CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「使命と魂のリミット」東野圭吾 | main | 「たぶん最後の御挨拶」東野圭吾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「九杯目には早すぎる」蒼井上鷹
九杯目には早すぎる
九杯目には早すぎる
蒼井 上鷹


「大松鮨の奇妙な客」「においます?」「私はこうしてデビューした」「清潔で明るい食卓」「タン・バタン」「最後のメッセージ」「見えない線」「九杯目には早すぎる」「キリング・タイム」の短編、ショートショートの9編。


すごいブラックです。最後の最後にどんでん返し。続けて読んじゃうと慣れてしまいそうだけど、電車の中でチビチビ読んでいたから、どの物語も印象深い(って今の時点での話です。1週間もしたら忘れるかもしれない)

他の作品も読んでみたくなりました。

きっとまたすぐに内容を忘れるだろうから、自分の為にあらすじ、あらすじ。
「大松鮨の奇妙な客」
恋人に頼まれて探偵役をかってでた。尾行するのは恋人の友達の夫。

「においます?」
逢瀬の後、マンションの前で会った管理人は鼻の効く男だ。

「私はこうしてデビューした」
ネットで自分の作品を公開している作家の卵の私。ある日「合作したい」というメールが届く。

「清潔で明るい食卓」
1週間前に妻となった元ナースが作ってくれる最高の朝ごはん。

「タン・バタン」
行きつけのバー・サードに現れた老人のせいで行きにくくなったバー。会社では理不尽な事ばかり言う上司。

「最後のメッセージ」
ストーカーに困り果てた葵は三谷に相談した。三谷は葵そっくりの代役を見つけてきた。

「見えない線」
バーのバーテンダーをするノリオは気になる客がいた。ある寒い夜、マスターが風邪を引きお店を任された。そしてその気になる客が来た。

「九杯目には早すぎる」
美人女性が一人で切り盛りするバー。蛙似の親子がふらつきながら言った言葉とは…

「キリング・タイム」
待ち合わせ時間までの本の十分をつぶそうと駅前の本屋で立ち読みしていたら会社の上司に「飲もう」と声をかけられてしまった。上司の近所に住むのは厄介だ。
| 本:あ行(蒼井上鷹) | 19:26 | comments(8) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 19:26 | - | - |
コメント
こんばんわ^^TBさせていただきました。
いや〜凄いですよね。
びっくりしました^^;シュールというか、ブラックというか。
今までにない感じです。
どの作品も、ラストやトリックが全然想像がつかないので、驚いてしまいました^^
気になる作家さんが増えました。
| 苗坊 | 2007/03/11 12:23 AM |
なんだかくせになっちゃうんです。今手元には「出られない五人」と「ハンプティ・ダンプティは塀の中」があるんですが、これを読んでしまうと蒼井さんコンプリートになってしまうので…ゆっくり読みたいと思います。
| まみみ | 2007/03/11 5:50 AM |
ショートショートの切れ味が抜群でしたね!
それに短編の構成もお見事。
これからが楽しみな作家だな(笑)。
| しんちゃん | 2007/03/11 10:59 AM |
◇苗坊さんへ

そう、シュール!
最後にグルンと裏返されちゃったりね。
すごかったです。


◇まみみさんへ

蒼井さん、全部で4冊ですか?
この感じ私も好きです。
もったいないからチビチビいきます。


◇しんちゃんさんへ

ショートショート。うなりますよね。
読み終わって一人でニヤリです。
ゆっくりとコンプリート目指します。
| なな | 2007/03/11 8:22 PM |
あらすじを忘れたらここに来ます(笑)。
次の『二枚舌は極楽へ行く』は、この作品ともちょこっとリンクがあるんだそうなので、(私は気づかずスルーしてしまいましたが)、早めに読んだほうがいいかもですよ?!と、プレッシャーをかけてみたりするわたくし。ほほほ。
| chiekoa | 2007/03/12 7:00 PM |
キャー。chiekoaさんのイジワル。
が、がんばります。
だって、忘れるのは確実ですから。
急いで次行かなきゃですね。

| なな | 2007/03/12 9:20 PM |
いまさらですが・・・
やはり話題になってる作家さんは面白いですね。
最後のどんでん返しには興奮(笑)です。
ショートショートもかなりキレてます。
まだまだ読み足りないくらいでした。
| す〜さん | 2007/09/17 11:35 AM |
す〜さん、こんばんは。
私も今年なって読み始めた作家さんです。
「うわ〜」「わ〜そうくるか!」の連続でしたよね。
読み終わっちゃうのがもったいない。そんな本でしたね。
| なな | 2007/09/17 8:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/716
トラックバック
九杯目には早すぎる 蒼井上鷹
九杯目には早すぎる オススメ! 休日に上司と遭遇、無理やりに酒を付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が― 第26回小説推理新人賞受賞作『キリング・タイム』を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた『大松鮨の奇妙
| 苗坊の読書日記 | 2007/03/11 12:21 AM |
「九杯目には早すぎる」 蒼井上鷹
九杯目には早すぎるposted with 簡単リンクくん at 2006. 5. 9蒼井 上鷹著双葉社 (2005.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/11 5:56 AM |
「九杯目には早すぎる」蒼井 上鷹
九杯目には早すぎる蒼井 上鷹 (2005/11)双葉社 この商品の詳細を見る 第26回小説推理新人賞の『キリング・タイム』を含めた、 短編・ショートショートを集めたミステリィ集です。 普通ミステリィって謎があってそれを解
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/11 10:56 AM |
九杯目には早すぎる [蒼井上鷹]
九杯目には早すぎる蒼井 上鷹 双葉社 2005-11 第26回小説推理新人賞受賞作「キリング・タイム」を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた「大松鮨の奇妙な客」他、「においます?」「私はこうしてデビューした」「清潔で明るい食卓」「タン・バ
| + ChiekoaLibrary + | 2007/03/12 6:58 PM |
九杯目には早すぎる   〜蒼井 上鷹〜
蒼井上鷹デビュー作。 なのに読んだのはこれが3作目。 『二枚舌は極楽へ行く』とは違って 各話独立してます。 ただ、『二枚舌は極楽へ行く』とちょっとだけリンクしてますよね。 さて、 いきなり1本目の『大松鮨の奇妙な
| My Favorite Books | 2007/09/17 11:45 AM |
小説『九杯目には早すぎる』蒼井上鷹
 2004年、第26回小説推理新人賞を受賞した蒼井上鷹氏のデビュー短編集。五つの短編の間に四つの掌編がサンドイッチされているという、ちょっと風変わりな構成。もちろん受賞作「キリング・タイム」も入ってま...
| 闘争と逃走の道程 | 2011/08/13 12:54 AM |