CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「女子と鉄道」酒井順子 | main | 「ぽっぺん」石田千 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
フィッシュストーリー
フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎

「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4編収録。

やっぱり伊坂さんの物語っていいですね。表紙カバーの裏側に「フィッシュストーリー」って書いてある辞書みたいなのがあって、もうそこから「伊坂ワールド」の始まりで、ワクワクしました。

いろんな物語に出てきた人、場所が出てきます。が、残念な事に「オーディボンの祈り」と「重力ピエロ」を読んでいない私。多分、そこらへんの本に関係する話があるんだろうなぁ。早く読まなきゃ…

「動物のエンジン」
十年前、僕と河原崎さんと、動物園職員の恩田は深夜の動物園にいた。そこで見たのは横たわる元動物園職員。恩田いわく「彼は動物園のエンジン」らしい。

河原崎さんと僕の意味もない推理合戦。そして一つずつ検証していく姿が微笑ましい。ラストはなんとなく物悲しいけど。

「サクリファイス」
人を探してくれと言われて訪れた小暮村。黒澤が見たのはその村に昔から伝わる「生贄」の風習。

黒澤さん登場。「ラッシュライフ」に出てきましたが、確か「オーディボンの祈り」にも登場していたんじゃなかったかと思います。未読ですけど。なんとなくタイトルといい、最初の持って行き方といい、黒澤さんピンチなの?ってドキドキしながら読みました。

「フィッシュストーリー」

昔、日本人の作家が廃屋に閉じこもって壁に書き続けた小説「フィッシュストーリー」を歌詞にしたロックバンドの曲。その曲にまつわる三十数年前、二十年前、現在、そして十年後の物語。

なんだか伊坂さんらしい繋がりの物語。慌てて読むと読み落とすからゆっくり、ゆっくりって思うんだけど、気がつくと先が気になってすごい速さで文字を追ってる私。また戻って、繋がりを確認してニヤニヤ。

「ポテチ」

プロ野球選手の家に空き巣に入る今村と大西。そしてかかってきた一本の電話。

今村の個性がこれぞ伊坂さんって言う感じ、愛すべき人です。同棲している大西との関係も素敵だし、今村のお母さんもいいキャラ。
| 本:あ行(伊坂幸太郎) | 23:34 | comments(20) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | - |
コメント
私も「オーデュボン」未読なのです。なんだか損をしてる気がするんで、近いうちに読もうとは思っているんですが、記憶が新鮮なうちに読まないと、こちらも忘れてしまいそうです・・。
話としては「フィッシュストーリー」が一番すきなんですが、「ポテチ」は登場人物がすごく好きなのです。
| june | 2007/03/01 3:39 PM |
juneさん、こんばんは。

そう、そんしてる気分ですよね。
だけど、もったいなくて読めないんです。
私…「オーディボン」は一昨年の夏に文庫を買ってるんです。なのに、もったいなくて読めていない。
バカです。

「ポテチ」の登場人物、伊坂さんらしいですよね。
私もjuneさんと同じ気持ちです。
| なな | 2007/03/01 10:05 PM |
ななさん、こんばんは。
表紙カバーの裏側について書いてるのは、私とななさんだけです!。
なので、また一方的に親近感(笑)。
ネタバレですがリンクしているのは、「オーデュボンの祈り」、「ラッシュライフ」、「重力ピエロ」の新潮社刊の初期の3冊なので、私は密かに“その後の話、新潮社セレクション”と読んでいます。
「ラッシュライフ」を読まれてたので、リンクがわかってよかったです。
あと2冊、憶えているうちに読まれたほうが読み進みやすいかも、です。
好きなのは、話の「フィッシュストーリー」、キャラの「ポテチ」で、そのままですけど、ななさん、juneさんと同じです。
| 藍色 | 2007/03/02 4:22 AM |
藍色さん、こんばんは。

表紙カバー、興奮しましたよね?!
なんだか始まりから伊坂ワールドで。
私も嬉しいです。

リンクしてるうちの2冊読んでいない私。
やっぱりこの物語を忘れないうちに読んで
またにんまりしなきゃいけないですね。
| なな | 2007/03/02 10:31 PM |
表紙に書店のカバーがかかっていて、最初のところを見逃していました。こちらで読んであわてて確認。よ、よかった…気づかずそのまま返却するところでした。
「フィッシュストーリー」に出てきていたバンドの曲が聞いてみたかったです。
| まみみ | 2007/03/10 4:18 AM |
まみみさん、間に合ってよかったです。
書いたおいてよかった。
「陽気なギャング…」みたいなあれよかったですよね。

バンドの曲、空白の1分ってどんな感じなんでしょうね。
| なな | 2007/03/10 6:32 PM |
こんばんは。ななさん。
うっすらと記憶にある人が出てくると、何の本に出てきたのかなぁって気になって、なかなか読み進められませんでした。
未読の作品もあるというななさんの方が、ある意味正解のような気がします(笑)
| ゆう | 2007/03/16 10:05 PM |
ゆうさん、こんばんは。

関係本、3つのうち2つ未読ですから。
潔い読書タイムでした。
とはいえ、もし読んでいたとしても
きっと忘れてしまっていたんじゃないかと…(汗)
| なな | 2007/03/16 10:52 PM |
こんにちは^^TBさせていただきました。
この作品は本当に良かったです。
いろんな作品とリンクしていて、これが伊坂さんの醍醐味ですよね!
特に「フィッシュストーリー」の話の展開が好きでしたね。
久しぶりに伊坂さん作品を読みましたが、大満足でした^^
| 苗坊 | 2007/03/21 2:15 PM |
苗坊さん、こんばんは。

私もこの手の伊坂作品、大好きです。
リンクしてる作品を読めてないのが私の「イタタ」なところですが、そっちを読んだ時に又ニヤリとできることでしょう!
| なな | 2007/03/21 9:42 PM |
こんにちは。
私はこれが初伊坂氏でした。
かなり間違ったことをしている気がして、少し焦っています(笑)。
私もポテチの変人な今村が好きです♪
| chiro | 2007/05/10 3:52 PM |
chiroさん、こんばんは。

大丈夫です!これを読んでから、「オーデュボンの祈り」「ラッシュライフ」「重力ピエロ」の三冊に飛んでいけば
ニヤニヤできること間違いナシだと思います。

「ポテチ」の今村さん、伊坂さんらしいキャラだと思います。
| なな | 2007/05/10 9:31 PM |
私は「終末のフール」とこの作品しかまだ読んでいないので、黒澤さんはお初だったのですが、すごく他の作品が楽しみです!
特に「ポテチ」が好きなのですが、遅まきながらこれで伊坂氏は大好きな作家になりました。ファンの多い伊坂さんですが、みなさんお目が高いな〜〜と本当に感じます。
| じゃじゃまま | 2007/07/01 11:43 AM |
じゃじゃままさん、こんばんは。

黒澤さん、私が読んだのは「ラッシュライフ」だったのんですけど、印象的でしたよ。ぜひ読んでみてください。
伊坂さん、いいですよね。
| なな | 2007/07/01 8:11 PM |
 私は伊坂さん初読みが「重力ピエロ」で、
 次が「オーディボンの祈り」だったんですよ。
 どちらもすごくよかったですよ。
 ぜひお読みくださいな^^

 今村のお母さん、いいキャラでしたよね。
 ステキだなーって思いました^^
| miyukichi | 2007/09/15 8:30 PM |
miyukichiさん、こんにちは。

今村のお母さん、良かったですよね。
あんな母になりたい。

「重力ピエロ」と「オーディボンの祈り」そろそろ読まなきゃですよね。いったいいつまで取っておくつもりなんでしょうね、私。
| なな | 2007/09/16 12:37 PM |
「フィッシュストーリー」を検索しまくり。
ガクッ、実在しないんだ、と落ち込んでいます。

徒労。この言葉がめっちゃ嫌〜〜い!
| しんちゃん | 2008/01/15 11:06 PM |
しんちゃん、検索お疲れ様でした。
いつか苦労は報われます!
| なな | 2008/01/16 10:19 PM |
やっぱり『フィッシュストーリー』のつながりが良かった。
読後の気持ち良い爽快感。
伊坂作品に共通していると思います。

伊坂さん読み続けてます。
既刊のコンプリートまであと4冊かな?
だんだんリンクが見えてきて子どもとこの人はこの本で‥と会話が弾むのがまた楽しいです^^
| たまま | 2008/09/03 8:55 AM |
たままさん、こんばんは。
伊坂さんの物語、読んだ後爽やかですよね。
気がついたら笑顔になってる。
たままさん、あと4冊ですか。
すごい勢いですね。
私も「オーデュボン」と「重力ピエロ」読まなきゃ。
お子さんとリンクを語れるのは羨ましいです。
| なな | 2008/09/03 9:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/706
トラックバック
伊坂幸太郎【フィッシュストーリー】
伊坂幸太郎は仙台を舞台とする小説を多く発表しているが、中には仙台でないものもある。仕方ないけど結構さびしい。 本書は仙台を舞台とする短編4つを収録している。やっぱり伊坂の「仙台もの」は良い。なにせ私は宮城県人
| ぱんどら日記 | 2007/02/28 10:34 AM |
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
フィッシュストーリー 読むのにえらく時間かかってしまいました。なぜかというと、「アヒ鴨」やら「重力ピエロ」やらひっぱりだしては読みふけり・・ということをしてしまったから。とりあえず今考えてるのは「明日はラッシュライフを買いに行こう」ということです。
| 本のある生活 | 2007/03/01 3:37 PM |
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
装画は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。 過去の伊坂作品に登場した脇役たちが主人公に。デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで加筆修正の中短編集。表紙を開くと、作品タイトルについて「陽気なギャング」でおなじみの“
| 粋な提案 | 2007/03/02 4:23 AM |
「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎
フィッシュストーリーposted with 簡単リンクくん at 2007. 3. 6伊坂 幸太郎著新潮社 (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/10 4:16 AM |
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
フィッシュストーリー ■やぎっちょ書評 うーーん。キレとコクがいまひとつだった気がしますね〜。 伊坂さんの場合最初の期待値が高いからしょうがないのかもしれないけど。 たまねぎさんは「これ一冊で判断してはいけない」みたいなことを書かれていて、確かにそう
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/03/14 11:56 PM |
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
40数年の時空を超えて、思わぬところで話が一つになるという巧妙な構成の元に描かれた表題作をはじめ、昔から伝わるある村の風習をモチーフとしたミステリータッチの物語、空き巣に入った先で受けた一本の電話を巡る物語など、バラエティ豊かな中編4編。 過去へ遡った
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/03/16 10:03 PM |
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
フィッシュストーリー オススメ! 「動物のエンジン」 10年前、僕と河原崎さんと、動物園職員の恩田は深夜の動物園にいた。 そこには、狼の檻の前で横たわって眠っている元動物職員の姿があった。 「サクリファイス」 山田という男を捜すため、黒澤は小暮村にや
| 苗坊の読書日記 | 2007/03/21 2:13 PM |
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂 幸太郎新潮社2007-01-30¥ 1,470[勝手に評価:★★★★(5点満点)]読書期間:2日
| Chiro-address | 2007/05/10 3:26 PM |
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎著。
伊坂作品はこれで2作目ですが、なんてうまい作家を私は知らずにいたのだろう?と思ってしまった。妙な余韻を残し続け、決して不快ではない絶望感を体験した「終末のフール」。 そして「フィッシュストーリー」で決定打って感じ。 特に4編のうちの「ポテチ」に感動!こ
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/07/01 11:40 AM |
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
タイトル:フィッシュストーリー 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :新潮社 読書期間:2007/05/11 - 2007/05/14 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編
| AOCHAN-Blog | 2007/07/02 9:57 PM |
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 (2007/01/30)新潮社 この商品の詳細を見る 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/15 10:59 PM |
フィッシュストーリー<伊坂幸太郎>-本:2010-42-
フィッシュストーリークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2007/1/30) # ISBN-10: 4104596027 評価:89点 短編を4作品収録している。 最後の「ポテチ」は熱い話で胸に響くが、やはりできすぎ。 まあ、そこでホームラン打たなきゃどうにもなりませんがね。 最初の「動物
| デコ親父はいつも減量中 | 2010/10/02 12:41 AM |
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
伊坂幸太郎の短編集、「フィッシュストーリー」を読んだ。    【送料無料】フィッシュストーリー価格:540円(税込、送料別) 以下の4つの短編で構成されている。 私はすでに「ラッシュライフ」や「アヒルと鴨のコインロッカー」を読んでいた。 なので伊坂の世界に
| りゅうちゃん別館 | 2011/06/17 5:56 PM |