CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「ぐるりのこと」梨木香歩 | main | 「世界のはてのレゲエバー」野中ともそ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「マルコの夢」栗田有起
マルコの夢
栗田 有起
就職活動に失敗した一馬は、フランスで事業を営む姉に誘われフランスへ。キノコを配達に行った三ツ星レストラン「ル・コント・ブルー」でキノコ係に任命された彼。そこは「マルコポーロの山隠れ」というキノコ料理で名を馳せる高級レストラン。ある日オーナーに呼ばれ「マルコの在庫が1か月分しかない。原産地である日本でマルコを探して欲しい」と頼まれる。マルコとは?マルコと家族の関係とは?

またもや不思議な栗田ワールド。だけどこの間読んだ「酔って言いたい夜もある」で、栗田さんは「妄想するのが大好き」っておっしゃってた。きっと頭の中にある物語のひとつなんだろうなぁ。この対談の中に「母を訪ねて三千里」が子供の頃から大好きだったって書いてありました。だから、タイトルを見てから私の頭の中には「母を訪ねて三千里」のテーマソングが流れていました。パリから日本に探しに行く一馬が「マルコよマルコ、おおマルコ〜」と言う場面。やっぱりちょっと意識してるよね?

登場人物が個性的。レストランの見習いの二人。メガネは必ずレンズを自分で割ってからかけるギョームと素敵な女の人を見ると紙と万年筆を取り出してサインをお願いするピコリ。パリで暮す一馬は毎日「ポ・ト・フ」(この・が好き)を作って食べてるし、母は久しぶりにパリから帰ってきた息子に「スーツケース捨ててきてっていったでしょ!」と情けなさそうに叫ぶ。


マルコとは幻のキノコで本当の名前は不明。父を訪ねて行った東京のアパート。そこにその幻のキノコがいる。すべてがキノコ中心の生活。大きくなったキノコの為に2階も買い取って天井をぶち抜く。触った感触、下から見上げるヒダの状態なんかが目に見えるよう。

もっと、もっと後半部分の家族とキノコとの関係やこれからが知りたかった。だけど、「酔って言いたい夜もある」の中で「今は悩んで苦しんで物語を生み出している」って書いてあった。このままずっとこの不思議な世界を持ったまま、面白い本を書いて欲しいなぁ。
| 本:か行(栗田有起) | 21:20 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |
コメント
ななさん、こんにちは ^^
ブログお引っ越しされたのですね。移転作業お疲れ様です。
新しいブログも素敵ですね。
早速マイPCのブックマークを変更しておきます ^^

アパートの天井をぶち抜くキノコ・・・
想像するとちょっと怖いですよね。
| tamayuraxx | 2006/03/09 8:55 PM |
tamayuraxxさん、こんばんは。
こちらまで来ていただいてありがとうございます。
ブログ引越し中なんです。
まだまだ作業中!
あぁ、いつになったら完成するんでしょう?

きのこ、すごかったですよね。
下から見上げたヒダのビラビラが目に浮かんでこわかった。
料理をするためい削る「シュー」って音も耳に残ります。
| なな | 2006/03/09 11:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/70
トラックバック
[本]栗田有起「マルコの夢」
マルコの夢 栗田 有起 / 集英社突然パリの三ツ星レストランで働くことになった一馬。 彼は、そのレストランでキノコの管理係を任せられる。 やがて、彼は“マルコ”という愛称で呼ばれる絶品のキノコを 日本で入手してくるようオーナーに言われ、日本に帰国するが
| Four Seasons | 2006/03/09 8:42 PM |
「マルコの夢」栗田有起
マルコの夢発売元: 集英社価格: ¥ 1,365発売日: 2005/11おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/05/08 知り合いにキノコマニアがいる。小さい頃から何故かキノコが大好きだったらしい。 ずっと隠していたらしいが、最近カミングアウトしたらしい。 その人曰
| 本を読む女。改訂版 | 2006/05/09 9:41 PM |