじゃないでしょーってね。

あとがきによると「図書館」シリーズはあと1冊。いつなんだろう。早く読みたいような、終わりが悲しいような。
「一、王子様、卒業」
堂上が王子様だって知った郁は、今の自分が堂上に対して持っている気持ちがどこから来るのかわからず困惑。そして図書館では毬江が痴漢に襲われた。怒り狂う小牧。痴漢は逃がしてしまったが、どうやら常習犯らしい。柴崎と郁が囮捜査する事になった。

痴漢、図書館でもあるものなんでしょうかね?そういえば、中学生の頃、本屋さんで漫画を立ち読みしていて痴漢されたことは数回あります。電車の中だけじゃないんだって驚いて、その本屋さんでは漫画の立ち読みやめました。

「二、昇進試験、来る」
郁、手塚、柴崎の三人は一士から士長への昇進試験を受けることになった。試験は筆記と実技。今回の実技は子供への読み聞かせだった。子供が苦手な手塚は柴崎に泣きついた。

手塚と柴崎の物語。似たような性格の二人、素直じゃないです。

「三、ねじれたコトバ」
新進気鋭の俳優・香坂の本を週刊誌「新世相」で特集を組むことになった。記者・折口マキは今までベールにつつまれていた香坂の生い立ちを担当することになった。彼は両親に捨てられ床屋のおじいちゃんに育てられていたらしい。記事を書いた所、香坂から抗議が。「床屋」が「理容師」「理髪店」になっていた事が許せないという。ところが「床屋」はメディア良化法の違反語なので使えない。暗礁に乗り上げた特集。折口は玄田の所に相談に行く。

これは実社会でも普通にある事ですよね。「看護婦」さんが「看護師」さん。本で「看護師の師長」って読んでもピンと来ないです。なぜ?なんで?って思ってるけど、受け入れている。そういう事がこの本の世界のようになって言ってしまうんでしょうかね…

「四、里帰り、勃発―茨城県展警備―」
茨城県立図書館と美術館共同の美術県展で最優秀作品に選ばれたのは良化特務機関の制服を使ったコラージュ。タイトルは「自由」予想される混乱に対応できない茨城司令部水戸本部はライブラリータスクフォースの支援を要請してきた。堂本班も支援に回ることになったが、実家に特殊部隊に入っている事を内緒にしている郁は実家である水戸に行くのを躊躇う…さらに柴崎の情報によると防衛員の地位が低いらしい。

実家近くの図書館。親にばれないかヒヤヒヤしながらの任務。そして防衛員の地位が低い寮に単身乗り込む郁。寮内は全て業務部優先。郁が来てにわかに元気になる防衛員へ警告の為、嫌がらせを受ける郁、すごく大人になってます。ずぶ濡れの戦闘服を乾かす為にコインランドリーに連れて行ってくれるた堂上。そして「手を握っていて」という郁。大胆だ…郁とお母さんの戦いも見ものです。

「五、図書館は誰がために―稲本、勇退―」
県展が迫ってきた。検閲の執行は開催日の朝9時迄。そして当日を迎える。6時から始まった良化委員会の攻撃。戦闘に不慣れで浮き足立っている水戸防衛員。堂上の伝令を任せられた郁。8時半過ぎ、激しくなっていく特務機関の攻撃。バスを乗り越えてこようとした敵を撃つ郁。戦闘が終わったと思ったら突然乱入してきた二人組。

タイトルみたら「稲本、勇退」ですから何かあるとは思ってました。いやーん、玄田さん。男です。すごいなぁ。それにしても水戸図書館館長、大仏のような顔のあなた!何を考えているんですか!!!
| 本:あ行(有川浩) | 21:45 | comments(30) | trackbacks(22) |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |
コメント
期待通りにおもしろかった作品でした。満足♪本当にあと一巻で終わっちゃうんですね…すごく寂しいです。
ものすごく盛り上がって読んでいるので、続きが早く出ないかなぁ。この熱が冷めないうちに4巻…読みたいんですが、終わりっていうのは寂しくて。うーん、なんだか複雑な心境です。
| まみみ | 2007/03/20 10:55 PM |
こんばんわ^^
いいですよね!とってもいいですよね!
私も本当に好きです^^
やっぱり郁と堂上の今後が気になりますね。
どうなっちゃうんでしょう。
進展はあるんでしょうか。
とりあえず、カミツレデートはしてほしいですね^^
最後まで読んじゃうの、もったいない気持ちになりますよね。
でも、読んじゃうんですけど^m^
| 苗坊 | 2007/03/21 1:13 AM |
◇まみみさん

3冊目にしてここまできっちりと質を落とさずに面白いのってすごい事です。
次、いつなんでしょうね。
乙女度が下がらないうちに読みたいです。


◇苗坊さん

とってもいいです。
堂上と郁のこれから、気になりますよね。
どんなラストなんだろう?
ワクワクします。
| なな | 2007/03/21 9:41 PM |
柴田じゃなくて柴崎です
| | 2007/03/22 12:06 AM |
どなたかわかりませんが指摘ありがとうございました。
直しました。
| なな | 2007/03/22 11:01 AM |
なんか、自分がその場にいて彼らの手助けをできないことがもどかしくてですね!くっそう!という気持ちになりながら読みました。あと1巻で終わり…さみしいです。永遠に4冊ループしていようかしら…(病気?)。
| chiekoa | 2007/03/22 1:32 PM |
こんにちわ。
今回も盛りだくさんの内容になってましたね。
前回があのような終わり方になってたので
非常に気になってました。
もう、3作目にもやられっぱなし。
終わった後には心地よい疲れが。。w
ラストが今から楽しみです。
| ゆき | 2007/03/22 5:46 PM |
◇chiekoaさん

ねー心は一緒に銃持って戦ってました。
後1巻。寂しいですよね。
文庫にはいつなるんだろう???


◇ゆきさん

こんばんは。
前作は続きが気になる終わり方でしたもんね。
最初からテンションあがりっぱなしでした。
二人は、図書館はどうなるんでしょうね。
いつ出るのかなぁ…
| なな | 2007/03/22 10:14 PM |
笑ったり、きゅんきゅんしたり、泣いたり、考えさせられたり忙しかったです。
でもそれがあと1巻だなんて!早く読みたいけれど、終わってしまうのはさみしいです。私が乙女体質になったきっかけがこのシリーズですから。
| june | 2007/03/25 10:46 PM |
juneさん、こんばんは。

今回は本当に心の動きが忙しい読書でした。
それにしても有川さん上手ですよね。
後1冊…早く読みたいけど、だけど終わるのは悲しい。
でも、きっと有川さんはこれからも「乙女」を励まし続ける物語を書いてくれると信じています。
| なな | 2007/03/25 11:13 PM |
ななさん、こんにちは。
今回もおもいっきりベタ甘でしたね。
続けて読んで、すっかり乙女度が急上昇です(笑)。
あと1巻、寂しいですけど楽しみです。
そういえば、乙女推進委員会、
私も入会させていただいてもいいでしょうか?。
| 藍色 | 2007/04/20 1:50 PM |
藍色さん、こんにちは。
3冊続けて読んだんですね。
それは羨ましい。
続けて読んでも全然飽きないのが有川さんの本のすごいところですよね。

乙女推進委員会、ぜひぜひご入会下さい。
いつも心に乙女です!
| なな | 2007/04/21 9:52 AM |
こんにちは。
相変わらず甘々な二人に悶絶しつつ、成長していく郁と厳しい図書館を取り巻く環境に胸が痛くなりました。
次作にどんな結末が待っているのか、新刊が待ち遠しいですね。
| らぶほん | 2007/07/12 2:36 PM |
らぶほんさん、こんばんは。

甘い甘い二人でしたね。
だけど、読みながら思わすニヤニヤしちゃうだけじゃなく
言葉の自由など、色々考えさせられますよね。

新刊、待ち遠しいです。
| なな | 2007/07/12 10:39 PM |
 ななさん、こんばんは♪

 いいですよねー、やっぱり。
 私も同じこと思いましたよ〜^^

 堂上を意識しまくりの郁が、
 すごいかわいかったですね。
 次作も楽しみです♪
 
| miyukichi | 2007/08/04 3:53 AM |
miyukichiさん、図書館シリーズは最高です!
いつまでも郁のような純粋な気持ちを持ち続けなきゃいけないですよね。
次が最後みたいですけど、キュンキュンできること間違いなし!楽しみです。
| なな | 2007/08/04 8:51 PM |
はじめまして、こんにちは。
いつも読ませていただいてるんですが、今回はトラックバックなんてさせてもらいました。
このシリーズ、4冊目が待ち遠しいような、でも終わるのはもったいないような・・・複雑です。
| キウイ | 2007/08/06 2:45 PM |
キウイさん、はじめまして。
コメントとTBありがとうございます。

普通シリーズ物だとマンネリになったりするんですけど
このシリーズはずっと同じ、いや、どんどん面白くなってますよね。
待ち遠しいけど、終わっちゃうのはもったいない。
本当にそんな本です。
| なな | 2007/08/06 10:12 PM |
玄田隊長かっこ良かったです♪
そして、稲嶺司令も♪
カミツレの花言葉、きっとず〜っと忘れません。
すっごく可愛らしい花に、深い意味が込められてたんですね。

巻を増すごとに面白くなってくるって、
本当にそうでした。
否が応でも最終巻への期待が高まります。
このあとどんな展開が待ってるんだろう〜
| エビノート | 2007/08/24 11:21 PM |
エビノートさん、こんばんは。
玄田隊長すごかったですよね。
そして稲嶺司令の潔さったら、惚れ惚れします。
だけどこの先の郁たち、どうなっちゃうのかちょっと心配でもあります。
11月が待ち遠しいですね。
| なな | 2007/08/25 9:58 PM |
こんにちは。

泣けないシリーズだと思ってたら、不覚にも玄田隊長にはホロリとさせられました (^^ゞ
折口が惚れ続けるのも、わかる気がします。

次はラスト、楽しみですねぇ。
TBありがとうございました。
| juzji | 2007/09/14 10:53 AM |
juzjiさん、こんばんは。
こちらこそコメントとTBありがとうございました。
玄田隊長「漢」でしたね。
惚れ惚れしちゃしました。
11月が待ち遠しいです。
| なな | 2007/09/14 9:05 PM |
『内乱』→『危機』と続けて読みました。
このシリーズ本当にいいっ!ですね。
いつもの通り息子と大いに盛り上がりました。
特にスクモさんの表紙。
細かいけど内容に関係したイラストがちりばめられていて「これはここの!」とか当てっこしたり。
終わってしまうのは寂しいけれど、来月が楽しみです。

うちの子が本をよく読むようになったのは小学校高学年ぐらいでした。上の子はあまり読まないので、ななさんのお子さんもきっとどちらかが読書家になるのではないでしょうか?
ななさんのお子さんですもの!


| たまま | 2007/10/09 8:54 AM |
たままさん、おはようございます。
「内乱」→「危機」と盛り上がって
あとは来月の最終巻を待つばかりですね。
表紙、読んでからじっくり見ると
「あぁ!」「おぉ!」ともう一度楽しめますよね。
息子さんと本の内容について話が出来るなんて
本当に羨ましいです。
大人がニヤニヤしちゃう郁と堂上のカンケイ
息子さんはどんな風に読んだのかしら?興味津々です。

本好きになってくれるといいなぁ。
長男、昨日から親子読書週間が始まったのに
忙しくて読書できませんでした。
| なな | 2007/10/10 9:35 AM |
もう、にやけまくりでした。
後半一気にシリアスな展開になっていき、
硬軟取り混ぜた話の展開は
うまかったですね。
折口さんが今回かっこよかったです。
もちろん、玄田隊長も。
| す〜さん | 2007/11/19 8:23 PM |
す〜さん、こんばんは。
シリーズ3作目なのにこの勢い、この面白さ。
すごいことです。
最終巻楽しみですね。
| なな | 2007/11/20 9:13 PM |
やっと読んだというか、やっとレビューを書きました(苦笑)。巷ではいよいよシリーズ最終巻「図書館革命」が出版され、評判が良いようですね。楽しみです。
本書は後半、三話がよかったです。もちろん前半二話がいい意味でアクセントなんですがね。
良化特務機関の隊員の物語が読みたいと、ちょっと思った一冊でした。彼らもひとりの人なんだ、って。
| すの | 2007/11/22 10:30 PM |
すのさん、こんばんは。
すのさんのレビューはあらすじもキチンと書いてあって
物忘れの激しい私は毎回嬉しいです。
ニヤニヤした後、ピリリとしていてすごく出来のいい本でした。
最終巻楽しみですね。

良化特務機関の隊員、そういえばあの人たちにだって何か目指すところがあって隊員なんだろうし、そこら辺が読めたら面白いですね。
| なな | 2007/11/23 8:15 PM |
ななさん、こんにちは!
ものすごく出遅れていますが…ようやく「危機」読みました。
やっぱりこのシリーズは面白い!一気読みでした。
この威勢のまんま「革命」に突入しています。
いつもいつもストレートに訴えてくる有川さんの姿勢には感心します。と、同時に考えさせられます。

残り1巻!寂しがりながら堪能しています。
| リサ | 2008/03/12 9:41 AM |
リサさん、こんにちは。
乙女の世界にようこそ♪
いいですよね〜2冊続けて読むなんて贅沢者です。
見も心も乙女だわ。
いいなぁ。
| なな | 2008/03/12 12:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/726
トラックバック
「図書館危機」 有川浩
図書館危機posted with 簡単リンクくん at 2007. 3.13有川 浩著 / 徒花 スクモイラストメディアワークス (2007.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/20 10:52 PM |
「図書館危機」を読む
「図書館危機」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館危機なにはともあれ、玄田隊長!!今回は、コレにつきます。(-.-)中盤から後半にかけては、隊長のかっこよさはハンパないね。いや、ホント。心臓に悪いわ〜〜〜。折口さんに、あんまし心配かけんようにね。(^_^;)
| 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 | 2007/03/20 11:02 PM |
図書館危機 有川浩
図書館危機 オススメ! 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!! 図書館は誰がために― 王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! ―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていた
| 苗坊の読書日記 | 2007/03/21 1:11 AM |
図書館危機 [有川浩]
図書館危機有川 浩 メディアワークス 2007-02 王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る?!そこで郁を待ち受けていたものは?! 図書館シリーズ第三弾、またまた
| + ChiekoaLibrary + | 2007/03/22 1:30 PM |
図書館危機
************************************************************ 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 混乱のあまり現場をひっちゃかめっちゃかに!? 一方、玄田のもとには折口からの出版事情の揉め事相談が。 出るか伝家の宝刀・反則殺法! そしてそして、山猿
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/03/22 5:37 PM |
「図書館危機」有川浩
図書館危機 はじめは乙女全開でドキドキきゅんきゅんだったんですけど、途中考えさせられて、最後はしんみりとさせられて・・。はぁ・・とても忙しかったけれど楽しい読書でした。もうっ!このシリーズ大好き。続きが早く読みたいです!でも、あとがきによるとこのシ
| 本のある生活 | 2007/03/25 10:51 PM |
図書館危機 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロ
| 粋な提案 | 2007/04/20 1:50 PM |
図書館危機
冒頭から、郁と一緒に涙を流したり、身悶えたり、憤ったり、小牧と一緒に上戸のツボを押されて笑ったり、身悶えたり、ときめいたり、心配したり、身悶えたり。 読むほうも非常に忙しい。表情を変えずにいられるものか。 図書隊を完全無欠な正義の味方にしてしまわ
| 本を読もう | 2007/05/09 9:15 AM |
「図書館危機」有川浩
タイトル:図書館危機 著者  :有川浩 出版社 :メディアワークス 読書期間:2007/04/23 - 2007/04/24 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺
| AOCHAN-Blog | 2007/06/12 9:58 PM |
本「図書館危機」
図書館危機 有川浩 メディアワークス  2007年3月 図書館で痴漢が出る。郁は囮となり・・・・・ 相変わらずおもしろい。王子様が誰かを知った郁の態度が、女の子だねえ。いじらしいというか、なんというか。堂上は、部下としての郁のフォローも
| <花>の本と映画の感想 | 2007/06/17 4:18 PM |
「図書館危機」有川浩
図書館危機有川 浩 (2007/02)メディアワークス この商品の詳細を見る やっとこさ図書館の順番が回ってきました。少し内容を忘れていて、あれ?そうだっけ、 と何度かなってしまった。郁と手塚のお兄さんの会話なんて、す
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/07/09 5:15 PM |
図書館危機⇔有川浩
図書館危機 有川浩 ついに王子様の正体を知ってしまった郁。 悩んだすえに出した答は衝撃の「王子様卒業宣言!」 図書館は誰がために…揺るぎない決意を胸に、堂上斑は茨城県展警備へと向かう。 図書館の明日はどうなるのか! ランキングエントリー中!
| らぶほん−本に埋もれて | 2007/07/12 2:49 PM |
図書館危機/有川 浩 [Book]
 有川 浩:著 『図書館危機』  図書館危機有川 浩メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  『図書館戦争』 『図書館内乱』 に次ぐ、  図書館シリーズ3作目。  前作でついに王子様の正体を知ってしまった郁ですが、  その動揺が1巻通してずーっと続いてます
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/08/04 3:51 AM |
図書館危機/有川浩
読書期間:2007/7/25〜2007/7/28 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!? 終始喧嘩腰で「図書館戦争」シリーズ第3弾、またまた推参!
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2007/08/04 1:02 PM |
図書館危機 / 有川浩
図書館危機 作者: 有川 浩 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/02 メディア: 単行本 <図書館シリーズ>第3弾です!いやぁ〜、なぜか3部作だと勝手に決め付けていたので・・・(笑)覚悟して読みました。<戦争>で笑い、<内乱>で憤り、<危機>
| おさんぽ文庫 | 2007/08/06 2:45 PM |
図書館危機 〔有川 浩〕
図書館危機有川 浩 メディアワークス 2007-02売り上げランキング : 11451おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!! 図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談
| まったり読書日記 | 2007/08/24 10:58 PM |
【図書館危機】 有川浩 著
「…手塚、うるさいから笠原さんどっか持ってって」 「持ってって」、表現ピッタリのお笑いシリーズ第3作スタート [:拍手:] 昇任試験では、手塚の弱点を見たり、オリジナリティ豊かな郁、やっぱりキレのある柴崎、みごと個性が絡み合っていく。 図書館は誰がた
| じゅずじの旦那 | 2007/09/11 11:06 PM |
読書:図書館危機(有川浩)
図書館危機(有川浩) 「あたし、王子様からは卒業します!」 郁が「王子様」で混乱してる間に周囲の環境は厳しさを増して・・・?!戦闘シーンは初めてだったのでなんか衝撃をうけました。 それにしてもよりによってこんなところで終わるなんて〜!!!次回刊
| 駒吉の日記 | 2007/10/06 10:16 PM |
図書館危機   〜有川 浩〜
図書館シリーズ第3弾。 前半甘め。 もうニヤニヤしながら読んでしまいました。 とうとうばれてしまった王子様。 郁と堂上の何とも言えない微妙な関係に もどかしさを感じつつ、ハラハラしつつ・・・ でも、郁の過
| My Favorite Books | 2007/11/19 8:21 PM |
「図書館危機」有川浩
「図書館危機」有川浩(2007)☆☆☆☆★ ※※[913]、国内、小説、近未来、ラブコメ、図書館、言論統制 ※あらすじあり未読者は注意願います。 思いが強すぎると、何を書いていいのかわからなくなる。そういうことはないだろうか。 「図書館危機」この一冊を読ん
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/11/22 10:23 PM |
図書館危機<有川浩>−(本:2007年154冊目)−
図書館危機 出版社: メディアワークス (2007/02) ISBN-10: 4840237743 評価:86点 前作のラストで、憧れの王子様が、上司の堂上であることを知ってしまった郁。 いったいどうなることかと思って読み始めたが、予想通り最初の話は王子様。 図書館での痴漢逮捕
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/12/15 2:03 PM |
『図書館危機』有川浩
図書館危機 有川浩/メディアワークス 王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! そして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!? 終始喧嘩腰で「図書館戦争」シリーズ第3弾、またまた推参! 前作『図書館内乱』の
| ひなたでゆるり | 2008/03/12 9:30 AM |