CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「螺鈿迷宮」海堂尊 | main | 「こいわらい」松宮宏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「金春屋ゴメス」西條奈加
金春屋ゴメス
金春屋ゴメス
西條 奈加

二十一世紀半ばの日本。北関東と東北にまたがる一万平方キロメートル足らずの領土に、30年前から「江戸国」として独立を宣言した人たちが住み、十九世紀初頭の江戸を忠実に再現した生活を送っている。その江戸国、厳しい鎖国政策が採用されビジネスや観光は一切できない。入国できる永久ビザの抽選は300倍の倍率にもなるという。

主人公は日本に住む平凡な大学生佐藤辰二郎。江戸国で生まれながら、訳あって日本に出国していた辰二郎は病気の父の希望で江戸国ビザに応募する。辰二郎の身元引受人は芝露月町の金春屋喜平。金春屋は評判の一膳飯屋だが、辰次郎の奉公先は裏金春、すなわち長崎奉行の出張所。辰次郎は奉行所配下の岡っ引き見習いみたいな立場で働くことになる。

そんな独特な設定の物語にグググっと引き込まれました。江戸国、私が抽選に当たったら行くのかなぁ?江戸国に行った自分…って考えてみると、きっと私の受け入れ先は長屋。母親が亡くなった子沢山家族の所に行って、子どもをおんぶしながら川の水で洗濯をする。あぁ、やめておきましょう。


一緒に船に乗って江戸入りした松吉や奈美、裏金春屋の人たちなど登場人物のキャラがしっかりしていて面白い。そしてなんといってもゴメスがインパクトあります。
人間離れした、怪異な風貌だった。
 胡座をかいた輪郭は、さながら巨大な鏡餠だった。そそけ立った髪が、鏡餠の肩をぞろりと覆う。極端に吊り上がった細い目が陰険に光り、横広がりの低い鼻が、顔の真ん中に鎮座している。顔の横一杯に広がった分厚い唇がたまらなく不快な上、鼻の右下には、極めつけのように大きなイボがあった。

殴られた人は飛んでいき、怒り狂って部屋の畳を全部庭に投げ飛ばしちゃったりもします。

続編があるみたいなので、それも楽しみ。
| 本:さ行(その他の作家) | 22:10 | comments(12) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - |
コメント
これも面白そうですね。読みたいので、図書館でチェックします。

いつもありがとうございます。
| west32 | 2007/01/25 12:31 AM |
川の水で洗濯をするナナさんを想像して…うけました(笑)。
のんびりして楽しそうですけど、それは寒くて無理…っ!
あとブログもないだろうから、やっぱり無理(笑)。

続編も私はなかなかお気に入りでーす。
| chiekoa | 2007/01/25 2:46 PM |
冬以外の季節なら江戸国のほうが住みやすいかも?とちょっと考えましたが、夏のクーラーやアイス、そして高校野球のない生活は哀しいので…やっぱりわたしも無理です。。
| まみみ | 2007/01/25 6:27 PM |
◇west32さんへ

設定がすばらしいです。
グググっと引き込まれますよ。
こちらこそ、覗いていただきありがとうございます。


◇chiekoaさんへ

でしょ!私だった子どもをおんぶして
こめかみに梅干はっていそうじゃないですか?
そう、ブログもないんですよね。
やっぱり行けません。
続編楽しみです。


◇まみみさんへ

着物が寒そうですよね。
私、夏はいけそうな気がします。
洗濯だって大丈夫さ!
| なな | 2007/01/25 10:21 PM |
一度読んでもうハマりました!!
んで実際の江戸にもハマり
のらりくらりと調べたり
時代モノを読んだりしてます。
にしてもゴメスを形容する言葉達が凄いですよね(笑)
どんなものか見てみたい!!
江戸に入国する応募に当たったら行きたいです。
不便で大変そうだけど
楽しそう。
ゴメスの下で働きたいっす(笑)
| 弥勒 | 2007/01/26 12:03 AM |
弥靭さん、こんばんは。

江戸国、すごい設定ですよね。
一気にその世界に入り込んでしまいました。

ゴメスの下で働く?
じゃぁ殴られるのは覚悟のうえですか。
私は影からこっそりと覗いてます(笑)
| なな | 2007/01/26 10:28 PM |
ななさんが貧乏所帯の長屋で、キリリと子供たちの面倒を見ている姿、なぜかありありと想像できます(笑)
隣の部屋の傘貼り浪人で、そっとななさんに懸想する役どころ、希望です!はぁ〜い!(元気よく手をあげる(笑))
| すの | 2007/01/27 1:15 PM |
すのさん!!傘貼り浪人似合ってます。
傘を貼らせたら江戸一番!
寡黙だけど、語らせたら奥が深い。
そんな浪人さんを目指してください(笑)
| なな | 2007/01/28 10:14 AM |
「寡黙」は、難しいです・・
おしゃべりなもんで・・・(苦笑)
| すの | 2007/01/28 1:16 PM |
すのさん、私もすのさんから「寡黙」を連想するのが難しいなぁって思ったのですが、傘を貼る人はなんとなく無口っぽいじゃないですか…ね!
おしゃべりなすのさんはいいと思います。
夏のオフ会、すのさんの語りで場がすごく盛り上がりましたから。
| なな | 2007/01/29 9:59 AM |
こんにちは。
川の水で洗濯をするななさん…想像して笑ってしまって何を書こうと思ってたか忘れちゃいました。
小石川養生所勤めは難しいでしょうか?(笑)。
ええと、書こうと思ってたのは、
時代劇オタク松吉の本名を思い出すたびに笑いが込み上げてきてしまいます。です。
オフ会もあったんですね。なるほど〜。
| 藍色 | 2008/02/20 4:10 PM |
藍色さん、こんばんは。
洗濯する私の姿にうけていただけましたか?
こめかみには梅干です。

松吉の本名、確か外人風でしたよね。
英語ぺらぺらなんですもんね。
| なな | 2008/02/20 11:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/672
トラックバック
金春屋ゴメス [西條奈加]
金春屋ゴメス西條 奈加 新潮社 2005-11 日本にありながら、自治独立の国である「江戸」。鎖国体制をひいており、入国するには300倍とも言われる倍率の抽選を勝ち抜かないといけないその江戸へ、裏口入国を果たした大学生の辰次郎。江戸での彼の身請け先は、容貌魁偉、
| + ChiekoaLibrary + | 2007/01/25 2:44 PM |
「金春屋ゴメス」 西條奈加
金春屋ゴメスposted with 簡単リンクくん at 2006.12. 8西条 奈加著新潮社 (2005.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/01/25 6:26 PM |
金春屋ゴメス/西條奈加
しゃらくせ〜! とかっこよく言ってみたい。 本日はこちら。 「金春屋ゴメス」/西條奈加 300倍の難関を潜り抜け、日本から江戸国へ 入国を果たした大学生の辰次郎。 連れは、元外資系金融勤務 の時代劇オタク松吉(NY出身・24歳)&28ケ国を渡り歩いた海外旅
| 徒然書店 | 2007/01/26 12:05 AM |
「金春屋ゴメス」西條奈加
「金春屋ゴメス」西條奈加(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、近未来、小説、ファンタジー、江戸、疫病、第十七回日本ファンタジーノベル大賞 「不遇の文学賞」と勝手に名付け愛してやまない日本ファンタジーノベル大賞の最新受賞作。この賞の相変わらずの懐の深さを
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/01/26 4:24 AM |
「金春屋ゴメス」西條奈加
金春屋ゴメス西條 奈加 (2005/11)新潮社 この商品の詳細を見る 月に住めるほど文明が発達した時代に、日本国の中に鎖国した国があった。 その国の名は江戸。江戸時代をそのまま再現した国だった。 厳しい鎖国政策の中、30
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/05 4:22 PM |
金春屋ゴメス 西條奈加
金春屋ゴメス ■やぎっちょ書評 西條奈加さん初読。またもや男か女かよくわからない名前です。最近はやってるなぁ〜。 この本はだいぶと前からよくブロガーさんの記事で拝見していましたが、なかなか食指が動かなくって。。。今回図書館でふと見たら目が合った?ので
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2008/01/10 11:58 AM |
金春屋ゴメス 西條奈加
装幀は新潮社装幀室。装画は村田涼平。ゴメスシリーズ一作目。第17回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。 近未来。主人公で大学生の辰次郎は病床の父の願いで、5歳まで住んでいた日本の中の独立国家江戸国へ。金春屋ゴメスと
| 粋な提案 | 2008/02/20 4:33 PM |