CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「通天閣」西加奈子 | main | 「削除ボーイズ0326」方波見大志 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
プロデューサーズ
プロデューサーズ コレクターズ・エディション
プロデューサーズ コレクターズ・エディション
ネイサン・レイン

製作年度 2005年
上映時間 134分
監督 スーザン・ストローマン
出演 ネイサン・レイン 、マシュー・ブロデリック 、ユマ・サーマン 、ウィル・フェレル 、ゲイリー・ビーチ 、ロジャー・バート


落ち目のミュージカルプロデューサー・マックスの元に帳簿を調べにきた会計士・レオはショウが失敗すればプロデューサーが儲かる事に気がついた。マックスはショービズ界に憧れていたレオを誘い、最低の脚本と最低の演出で最悪のミュージカルを作り、ボロ儲けしようと考える。ところが、幕が開いてみたら…

ミュージカルなんですね。最初ちょっと馴染めなかったんですけど、途中から「プっ
」って笑ったり、ニヤニヤしたりでした。

レオがポケットから「マイ・ブルー・ブランケット」を出したところで大笑い。大人になっても子供のころのネンネのお供をそうやって持っている人っているんですかね。

ホモの演出家の家での話は笑いっぱなしでした。口角上がりっぱなしのゲイリー・ビーチも笑えたし、どう見たって男なのにドレス来て仕草がホモのロジャー・バートも。
| 見る:洋画(は行) | 19:04 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 19:04 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
プロデューサーズ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント プロデューサーズ コレクターズ・エディション 【あらすじ】 1959年のニューヨーク。 かつて栄光がむなしいくらい落ちぶれた大物演劇 プロデューサー・マックス(ネイサン・レイン)の事務所 で、帳簿を調べていた会
| Memory of unexpected life | 2007/02/06 2:21 AM |