CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< ココアロールケーキ | main | 「嘘つき。―やさしい嘘十話」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ミツメテイタイ」長谷川安宅
ミツメテイタイ
ミツメテイタイ
長谷川 安宅

神戸から短大進学とともに上京しフリーターを続けている27歳のトキワ。半年前からデパートの屋上にあるペットショップで働いています。大晦日も働くトキワ。

第1回(2006年)ポプラ社小説大賞優秀賞受賞作だそうです。これで最優秀賞「削除ボーイズ0326」・優秀賞2作「アンクレット・タワー」「ミツメテイタイ」全部読んだ事になりました。「アンクレット・タワー」が一番よかったように思います。

これはちょっと辛い読書タイムでした。昔の私だったら途中で投げ出してたかも。

もうすぐ28歳になるトキワ。なんとなく始めたペットショップの店員。動物の世話はキライではないけど、大晦日まで仕事なのはどうも…そんなトキワの自分を見つめる日々なのかな。
40歳になる店長と行くタイ旅行。いきなりマレーシアから入った旅行は散々なたびになります。だけどそんな旅で自分を見つめ、父の死、祖母の死を受け入れる。大晦日にアルマジロを買って行った男の人は中学時代の同級生だった。彼が連れてきた娘。もう少し前に出会っていたら…って気持ち。こんな私だけどすべてを受け入れて、この先後悔する事があったっていいじゃない。そんな事が書いてあったように思うのですが…



| 本:は行(その他の作家) | 23:59 | comments(8) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
自分も『アンクレットタワー』が一番良かったなぁ〜って思います。
この作品は後半が辛かったです。
前半はなんかいい感じだったんでけどね。
だらだらしながら読んでしまいました。
| す〜さん | 2007/02/13 8:24 PM |
す〜さん、こんにちは。

そうですよね。
「アンクレット・タワー」が一番でした。
これはちょっと辛い読書でした。
的が絞れていないと言うのか
ダラダラとすすんでいきましたね。
| なな | 2007/02/14 10:44 AM |
はじめまして。

 こちらで、好評のアンクレットタワーを
途中で挫折した者です。 途中で読めない本は
久々というより、初めて出会いました。

 申し訳ないけれど、アンクレットタワーの
どこが良かったのか全くわからず、聞いてみたくなり、
書き込みさせて頂きました。

 私から見ると、まず人物が全く書けていない為、
どの人(カップル)も同じに見えてしまいました。
さらに、文章の良さも、言葉のセンスも、
シチュエーションも素敵な所が一つも見つかりません。

 とっても失礼な言い方をすると、おばさんのダサい
妄想。。。どうせ妄想恋愛なら、ハーレクインくらい
イッっちゃっててくれた方がましかなぁと。

 
| mimi | 2007/03/09 5:00 PM |
mimiさん、こんばんは。

「アンクレットタワー」あわなかったんですね。
たまにそういう本ってありますよね。
あわない時にはさっとやめて、忘れるに限りますよね。
| なな | 2007/03/09 7:27 PM |
こんなに楽しめなかったのは、読み手側に問題があったか…と思っていたんですが、同じくななさんが読むのに苦労したって書いてらっしゃるのを見て安心しました(笑)
だらだらーっとしたまま終わっちゃった感じでした。
| まみみ | 2007/07/29 11:21 PM |
まみみさん、こんばんは。

なんだかねぇ〜
読みきるのも、ブログ書くのも頑張りました!!!って感じです。
話がいろんな所に飛びすぎてどれもこれも中途半端なのが原因でしょうかね???
| なな | 2007/07/30 11:43 PM |
3作共読ませて頂きました&文芸からエンタメまで
今まで幅広く本を読んできましたが、アンクレットタワーが
ワースト3(いやワースト1か2)の作品でした。
賛否両論はあるようですが、削除ボーイズはよく出来た作品で素直に読めば楽しめる作品でしたし、ミツメテイタイは
人の痛みや、人生の深さがわかる人でしたら、おそらく
編集のせいでぎくしゃくしてる部分は多めに見て
心に響く作品でした。
申し訳ないのですが、mimiさんと同じく
アンクレットタワーには何も感じませんでした。
ある意味、薄っぺらく読みやすいのかもしれませんが。。。
もう、数年経ちましたので時効かと思い辛口コメントを
させて頂きました。
| momo | 2012/09/02 2:43 AM |
momoさん、コメントありがとうございました。
もはや自分の感想を読んでも、どんな物語だったのか思い出すこともできない状態ですが…
ご意見ありがとうございました。
| なな | 2012/09/13 8:42 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/693
トラックバック
ミツメテイタイ   〜長谷川 安宅〜
ポプラ社小説大賞の優秀賞。 デパートの屋上のペットショップで働く常葉。 日々生産性のない自分の生活に焦りながら それでも毎日を生きている。 大晦日も仕事。 寝正月を決めていると実家から電話がきて、知らな
| My Favorite Books | 2007/02/13 8:23 PM |
「ミツメテイタイ」 長谷川安宅
ミツメテイタイ長谷川 安宅 ポプラ社 2006-10売り上げランキング : 178949Amazonで詳しく見る by G-Tools 内容説明 【ポプラ社小説大賞・優秀賞(第1回)】幼い頃の悲しい記憶と向き合い、その過去を受け容れたとき、トキワの目の前にタイの青い空が広がった。みっ
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/07/29 11:20 PM |