CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
カウンター
グリムス
MOBILE
qrcode
<< 「薄闇シルエット」角田光代 | main | こんにちは、あかちゃん。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「自転車少年記 あの風の中へ」竹内真
自転車少年記―あの風の中へ
自転車少年記―あの風の中へ
竹内 真


最初に自転車に乗れるようになった日。昇平は坂道を落ちて行き、生垣に突っ込んだのだった。それが草太との出会いだった。18歳の昇平は草太と伸男と一緒に東京まで自転車で行く。昇平を中心にした物語。

一人の男の人の人生、友情。爽やかな物語でした。

少年から学生に、就職して、結婚して、父親になる。その時々で自転車への関わり方が変わってくるんだけど、いつも自転車と一緒。それがすごく素敵。友達の草太と伸男もそれぞれの環境の中で一番いい状態で自転車と関わる。自転車を通して人が集まり、仲間が増える。

これは文庫本なのですが、単行本を先に読むべきだったかなぁって思いました。
自転車…あんまり乗れないんです。小学校卒業とともに自転車も卒業してしまって、結婚してからも徒歩生活。最近、昼間子ども達がいない時に自転車で買い物に行くのですが、歩いている人に抜かれる有様。だから、自転車の風を切る感じや走り終えた後の爽快感が羨ましかったです。

| 本:た行(その他の作家) | 21:38 | comments(13) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 21:38 | - | - |
コメント
ななさん、今年もよろしくお願いします。
私も自転車が好きなのですが、この本はあの風を切る感じがよく出ていますよね。きっと小学生なら男女を問わず、分かってくれる気がします。

>歩いている人に抜かれる有様
時速5km以下ということですよね?
私が知っている中では、最高に遅いです。
| seko | 2007/01/07 12:10 AM |
こんばんは、ななさん。
今年もよろしくお願いします。
この本は、本当に爽やかな青春成長小説ですね。
かなり気に入っています。5つ★でした。
私も徒歩生活で自転車にかなりの間乗っていないので、スイスイ乗れないでしょうか。
| モンガ | 2007/01/07 1:48 AM |
◇sekoさんへ

sekoさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

そうだ!sekoさんのブログに自転車の事書いてありましたよね。色々な種類の自転車が出てきましたが、想像が出来なかった。sekoさんの自転車はどのタイプなんですか?

歩行者よりも遅い自転車、意味ないですよね。
風を感じてみたいものです。


◇モンガさんへ

モンガさん、こんばんは。
爽やかでした。こんな風に好きな事を通して、友達との距離を保って大人になれたらいいですよね。
モンガさんも徒歩生活者ですか。
いいですよね。ガンガン歩きましょ!

今年もどうぞよろしくお願いします。
| なな | 2007/01/07 9:05 PM |
最近自転車ご無沙汰していますので、ちょっと気になりました。読んでみたいと思いました。ありがとうございます。
なお、ななさんのお勧めどおり単行本を読むことにし、先ほど図書館で予約しました。
読み終わりましたら感想書きます。
(その前に予約本が手に入るのがいつかは不明ですが....)
| west32 | 2007/01/17 11:23 PM |
west32さん、おはようございます。

文庫本は一人で語っているのですが、単行本は二人が語っていて、もっと自転車について専門的なことも書かれているらしいです。
早く本が届くといいですね。
| なな | 2007/01/18 10:24 AM |
こんばんは。ななさん。
私は単行本のほうを読んでみましたが、文庫と内容は違うみたいですね。
文庫が抜粋という形なのかな??

今度借りて読んでみます。
| ゆう | 2007/03/22 9:44 PM |
ゆうさん、こんばんは。

文庫は昇平の一人語りなんです。
順番としては単行本→文庫本が正しかったんだろうなぁって思ってます。
| なな | 2007/03/22 10:21 PM |
ちーす。
同じく文庫版から読んじゃいました。
順が逆でも楽しめたからいいか、なんて思ってます。
よーし、単行本も読むぞー!
| しんちゃん | 2007/06/02 6:23 PM |
しんちゃん、こんばんは。

そうそう、逆でもいいんです。
楽しめました。
単行本読もう!って思いながら半年経ってます。
きっとしんちゃんの方が早くに単行本を手にすることと思います(汗)
| なな | 2007/06/02 9:48 PM |
たぶん、ななさんの方が早いと思う。
「じーさん」「オアシス」を積んでますから(汗)。
遠慮なさらず、お先にどうぞ。てへっ。
| しんちゃん | 2007/06/03 10:46 AM |
しんちゃん、「じーさん」「オアシス」とは竹内さんの本のタイトルですか?
私は「図書館の水脈」しか読んだことなくて
「カレーライフ」に興味があります。
「じーさん」と「オアシス」はしんちゃんの感想を待つことにします。
| なな | 2007/06/03 7:32 PM |
竹内さんは本当にうまいですね。10代のあの頃の感覚が、蘇ってきます。自転車、まったく興味なかったんですけど、それでも十分に楽しめて、今までは車から見てて邪魔だな〜って思ってた彼らのこと、温かく見ている自分に気付きました。
私は自転車には興味もてなかったけど、もしも学生時代に戻れたら、やってみたいかも。
| じゃじゃまま | 2009/05/05 5:04 PM |
じゃじゃままさん、おはようございます。
本当に10代の感覚がよみがえります。
仲間の一人になったような気分になれます。
| なな | 2009/05/07 5:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nanamemo.jugem.jp/trackback/662
トラックバック
自転車少年記  竹内 真
自転車少年記 竹内 真 229 ★★★★★ 【自転車少年記】 竹内真 著  新潮社  この本をようやく見つけ出した。田舎に帰る時間に読んだ。良かった、うーん良かった。爽やかな感じが通り抜けていく感じである。爽快無類の成長小説。  若い時期に読ん
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/01/07 1:42 AM |
「自転車少年記」竹内真
自転車少年記―あの風の中へ竹内 真 (2006/10)新潮社 この商品の詳細を見る 単行本の構想を元に新たに書き下ろされた本だってさ。 単行本の前半部分を削り、終章のあとの物語を追加されているそうです。 それと昇平の視線で
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/06/02 6:24 PM |
自転車少年記 竹内 真
幼い昇平の乗った自転車がスピードを出しすぎて飛びこんでしまったのは、草太の家の庭...
| 本を読もう2 | 2007/10/18 8:47 AM |
自転車少年記 あの風の中へ 竹内真著。
≪★★★☆≫ 竹内氏の小説というのは、なぜか懐かしい。まるで自分がそうして青春時代を送ってきたかのような錯覚というのか、同化できる物語。 自転車に情熱をかけた青春ではなかったけど、なにかに夢中になれる感覚というのは分かる。 私が読んだのは文庫本で、どう
| じゃじゃままブックレビュー | 2009/05/05 4:59 PM |