CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< こんにちは、あかちゃん。 | main | 「均ちゃんの失踪」中島京子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「星と半月の海」川端裕人
星と半月の海
星と半月の海
川端 裕人

ペンギンやジンベイザメ、パンダなど動物をテーマにした短編集。

川端さんらしい物語です。この世には絶滅してしまった生き物が沢山います。大昔は気候のせいだったり、環境のせいだったりしたのでしょうが、現在はそのほとんどが人間のせいなんですね。肉が美味しいからって乱獲したり、環境汚染によって生きる事ができなくなってしまったり。わかってはいるんだけど、だけど何も出来にない。そんな悲しい気持ちになります。
「みっともないけど本物のペンギン」
動物園でペンギンの飼育をしている僕。来月行われる「ペンギンの歴史」の資料を作っていた時、高校時代からの友達蝦根が19世紀に絶滅したはずのオオウミガラスが映っている昭和の写真を見つけた。

「星と半月の海」
獣医のリョウコが選んだのは水族館での仕事。魚達と会話できる自信があったが、唯一心に触れされてくれないのがジンベイザザメだった。高校を中退した娘との緊張状態から逃げるようにオーストラリアでの研究に参加する。そこでであったジンベイザメは…

「ティラノザウルスの名前」
博物館に勤める私。ストーカーのように付きまとう男。

「世界樹の上から」
ミツキと登った木の上、私は丘にあがるように言われた。私の中にある海。

「パンダが街にやってくる」
ペンギンからパンダの飼育に配置換えになった。パンダが一瞬見せる野生を昼休みにスケッチする。それを見ていたら中国から派遣されていた林さん。

「墓の中に生きている」
学会の発表で出掛けたM島はレムールの生息地だった。そのナイトサファリで私が見たものは。
| 本:か行(川端裕人) | 22:49 | comments(9) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |
コメント
こんばんは!
動物、この地球に生きている(生きていた)すべての生き物に対する愛のつまった作品でしたね。
優しい気持ちになれるけれど、人間のあり方にも思いを馳せる作品でもありましたね。
本物のペンギンだけじゃなく、イワトビペンギンとか動物園で見られるペンギンも野生では絶滅寸前というTV番組をお正月に見たので、より一層深く考えさせられました。
| エビノート | 2007/01/09 10:03 PM |
エビノートさん、こんばんは。

生き物に対する愛がいっぱいで
そして書いてあることすべて、キチンと調べているんだろうなぁって思いました。

本物のペンギン。全然知りませんでしたが見てみたかったです。動物園にいるペンギンも絶滅寸前…
そんな話を聞いても何一つ行動できない自分が情けないです。
| なな | 2007/01/09 11:15 PM |
そうですね、いろいろ考えさせられて…。
でも行動に移すのって難しいし、具体的にどうしたらいいのかわからない…。
毛皮を着ないとか言っても、そもそも着ないし…。
でも何かの第一歩にはしたいなぁと思いました。
| chiekoa | 2007/01/11 11:19 AM |
chiekoaさん、こんばんは。

なんだか、人間って罪深いですよね。
そう思っても、だからって何もできない…
できないって思ってる自分が情けなかったりしますが。
| なな | 2007/01/11 9:34 PM |
ななさん、こんにちは。
ちょっと連作の部分も持っている、
独特の味わいのある動物小説でしたね。

楽しませながら、動物と人間の距離感や
追い込まれている動物たちの姿も描いて、
考えさせられました。

体質改善のお話しの続き…
その後、いろんなキーワードから二つに候補を絞りました。
結果、“ごきげん”を次点にして、やっと決めることができました。
次回発表の予定です…。
| 藍色 | 2007/02/01 11:59 AM |
藍色さん、こんばんは。

動物がメインの川端さんらしい物語でした。
ペンギンやジンベイザメの話。
恐竜の名前の話。
興味深く読みました。

体質改善の話、いよいよ次は最終回を迎えるのでしょうか。
楽しみだし、終わっちゃうのは寂しいです。
| なな | 2007/02/01 9:21 PM |
今日の新聞に、川端さんの記事があったんですが、
父子で海外旅行に行ったりするそうです。
ティラノの父子みたいなかんじなのでしょうか。
なんだかウチの息子に申し訳なくなりました。
| june | 2007/03/13 11:39 PM |
なんか、どうもぼくの読み方は他の人と違ってるような気がします。真摯に生物に向き合いつつも、いたずらっこのように、興味のおもむくままにいる川端裕人を垣間見たような気がするんですよね。絶滅した動物に想いを馳せる彼の姿は、おもちゃをとりあげられたこどものように感じてしまうのは、どうも読み方を間違えているような、いないような・・。
| すの | 2007/03/14 12:13 AM |
◇juneさんへ

川端さん、育児にもきちんと参加しているみたいですし
本に出てくるお父さんのように、いつもキチンと子供に向き合っているお父さんなんじゃないかなって思っていました。
うちも向き合っていないなぁ。
週末、ウルトラマンを一緒に見たりDS一緒にするだけですよ。


◇すのさんへ

すのさん、読み方を間違っているだなんて
そんなことないと思います。
どの物語にも子供のような好奇心を持った川端さんが見えるような気がします。
| なな | 2007/03/14 10:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/663
トラックバック
星と半月の海 〔川端裕人〕
星と半月の海川端 裕人 講談社 2006-12-01売り上げランキング : 34784おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。 いつしか心までサメとシンクロし、命の存在感を思い知らされる。
| まったり読書日記 | 2007/01/09 9:59 PM |
星と半月の海 [川端裕人]
星と半月の海川端 裕人 講談社 2006-12-01 西オーストラリアのリーフで交わる女性獣医とジンベエザメの姿を描いた表題作をはじめ、パンダやペンギンなどの動物をテーマにした作品6編を収録した短編集。 「みっともないけど本物のペンギン」「星と半月の海」「ティ
| + ChiekoaLibrary + | 2007/01/11 11:17 AM |
星と半月の海 川端裕人
装画は山田博之。装幀は坂川事務所。小説現代2005年6月号から2006年9月号まで不定期掲載。動物テーマの短編集。4は書き下ろし。すべて加筆修正。 1みっともないけど本物のペンギン―語り手のぼくはペンギンの飼育
| 粋な提案 | 2007/02/01 12:00 PM |
「星と半月の海」川端裕人
「星と半月の海」川端裕人(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編、自然、科学、生き物 それがこどもであれ大人であれ、男の子をとても生き生きと描く作家、川端裕人。彼をぼくはそう評してきた。そしてその一方で、作家となる前TV局の科学記者を経たと
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/03/13 10:20 PM |
「星と半月の海」川端裕人
星と半月の海 「動物小説集」ということで、ペンギンやパンダからジンベイザメ、恐竜まで出てきます。もともと川端さんの小説には科学的な視点があってそれに魅力を感じていましたが、これはそういう面が前面に出ています。でも私はこれは動物をテーマにしながらも、
| 本のある生活 | 2007/03/13 11:40 PM |
「星と半月の海」川端裕人
タイトル:星と半月の海 著者  :川端裕人 出版社 :講談社 読書期間:2007/07/31 - 2007/08/02 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 西オーストラリアの海でジンベエザメと深く交わっていく研究者たち。いつしか心までサメとシンクロし、命の
| AOCHAN-Blog | 2007/09/26 7:17 PM |