CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「アンクレット・タワー」真田コジマ | main | 「この庭に―黒いミンクの話」梨木香歩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ぬしさまへ」畠中恵
ぬしさまへ
ぬしさまへ
畠中 恵


病弱な長崎屋の若だんなと妖の「しゃばけ」シリーズ第2弾。6つの短編集。

「しゃばけ」を読んで面白いって思ってたのに随分間があきました。だって、図書館にいつもあるともうと安心しちゃってね。

やっぱり面白かったです。若だんな、前回より少し成長してるのかな。寝ながらの推理が冴えます。自分は布団の中、そして妖たちに調べてもらうのです。自分の体が弱いって事に甘えてないで、体が弱い分ちゃんと周りを気遣っていこうって心持が気持ちいいですね。

一番好きだったのは仁吉の恋の話。千年も想い続ける仁吉もすごいですけど、同じく妖である仁吉が好きな吉野と惹かれあう人間・鈴君の愛ったら。鈴君は人間なので長いこと生きられないけど、それでもまた生まれ変わって吉野と出会い恋に落ちる。何度でも何度でも。そんな風に出会いたいなぁ。
「ぬしさまへ」仁吉がもらった付け文の差出人おくめが火事の日に堀に浮いているのが見つかった。おくめは泳ぐ事が出来なくて堀には決して近づかなかったので殺されたに違いない。

「栄吉の菓子」隣の菓子屋の息子・栄吉は一太郎の幼馴染。菓子屋の跡取りながら彼が作るお菓子は食べられたものじゃない。その栄吉の作ったお菓子を食べたご隠居が亡くなったらしい。

「空のビードロ」桶屋東屋で奉公する松之助は一太郎の母親違いの兄。最近東屋の周りで犬猫が殺されている。ある日、東屋の猫が殺され側に松之助の手ぬぐいがあった。

「四布の布団」夜になると若だんなが眠る部屋で聞こえる女の人のすすり泣く声。どうやら布団を買った田村屋が間違ったものをよこしたらしい。話をつけに行った一太郎の前で、女将・番頭にすごい剣幕で怒鳴り散らす旦那。

「仁吉の思い人」また床に臥せってしまった一太郎。今回は薬も飲めない状態になってしまった。薬を飲んでもらいたい一心で仁吉の片思いの話を聞かせる事になる。それは千年前に始まった恋。

「虹を見し事」朝起きてみたら何かが変。いつもはうるさいくらいまとわりついてくる妖が一人も見当たらない。それどころか、過保護な二人の手代が普通の人になっている。これはきっと誰かの夢の中にいるに違いない。
| 本:は行(畠中恵) | 22:45 | comments(9) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |
コメント
ななさん、こんばんは。
若だんなシリーズ、大好きです。だから、ななさんに「やっぱり面白かったです。」って書いてもらって、ホッとしています。

私は、「空のビードロ」と「虹を見し事」が好き。どちらも、日頃見ている景色とちょっとだけ違う景色が出てくるから。
ななさんは、ロマンティックな恋に惹かれてしまったのですね。
| マエガス | 2007/02/07 7:15 PM |
松之助がクローズアップされていた『空のビードロ』が良かったです。
「しゃばけ」ともリンクしていて面白く読めました。
仁吉の想い人があの人だとは・・・。
かな〜り長く生きてんですねぇ〜やっぱり。
| す〜さん | 2007/02/07 8:14 PM |
◇マエガスさんへ

しゃばけシリーズはどんどん続編も出てるし
サイトまである人気シリーズですもんね。
面白くないわけないです。

マエガスさんの表現、好きです。
「日頃見ている景色とちょっとだけ違う景色」
ホントそうですね。

そう、私はロマンティックなのが好みなのです。


◇す〜さんへ

「空のビロード」はやっぱり「しゃばけ」で若旦那が
体験した出来事、兄を見つけてフラフラ出かけていったあの物語を松之助から見た物語なんですよね。

仁吉、まったく長生きです。
そして長いこと想い続けてますよね。
| なな | 2007/02/07 10:47 PM |
ななさん、お久しぶり!
これは私のだ〜〜〜い好きなシリーズ。
シリーズ全巻読破しました。
若旦那もいい味出してるけど、二人の手代の逞しさと鳴家のキュートさがいいですよね。
「ぬしさま」では仁吉の恋のお話が好きでした。
| coico   | 2007/02/08 10:27 AM |
coicoさん、こんばんは。

いいですよね、このシリーズ。
若だんなの優しいけどキチンと考えてるところも好きだし、
若だんなを過保護に守る二人もいい。

仁吉の恋。あんなに長いこと愛し続けるなんて…
私もこれが一番好きでした。
| なな | 2007/02/08 9:52 PM |
こんばんは★
身体の弱い若だんなを励ましつつ読んでいるつもりが、
若だんなの内に秘められた芯の強さに、
いつのまにかコチラが励まされてしまいますね。
私も「仁吉の思い人」好きです〜。
なんともロマンティックなお話ですよね。
こころがあったまるこのシリーズ、もうすっかり大ファンです。
| Rutile | 2007/02/14 11:48 PM |
Rutileさん、おはようございます。

若だんな、体が弱くて過保護に育てられているのに
気持ちは優しくてしっかりしていますよね。

「仁吉の思い人」千年の恋ですからね。
そんなに想い続けられるのって素敵です。

私も大好きなこのシリーズ。
もったいないからチビチビ読みます。
| なな | 2007/02/16 9:44 AM |
こんばんわ^^TBさせていただきました。
今更ながら読みました。
長編も良いですが、短編も良いですね^^
若だんなは相変わらず病弱だけど、本当に良い人です。
しっかりしていますよね。
「仁吉の思い人」は感動しました。
究極の愛ですよね。
私も、今更ですがチビチビ読んでいきます^^
| 苗坊 | 2008/10/26 10:19 PM |
苗坊さん、こんばんは。
若旦那の体、大丈夫なのか?と心配になりますが
連載は続いているのできっと大丈夫なんでしょうね(笑)
仁吉の想い、本当に壮大です。
| なな | 2008/10/27 8:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/691
トラックバック
ぬしさまへ   〜畠中 恵〜
「しゃばけ」シリーズ第2弾! 病弱な一太郎は今回も手代の妖たちと一緒に事件を解決する! 今作は短編が6編。 幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、 新品の布団から泣き声が聞こえたり…。
| My Favorite Books | 2007/02/07 8:14 PM |
「ぬしさま」 畠中恵
タイトル:「ぬしさま」  著者:畠中恵 出版社:新潮社 きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品の布団から泣き声が聞こえたり…。
| 読書大好きっ!料理もしなきゃっ♪ | 2007/02/08 10:28 AM |
『ぬしさまへ』畠中恵
シェアブログ1152に投稿 ぬしさまへ新潮社発売日:2005-11-26amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 『しゃばけ』シリーズ第2弾!! 今回は短編集ですね。 前作もよかったけど、短編の方がキャラたちがまんべんなく書き込まれて
| 道草読書のススメ | 2007/02/14 11:45 PM |
ぬしさまへ
************************************************************ 身体が弱くて繊細で力もないけど、どんな事件も たちまち解決! それは強い味方がついているから!? 健気な若だんなと妖怪たちが繰り広げる洒落っ気 たっぷりの痛快人情推理帖。 **********************
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/02/18 2:16 PM |
「ぬしさまへ」畠中恵
ぬしさまへ畠中 恵 (2005/11/26)新潮社 この商品の詳細を見る しゃばけシリーズの2作目にあたります。 今回は短編集。 世界観は同じです。 前作とは少々違い、人情推理物になってます。 「ぬしさまへ」 小間物商
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/25 5:08 PM |
『ぬしさまへ』畠中恵
『ぬしさまへ』畠中恵 「仁吉の思い人」扉絵、まるで間違い探しのように 隅にちょこんと描かれた若だんなが可愛い! 『しゃばけ』シリーズ第2弾。前作は1冊1話でしたが、 今作以降1冊につき5〜6話の構成になります。 1話づつ扉絵がつくので、お得感倍増。 更に挿絵
| 勝手に装丁室 | 2008/01/21 10:11 PM |
ぬしさまへ/畠中恵
JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/4/14〜2008/4/15 [裏表紙より] きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品の布団から泣き声が聞
| hibidoku〜日々、読書〜 | 2008/04/23 11:33 PM |
ぬしさまへ 畠中恵
ぬしさまへ (新潮文庫) 日本橋大店の若だんな・一太郎は、めっぽう身体が弱く、くしゃみひとつとしただけで布団にくるみ込まれてしまう始末で、放蕩なんてことは、夢のまた夢。 そんな若だんなの身の回りを守っているのは、犬神・白沢・屏風のぞきといった摩訶不思議
| 苗坊の読書日記 | 2008/10/26 10:17 PM |