CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「クジラの彼」有川浩 | main | 鎌倉な日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子
雨のち晴れ、ところにより虹
雨のち晴れ、ところにより虹
吉野 万理子

湘南を舞台にした連続短編集。

全く知らない作家さんの全く知らない本だったのですが、とある事情により急遽図書館で予約して読みました。

サラサラ読みやすい物語。物語がちょこちょこっとリンクしてます。ホスピスで働く太った看護師・常盤さんがキーパーソンでしょうか。出来すぎ感がなきにしもあらずですが、読後感がすごくよかったので良しとしましょう。

「ガッツ厄年」の3人と「幸せの青いハンカチ」にチラリと出てくる常盤さんが特に好きでした。
「なぎさ通りで待ち合わせ」
原因は結婚指輪をなくしたことだったけど、おおもとの原因は食の不一致だとおもう。今日は逗子に住む父親に呼ばれ、出て行った妻と久しぶりに会う。

「こころ三分咲き」
お母さんは人気予備校講師だ。父が亡くなった後ずっと二人で仲良くやってきたはずだったのに…

「ガッツ厄年」
不幸のスパイラルにからめとられた由衣は会社の先輩、元同僚を誘って厄払いに出かける。

「雨のち晴れ、ところにより虹」
ホスピスに入ってる須藤。すごいデブの看護師・常盤さんの名前はアヤ。それは小学生の頃の苦い思い出の女の子の名前。

「ブルーホール」
空に憧れる少年はオジイと一緒につりに来ていた。声をかけてきたおじさん。

「幸せの青いハンカチ」
学生時代の友人・佐和子の結婚式に望む佳苗。佐和子が結婚式場を逗子マリーナにしたのは私との思い出があるからだよね…
| 本:や行(吉野万理子) | 19:18 | comments(11) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 19:18 | - | - |
コメント
須藤と常盤さんの関係がなんだかとっても温かくて、好きです〜
そして、湘南・鎌倉近辺に行ってみたくなりました♪
| エビノート | 2007/03/03 9:58 PM |
エビノートさん、こんばんは。

常盤さん、いいですよね。
なんで結婚しちゃったんだろう?
なんで再会があそこだったんだろう?
ちょっと悲しいです。

実は、昨日鎌倉に行ってきたのです。
本ゆかりの場所を満喫してきました。
| なな | 2007/03/05 6:41 PM |
ななさんが未読であることをうっかりチェックし忘れていてました。でもおかげでゆかりの場所をすいすい巡れて助かりました^^
現地に行ったあと読むと、また感想も変わったりしますかねぇ…再読本リストに加えておこうかしら(いつ読めるかは…(汗))。
| まみみ | 2007/03/06 8:49 AM |
まみみさん、私も最初に誘われたときに
本だって気がつけばよかったんだけど
知らない作家さんだったのでうっかりしてました。
だけど、ギリギリ間に合ってよかった。
前日に読んでいたわりにはうろ覚えだった私。
今度はもう少し移動したいですね。
| なな | 2007/03/06 9:23 PM |
おお、ななさん、ありがとうございました!
次に行くときはきっときっと、再読してから行きます…!
春の間に行きたいですよね〜。
| chiekoa | 2007/03/07 3:58 PM |
ななさん、読んだばかりだったのですね。
再読だとばかり思い込んでました。
ななさんのおかげでお店にもたどりつけたし、
感謝してます♪
それにしても、ここまで忘れているかと愕然としました・・。
| june | 2007/03/07 4:38 PM |
◇chiekoaさんへ

次に行く頃にはきっと物語の内容を忘れちゃっているだろうなぁ。
桜の頃の鎌倉、きれいでしょうね。


◇juneさんへ

そう、読んだばかりだったんです。
慌てて予約してよかったです。
忘れるものなのですよ。
だって、私前日に読んでいたのに
タイトルを「晴れのち雨…」って言ってましたから。
| なな | 2007/03/07 10:24 PM |
ななさん☆こんばんは
とっても爽やかな気持ちになれる本でしたね。
常盤さんって、きっと笑顔がステキな人なんでしょうねぇ。
わたしも鎌倉に行きたいなぁ!(*^_^*)
| Roko | 2007/03/08 9:49 PM |
Rokoさん、こんばんは。

読後感がすごくよかったです。
読んでいる時に近くに見えるだろう海を想像していたからでしょうかね。

鎌倉、楽しいですよ。
もうすぐ桜もきれいですし、ぜひぜひ!
| なな | 2007/03/09 7:22 PM |
こんにちは、ななさん。
この本は、読後感がよく爽やかな気持ちになりました。
この本のところに行かれたのを楽しく読みました。
私は、春と秋に2回、鎌倉に行くようにしています。
大体コースが決まっていますが、ほとんどフォーキングです、女子部?の食べって、喋って、飲んでというのが羨ましくもありました。
| モンガ | 2007/03/10 11:53 AM |
モンガさん、こんばんは。

爽やかな読書タイムでしたよね。

鎌倉、私は車で通り過ぎることの方がおおくて
ああやってじっくり歩いたのは初めてでした。
雰囲気が素敵ですよね。
もうすぐ桜も綺麗でしょうね。

距離の移動がほとんどなく座ってばかりの鎌倉でした。
女子なんてそんなものですよね(笑)
| なな | 2007/03/10 6:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/712
トラックバック
雨のち晴れ、ところにより虹 〔吉野万理子〕
雨のち晴れ、ところにより虹 ≪内容≫ 人の繋がりは優しさだけで出来ているんじゃない。 でも怖がるだけじゃ何も始まらないことだって知っている…。 夫婦のすれ違い、親子の行き違い、親友との仲違い。 きっかけはみんな些細なことなのに、想いがねじれ交錯する
| まったり読書日記 | 2007/03/03 9:57 PM |
「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子
「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、湘南、短編、 ※ネタバレほどではない。しかし未読者は注意! 正直に述べれば、合わなかった。読んでいて、むずむずとした居心地の悪さというか、相容れない違和感を覚え
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/03/03 10:06 PM |
「雨のち晴れ、ところにより虹」 吉野万理子
雨のち晴れ、ところにより虹posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.16吉野 万理子著新潮社 (2006.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/06 8:51 AM |
雨のち晴れ、ところにより虹 [吉野万理子]
雨のち晴れ、ところにより虹吉野 万理子 新潮社 2006-07-20 湘南を舞台に、親子・友人…様々な人間関係を描く、六つの物語。「なぎさ通りで待ち合わせ」、人気予備校講師の母と高校生の優花の物語「こころ三分咲き」、どうにも不幸続きで厄払いに行こうと思い立った由
| + ChiekoaLibrary + | 2007/03/07 3:56 PM |
「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子
雨のち晴れ、ところにより虹 この美しい表紙と、あちこちでの絶賛。すごく気になっていたんです。吉野さんの作品は、「秋の大三角」でちょっとがっかりもしたんですが、これはきっといいに違いない!と。で、読み始めてみると、確かに読後感が優しくあたたかくていい
| 本のある生活 | 2007/03/07 4:36 PM |
『雨のち晴れ、ところにより虹』 吉野万理子
雨のち晴れ、ところにより虹posted with amazlet on 06.
| ついてる日記? | 2007/03/08 9:44 PM |
雨のち晴れ、ところにより虹  吉野 万理子
雨のち晴れ、ところにより虹 吉野 万理子  249 ★★★☆☆  【雨のち晴れ、ところにより虹】 吉野 万理子 著  新潮社  《六つの話、六つの奇跡、六つの爽やかなオチが待っている》  内容(「BOOK」データベースより) 人の繋がりは優しさだけで
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/03/10 10:04 AM |